« さよなら、ネーポン | トップページ | インチキの代償<あるある »

2007年1月22日 (月)

新ドラマ峰打ち<華麗なる一族

いやあ、硬いなあ…鉄って。え?

実は、27%取った先週の初回は、
録画し損ねたので、
今夜の2回目が初見です。

にしても、にしても…。

硬い。

硬派だから硬いのは当たり前ですが、
どーも硬すぎる。

巨額の予算が掛けられてるから
出演陣も演出側も気合入りまくってるのかも
知れませんが、見てて、しんどい。

大道具、小道具など外側ばかりが
しっかりし過ぎてて、
演じる役者の技量と
演出が、妙にギクシャクしてます。

昭和42年ですか。

生まれた年ですな。

その頃30歳だと、今は70歳か。

70前後の人たちは、
どのように見てるんでしょうね。

いや。
どんな時代の設定であっても、
キムタクはキムタクです。
あんなロンゲの重役がおってたまるか。
あの当時の30歳は、
もっと貫禄あると思うけど…。

エンドロール見てると、
路面電車走る神戸の街は上海の撮影所の
オープンセットを借りてるんですな。
昭和40年代にあんな電車…ヘンです。

あと、仲村トオルの眼鏡の縁、
シルバーというのもヘン。

新幹線は、
JR西日本が大阪・弁天町に持ってる
交通科学博物館の0系使ってるから
車内アコモは、違和感無くて
良かったですが…
車内アナウンスが…
「お出口は右側、1番線」って…。
新大阪の新幹線ホームは
20番線からでしょ。
右側なら「21番線」でしょ。

って細かいアラですが…。

とにかく、
大げさ過ぎて、見てる方も息切れしそう。

★★★

とりあえず、気合の入り方に
敬意を表して…。

|

« さよなら、ネーポン | トップページ | インチキの代償<あるある »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/5029167

この記事へのトラックバック一覧です: 新ドラマ峰打ち<華麗なる一族:

« さよなら、ネーポン | トップページ | インチキの代償<あるある »