« 2006年10月1日 - 2006年10月7日 | トップページ | 2006年10月15日 - 2006年10月21日 »

2006年10月8日 - 2006年10月14日

2006年10月14日 (土)

交渉人真下正義OA中

新潟日報夕刊に、この作品のOAに合わせての
批評が数日前、出てました。

オタク系真下のへなちょこっぷりが
主人公としてはイマイチ…とか、
犯人像が不確かなままでイマイチ…とか
書いてましたね。

以前、Odologに作品評書きましたが、
すでに消えてるので、あらためて
反論したいと思います。

まず、犯人像。
このシチュエーションは、
スピルバーグの「激突!」で使われたものです。
主人公の車を執拗に追いかけるトレーラーは、
運転手の顔が、最後まで映されません。
その恐怖感を、そのまま現代へ移した…
いわゆる転用。

ハリウッド大作的見方をすれば、
日報に寄稿した方の意見も、解からなくも無いですが、
踊るシリーズの、エンタメ色だけに留まらない
多くのファンの評価を得るポイントは、他にあります。
それは…
プロ像。
そして「組織」像。

青島という熱血刑事の加入で変わっていく湾岸署を描いたテレビシリーズ。
その中で、和久の引退と青島へと引き継ぐ世代交代の姿も描いています。
現場の刑事とそれを信用する上司…という上下像を示したムービー1。
さらに、組織のあるべき姿を示したムービー2。

そして、この「交渉人真下正義」は…
プロの仕事と、それぞれのプロ仕事をリスペクトしてこその「プロジェクト」像です。

指令本部のメンバーは、路線の安全と乗っ取り車両の捜索。
真下の部下たちの情報分析力。
木島達の外の捜査。
SATの狙撃。
爆発物処理班の起爆装置の処理。
それぞれのプロの仕事をリスペクトしたからこそ、
コンサート会場を守れた…。

さらに言えば、シンバルが鳴らなくても
最後まで演奏し続けたオーケストラと指揮者も
プロの仕事と言えるかも知れませんし、
警視庁からデータを届けたバイク便の
兄ちゃん達も、プロなのかも知れません。

そういった「男臭いプロの仕事」を描いた事を
裏メインとしつつ、エンターテイメントとして
迫力あるサスペンス作品に仕立てた
本広監督の技も、プロの仕事。

そして…それを信頼して待ち続けた
雪乃と、指令長の「お母様」。

というわけで、犯人像をあいまいにした事で、
本筋を示そうとした…というのが実態では無いでしょうか?

最後のエンドロールのスナップ集を見るにつけ、
そんな事を考えてしまいます。


実際、今回の4週連続の「踊るレジェンド」スピンオフ4本を
見れば、そんな部分が、もっと解かるのでは無いでしょうか?

執筆してる間に、犯人の車も爆破されました。
あともお数分です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ご拝聴有難う御座いました<矢野沙織特番

えー、さっきOA終わりました。
気になって、家でモニターしてました。

「SAORI YANO SO GROOVY!SO FUNKY!」

いかがでした?
極めてシンプルな構成にしましたが、
あっさりし過ぎでした?(笑)

6月、ジョイアミーアのライブもたっぷり、
でも、コロムビアも矢野さんの事務所も
納得できる…ある意味、
欲張りな1時間半でしたが…。

野沢ちゃんの声も、
いつもよりお姉さんで…という指示どおり
夜のジャズに合う、いい雰囲気で
しゃべってくれました。

ご感想を頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり日記になってないなあ…

下にスクロールしても、自分の動き、全く書いてないなあ。
ってことで…。逆時系列!

10月14日(土)
朝7時半「一度」起床。ゴミ出し。眠いので二度寝。
10時再び起床。美和ちん、レポート押してる…。
ぴんぽーん…今、玄関出たら…
「クリスチャンのボランティアで…」
間に合ってます(苦笑)。
やまちゃん…ゴジラうるさい…。

昨日以下は下!

続きを読む "やっぱり日記になってないなあ…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神木VSままゆ

「天才子役コンビで純愛映画」だそうです(朝日)

まあ、天才に違い無いですなあ。
二人とも達者ですわ。

個人的には、悲しみ演技で一枚上手な
福田さんのほうが勝つような気がします。

たぶん、現場では熾烈な演技の火花が
散る事でしょう。。。

和美、ひかるの活躍目立つ6年3組卒業生ですが
馬場ちゃんと由介は、どーなったんだ??(笑)。

…って久々に日テレの女王サイト見たけど、
わずか1年半前なのに、幼い顔してるねえ…
みんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年神戸ルミナリエのテーマ決まる

今年のルミナリエのテーマは「空の魅惑」だそうです(朝日)

まだ今年も、やるんですね。

毎年、開催できるか心配されつつ、
95年から続く、神戸:冬の風物詩です。

阪神・淡路大震災の鎮魂と復興の祈りから
始まりました。
大丸側から、あの回廊が見えた瞬間の
息を呑む美しさは、寒さを忘れます。




とりあえず並ぶのは…しんどいですけど。

新潟からは、飛行機出てまっせ~。

ルミナリエ公式サイト

| | コメント (1) | トラックバック (0)

駅南にジュンク堂?

