« 告知です宣伝ですアピールです | トップページ | いよ!関テレのスイッチャー&カメラマン!<大阪国際女子マラソン »

2007年1月28日 (日)

古町地区「道案内」社会実験

前から情報は知ってましたが、
今朝の市の広報紙(日報折込)で詳細を知りました。

国交省道路局の記事

約10メートルおきに表示板を設置とのこと。

不慣れな人には、わかりやすい…ということらしい。

しかし…表示板を見た人に誤解を与えないか?

それは…「古町通り 12」とか出てた場合、
それを住所と勘違いしないのか?ということ。
つまり、一度訪れた際、その表示板を見て
それを人に伝える場合「古町通り12丁目」とか
「古町通り12番地」として誤認しないとも限らない。

こういった「表示案内」で大事なのは、
認知の共通性だ。

たとえば…札幌の場合、ややこしいのが
交差点上部の信号機につけられた表示。

四辻の各表示が違うのだ。

つまり、碁盤の目状の札幌市中心部では、
ブロックごとに東西と南北の通りの組み合わせになっているから、
「南4西5」というブロックの場合、その「ブロックサイド」の表示は、
4箇所とも「南4西5」と出てるわけ。
同じ交差点でも、東側へ渡ると「南4西4」
南側へ渡ると「南5西4」。
慣れた地元なら、便利なものも、外の人間には解かり難い。

逆を言えば、一般的な慣例と違う表示方法では、
グローバルとは言い難い。

つまり、間を取って、配慮するのが最善ではないか?
と思う。

古町エリアの場合、上(かみ)から下(しも)へ向かって
順序良く「1番町2番町…」と並ぶので、
「古町通り (1番町←)2番町(→3番町)」
という表示こそ大事なのでは無いか?

そう。あの電車の駅表示のシステムだ。

地元に住む人間以外は、その順列の規則が解からないから
上へ進めば数字が下がり、下へ進めば数字が上がる…
これを補助的に教える事で「学習能力」を補助できるということだ。

10mずつに表示板を置くほうが、ややこしいかも知れない。

まだ実物を見て無いので、わからないが…。

あんでぃさんのブログ…新潟の表示の不親切さについても書いてられます。
伊藤さんちのブログ…古い町の名前は変えないでほしい…と書かれています。

|

« 告知です宣伝ですアピールです | トップページ | いよ!関テレのスイッチャー&カメラマン!<大阪国際女子マラソン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古町地区「道案内」社会実験:

» 新潟古町、通り名表示で効果検証 [I like people.]
新潟市の古町地区で、通りの名称と番号を表示した案内標識を設置し、その効果を検証する社会実験 [続きを読む]

受信: 2007年2月 1日 (木) 21時40分

« 告知です宣伝ですアピールです | トップページ | いよ!関テレのスイッチャー&カメラマン!<大阪国際女子マラソン »