« ハケンの品格外伝?!ヤスケンどーなんだ | トップページ | 新ドラマ峰打ち<エラいところに嫁いでしまった! »

2007年1月11日 (木)

新ドラマ峰打ち<拝啓、父上様

腐っても…と思って甘く見てましたが…

やっぱり、クオリティ高い!

恐れ入りました。★★★★★

冒頭の魚河岸シーンと

エンドタイトルでのヤマモトヨウコさんの
スチール写真…

この2つで、物語に
息が吹き込まれています。

神楽坂を歩いてると、本当に出会いそうな…
そんな雰囲気を、
役者陣が発してます。

新潟出身(笑)、高橋さんの
厨房シーンは、本当に、あの高橋さんか?
と思うほど、板に付いてました(板前だけに…)
ボケ無しだもん。

倉本さんは、
名ドラマ「前略、おふくろ様」も書いたそうで…
その主題で、21世紀を舞台に書いてみた…
のでしょうか?

ちょっと旧作も、見比べたくなりました。

「●●な訳で…」の独白は、
ちょっと苦笑いしますが…
普通の脚本家のナレーションが
くどく感じるのに、倉本脚本だと…
自然と、脳に納まるのは何故でしょう?

今後、じっくり拝見して
分析してみたいと思います。

とりあえずは…
このまま、妥協無しで、
じっくり描いて頂きたい。

手放し。

|

« ハケンの品格外伝?!ヤスケンどーなんだ | トップページ | 新ドラマ峰打ち<エラいところに嫁いでしまった! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/4891686

この記事へのトラックバック一覧です: 新ドラマ峰打ち<拝啓、父上様:

« ハケンの品格外伝?!ヤスケンどーなんだ | トップページ | 新ドラマ峰打ち<エラいところに嫁いでしまった! »