プラーカ1にジュンク堂が店を出すそうです。

I Like People(ブログ)
新潟日報記事

100万冊規模というのは有り難いです。

が…。

大型書店が来たところで、
大きく人の流れが変わる事も無いでしょうな。

ワシントンホテルも撤退でしょ(日報)

複合的な町作りを考えないと、
スクラップ&ビルドの繰り返しで、
なかなか成果の出ない事態が続きそうです。。。

一方、旧・ダイエーのビルも、改修工事が
大詰め。今夜も、タクシー乗り場側の道を閉鎖して
クレーンを使って、大掛かりにやってました。

この万代の方は、アルタのビルから
紀伊国屋が、旧ダイエーの上の階に移転するそうで。

エスカレータ、エレベータで上まで行く手間が、
敬遠されなければ良いのですが…。

売り上げが下がり、新潟撤退…という事の
無いようにして頂きたい…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

NEXTって…

BSNのNEXTって…生じゃないのね…。

うーん。。。。

なんなんだろう。
このイライラする気持ちは…。

スタッフの笑い声が盛んに入りますが…
笑える?

マガジン系の番組というのは解かりますが、
方向性が、はっきりしませんなあ。

クリニックのコーナーなんて
新コーナーなんだから、
電話はNAMARAのメンバーの
仕込みでしょ。

視聴者の目…肥えてるよ。

あ。
岡本綾さんのインタビュー、
あっという間に終わったのにも
驚きましたが…。

江口さん、たのんまっせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

48時間!?

メンテ入るそーです…。

48時間も放ったらかしたら…

スパコメ、何百くっ付くやら…

後の処理が大変だ。

うにょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

泥臭い浪花の魂…ラジオ黄金時代

どこへ行こうが、新潟市に住民票移そうが、
泥臭い浪花の血は、消せないですね。

下の記事書いてる内に、色々思い出しました。

特に漫才ネタで思い出すのが
「ぬかるみの世界」。
OBCで日曜夜中にOAしてた番組です。

新野センセと鶴瓶のトークには、
リスナーを無視した芸人話や関西放送業界の
裏話が、説明も何も無く、繰り広げられたので、
知らず知らずの内に、いろんな事情、知識を
得る事が出来ました。

一般の方は、おじんおばん談義や、
びめこ・ぶめこ話の方が、記憶に残ってるでしょうが。

小学生の頃は、ヤンリク派とヤンタン派に
分かれてましたっけ。
ヤンタンは、すごかった。
鶴瓶、たかじん、鶴光、伸郎、谷村&ばんばん、さんま…
今なら、ギャラがどれだけ掛かるか、わからん豪華さ。
ザ・ベストテンで千里丘の7スタから
「ふたりのアイランド」生中継してた石川優子とか、
たかじん、阪神巨人とやってた岩崎宏美、
伸郎とは、ジューシーフルーツのイリヤ、
べかこ&イルカなんて組み合わせもありました。
大津びわ子さんは…ご健在でしょうか?

ハッピートゥデイに必死で電話した人、いません?

夏休みになると…
朝から晩までラジオ聞いてたし…
7:15~おはパソ(道上さん)、
8:00~ありがとう(浜村さん)、
9:30~フレッシュ(キダさん)、
10:00~ごめんやす(馬場さん)、
12:00~板東英二、
1:30~日産ポップ、
2:00~すみからすみまで(角さん)
夕方の箱番組ゾーン通過して…
阪神戦のナイター、
それが終わればヤンタン、
深夜1時~ANN…
3時でOBCのネットが切れたらLFで
遠距離受信したりして…。

そのうち、FMも聞くようになって…

ジムドイルとジーンさんの
「アメリカン・ミュージックステーション」
豊田さんの「ラジパパ」、
夕方はカトリーナの
「ポップ・ミュージックステーション」…
夜10時~「サントリーサウンドマーケット」、
11時~「クロスオーバー・イレブン」、
そして深夜12時「ジェットストリーム」、

意外なところでラジ関の日曜午後枠。
ヒロTの「カンカン・ポップスフリーク」、
その後、マーキーもやってたっけ。
で、802開局。
7:00 アミュージック(ジーンさん)
10:00パシフィックオアシス(コング)
1:00 アフタヌーンマジック(山添さん)
4:00 ロックキッズ
そのうち、マーキーもFM大阪から移って
ファンキーエクスプレス…

いつの間にか、そこで仕事するようになって…

ラジオ屋には、
なるべくして、なった…って感じですな(笑)。

生粋のラジオっ子としては、
最近の関西は、FMもAMも、大阪臭さが
薄くなった気がします。
あの頃は、
ラジオに音楽は要らない…くらいでした。
それだけ、べしゃりが立つ人が多かった。
FMだって「大阪を振り回したろー」という
気概があったと思います。

進化なのか?退化なのか?…
25年後の世界から振り返ると、
どう見えるでしょうね?

ヤングタウンについて(ウィキペディア)

昔話するようになると…歳かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和の芸人また一人…<フラワーショウばらさん亡くなる

♪よおこそ~みなさま~♪
昔、週末の昼間には、
吉本と松竹の寄席中継、新喜劇中継番組が
楽しみの1つでした。

「道頓堀アワー」は松竹芸能系で渋い漫才師が
多く登場しました。

そんな中でも、フラワーショウは、特に好きでした。

ゆりさんがめちゃめちゃ高い声で
「そーんーなーにーやーいやーいいーわんでも~」と
言ってる間に、ばらさんが喉を掻きながら
イライラして…イッキに爆発!
あのパターンが最高に好きでした。
で、唄になると、ゆりさん、エエ低音で唄いはるんです。
ぼたんさんが亡くなってからは、
お二人で頑張ってられたんですね。

残念です。ご冥福をお祈りします。

それにしても、最近のお笑いブームには無い
なんとも言えない「味わい」が、昔の漫才には有りました。

駄洒落のWヤング、
張り扇のチャンバラトリオ、
渋い兄弟のダイマルラケット、
兄弟といえば、いとしこいし、
すだれ頭の元祖、柳次・柳太、

また、今は言わなくなりましたが、フラワーショウを
始めとする「音曲漫才」。
必ず、グループのテーマ曲があり、
頭とお尻には、必ず演奏してました。
冒頭の「♪よおこそー」はフラワーショウ。
「まいどーォ~。みなさま、お馴染みの~」は、宮川左近ショー。
「うたあってーわらあってー」ホットブラザーズ~♪。
「はぁー!チャッキリチャッキリチャッキリナー!」のちゃっきり娘。
「べーりーぐーっぐー♪」の、かしまし娘。

ベタでマンネリな展開なのに、じっと見入ってしまう
あの魅力は何だったんでしょう?

昭和時代だからこそ…の名人芸だったと思えます。

今の芸人さんで、後世まで残る芸と誇れる人は
どれくらいいるでしょうね。

澤田隆治が選んだ 爆笑!漫才傑作集(2) Music 澤田隆治が選んだ 爆笑!漫才傑作集(2)

アーティスト:漫才,かしまし娘,上方柳次,上方柳太,平和ラッパ,平和日佐丸,宮川左近ショウ,フラワーショウ
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2004/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

澤田隆治が選んだ 爆笑!漫才傑作集(1) Music 澤田隆治が選んだ 爆笑!漫才傑作集(1)

アーティスト:漫才,中田ダイマル・ラケット,松鶴家光晴,浮世亭夢若,ミスハワイ,暁伸
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2004/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上方漫才まつり <昭和編> 第1集 DVD 上方漫才まつり <昭和編> 第1集

販売元:キングレコード
発売日:2004/09/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上方漫才まつり <昭和編> 第2集 DVD 上方漫才まつり <昭和編> 第2集

販売元:キングレコード
発売日:2004/09/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上方漫才まつり <昭和編> 第3集 DVD 上方漫才まつり <昭和編> 第3集

販売元:キングレコード
発売日:2004/09/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

米朝・上岡が語る昭和上方漫才 Book 米朝・上岡が語る昭和上方漫才

著者:桂 米朝,上岡 龍太郎
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 上方漫才入門

著者:相羽 秋夫
販売元:弘文出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アマゾンで探すと、いろいろ出てきますね。
ABCの「道頓堀アワー」
YTVの「お笑いネットワーク」あたりも
DVD出してくれたらなあ…。

お笑いネットワーク発 漫才の殿堂 DVD お笑いネットワーク発 漫才の殿堂

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2003/07/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ありましたわ(笑)。

お笑いネットワーク発 漫才の殿堂 DVD お笑いネットワーク発 漫才の殿堂

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2003/05/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

岡本綾インタビューOA<地下鉄に乗って

どうも。

先月、新潟キャンペーンの際に収録した
岡本綾さんのインタビューを、
やっとこさ、明日OAします。

あの後、大阪やら四国、九州と
映画キャンペーン続けてるようで…
エエ加減、しゃべり疲れてる事でしょう。

キャンペーン前半戦での収録で良かったです。

すごく明るくおしゃべり頂いて、
スケジュール一杯いっぱいまで回したので、
今日の編集、大変でした(苦笑)。

何せ、どこも切れない楽しいトークで…。

それを、なんとか、少しずつ編集して
枠内に収まる尺にしましたよ。涙を飲んで。

いつの日か、アウトテイク集としてOAできれば…。

とにかく、とても興味深い話ですから、
明日の午後1:20過ぎ、お聴き逃し無く。

地下鉄に乗って公式サイト
地下鉄に乗って公式ブログ
地下鉄に乗って岡本綾ブログ

地下鉄に乗って:試写インプレッション(ふぐ)
新潟キャンペーン日の日記(ふぐ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

14歳の母~タイトルバック

ドラマ「14歳の母」ですが、
本編以上に印象に残ったのが
タイトルバックの映像でした。

あれ、
公式サイトのプロデューサー日記によると、
主題歌を歌うミスチルのPVも多く手がける
丹下絋希監督の作品。

個人的には「くるみ」のPVが一番好きです。
PVで泣けたのは、あれが唯一ですから。

今回も、同じシチュエーションで
同じカメラワークで、出演する役者を撮る。
ドラマの主題にもぴったりで、
見事な作品になってると思います。

DVDボックス発売の際は(って来年後半やろな)、
是非、スーパー無しの完全フルバージョンで
見たいものです。

本編以上に★★★★★!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

新ドラマ峰打ち<僕の歩く道

Music ありがとう

アーティスト:SMAP
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2006/10/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

火曜午後10時の関テレ枠の名シリーズ。
草なぎ剛主演ものです。

ほとんど星護ファミリーという感じのメンバーで
出演者、スタッフのチームワークも安定していて
見ていて、安心できます。

今回の題材は自閉症。
つよぽんも、難しい役に真正面から
チャレンジしていて、脱帽ものです。

何よりも、今回は、星監督の演出が素晴らしい。
ハイビジョンのドラマにふさわしい美しい映像で
撮られています。

主人公輝明の目線場面では、望遠を多用して
人物に正対、または真横アングル、
一般の人物では広角メインで、斜め位置、
上から見下ろし気味を含めて立体的な画。
台詞割りに準じたカット。
まさに、21世紀の小津です。

とても丁寧な画作りです。

冒頭で、すでに感動させられました。

間の取り方も、
とても緻密。

主人公を見つめるカメラの視線も好感持てます。

今回は何度、泣かせられるのか?
今から楽しみってことで…文句無しで…
★★★★★!

河野、三宅両監督の演出にも期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

韓国版モー娘。?

韓国で、モー娘。っぽいアイドルが
デビューだそうです。(ヤフー/オリコン)


ユニット名は…キロツ(KIROTS)

で、検索かけたら、韓国のサイトで
大きな写真が出てました。(korea.com)

微妙…。

ま、わしは、どーでもエエな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

恒例!新ドラマ峰打ち<14歳の母

いやあ…どうですか。

また、女王の際のように、
PTA諸氏、日テレ総攻撃な予感…。

とりあえずは、ドラマ作品として評価したいと思います。

はっきり言って、脚本は、それほど優れてるって
感じは、しませんでしたね。
どちらかと言えば、常套手段の台詞回し。
ただ、
役者が良いので(脇役も含めて)好感触ではあります。

何よりも、未来ちゃんの独壇場。
喜怒哀楽だけじゃなく、
主人公の置かれるシチュエーションを
客観的に捉える能力に優れてるので、
冒頭と、ラストあたりでは
同じ人物と思えない芝居差を付けてて
見事でした。

泣き芝居には定評あるので、
おじさんの楽器店のシーンよりも、
薬局で探す「絶妙」の「揺れ動き」感が
今週のイチオシ芝居。

部屋での孤独芝居では、
微妙に、美佐子母さんに似てる気がしましたが、
どうです?

ということで、予想以上に
未来ちゃん、好スタートですが…
脚本と演出がベタなので…相殺して★★★。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総一朗と違ったのね…(汗)

えー…美紀ぴょん騒動の続きです。

今朝の記事で大きな間違いをしてましたので
削除しました。

北村って言うと、
すぐ反応して、署長かと思ったけど、
和夫さんでしたね…。

署長は総一朗さんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝10周年<どうでしょう

まだ家です(笑)。
そろそろ支度します。

さて…10月9日で満10歳…と
公式トップの竜宮城にも飾られておりますが、
水曜OAってことですから、
実質、今夜の放送で、祝10周年と言えます。

当時は、まだ存在も知りませんでしたが、
今や、全国ローカル局のヒーローとも言える
人気でございます。

Pの交代以外にメンバーチェンジも無く、
藤やんもうれしーも、人事異動も無く、
めでたい事でございます。

さあ、小祭りも終わったら
新作の編集、さっさと上げてOAしてくれー!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

14歳の母スタートですよー

えー、まだ自宅です。

今夜の10時スタートです。

14歳の母。

昨日は、さんまと戦い、今日はサルですか。

主役張ると、大変ですな。
研音さんも日テレさんも容赦しませんな。

たぶん、この作品で
認知度も相当上がるでしょうから、
中1にして、プライベートも大変になるでしょう。

ケンちゃんや、カルキン君のように、
そして、杉田さんのように
波乱万丈にならない事を祈ります。

とりあえずは、初回、楽しみです。。。

あれ?…
13歳って、美紀ぴょんの半分以下(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとちょっと美紀ぴょん<フラッシュ騒動巻き込まれんこ

えー、昨日24時間のアクセス数が
約1000でした(苦笑)。

普段は、スパコメに悩まされてるんですが、
昨日のアクセス記事、アクセス元が
約7割、628driveがらみ。
つまり美紀ぴょん携帯写真騒動がらみです。

見に来た人たちは、
「なんだこりゃ?」と吐き捨てて帰った事でしょう(笑)。

それがドライバーですから…。

まあ、とにかく
本人もコメントされておりますが
逃げも隠れもしない男前な女優(?)さんなんで
エエんちゃいますか。

まあ、それにしても
いつ、どんな時でもユーモア忘れませんなあ。
感心!
普段からのお化粧…
大事だけど、今、舞台中心ですから
お肌の事を考えると普段すっぴんのほうが
いいように思えますが。

皆さんも、ケータイ拾ったら交番に届けましょう。

つーか、その前に…
北村ジュニア!キーワード設定しとけよ(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

日々のリズム

みなさーん、3連休終わりでっせー。

はい。
ラジオ屋に休み無し(苦笑)。

そして北朝鮮に休み無し。

まあアベさんに合わせて実行したんでしょうけどね。
3連休中にせんでも…。
NHKも共同さんも、各マスコミ…大慌てだったでしょうね。

だって、あの直前まで
今日のニュース担当の仮谷さんと
談笑してたんですわ。
「休日は、ヒマネタで時間繋ぐのも大変だよね」って。

それはさて置き、
今日は、午後1時からROSA特番の為に、
TOWN CROSSINGは、2時スタートでした。

ワシとADちゃんは、中継の受けで、
普段通りスタジオに詰めてたんですが、
「わーい念願の昼飯外へ食いに行ける」と
言ってたタテも、結局普段通り、PORTで
ネタ仕込みをしてました。

で、1:59にTCスタート。
いつもと違う時間割で、なんだか
調子狂います。
また、普段のリスナーさんからのメールも
少なめ。逆に、家で中間試験の勉強してる
学生さんからのメールの多い事。
おまけに、今日はテーマが「運動会」だったので
リアルタイムなスポーツ&運動会ネタで
参加してくれてました。

てな訳で、あっという間の2時間…。
「なんか、変な感じ」と本番終了後、話してました。

やっぱり2年続けてきた「3時間」の
体内時計は…すごいもんです。

さあ、明日はレギュラー通りのフォーマット。
皆さんの3連休の土産話も、お待ちしております。

で、10(火)のテーマは「お米まつり」。
米ネタですわ。
ん?
ニヤリと笑った人!
…ふっふっふ。
敢えて選曲してませんよーだ。
「またせたな~」(笑)

そうそう。
おかずが無くても、
「これさえあれば、白ご飯を美味しく食べられる!」
というアイテムは何です?
ちなみにワシは…東海の「キューちゃん」。
夕方、PORTスタッフにアンケート取ったら
見事に、みんなバラバラでした。

その結果は、明日午後1時台!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月1日 - 2006年10月7日 | トップページ | 2006年10月15日 - 2006年10月21日 »