« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年9月24日 - 2006年9月30日 »

2006年9月17日 - 2006年9月23日

2006年9月23日 (土)

地下鉄は僕らを運ぶ~<映画「地下鉄(メトロ)に乗って」

今週、水曜、試写会で「地下鉄に乗って」を見た…
と書きましたが、感想は書きませんでした。

原作を読んでなかったので、
ちょっと比較したかったから、翌日、
紀伊国屋で文庫本を購入して…
さっき「JIN ROCK FES.」聴きながら
イッキ読みしてたんです。

で、感想ですが…

原作とは大きくはかけ離れてません。

原作ファン、浅田ファンの皆様、ご安心を。

ちなみに…今週=29日(金)岡本綾さんが新潟入りして
キャンペーンします
。TCでインタビューを収録します。
OAは、公開が近づいてからにしたいと思います。

◆「地下鉄に乗って」公式サイト

◆「地下鉄に乗って」公式ブログ

◆ 岡本綾の「地下鉄に乗って」ブログ

肝心のインプレッション!★★★★!
★1つ分欠けてる訳は…下へ。(ネタバレ御免)

続きを読む "地下鉄は僕らを運ぶ~<映画「地下鉄(メトロ)に乗って」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JIN ROCK!サイコー♪

はたぼー!やったぞー!
よくやった!
アホみたいな企画なのに、面白く作った!

来年は現実のフェスじゃ!

で、その時は…
やっぱり「第二回」になるのかね?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新曲依存症

えー…ジャスティン、また掛かってます…。

最近は…PORTにも結構な数のサンプル盤が届きます。

特に盆明けから、この秋というのは
リリースが多い時期で、11月前後からはクリスマス向けCDへと
移っていきます。

ということで、普通に新曲豊富な状態。

で、そんな時、よく起こるのが、新曲渋滞…?とでも言いますか…
どの番組でも同じ新曲がOAされたり…する訳です。

続きを読む "新曲依存症"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年で長寿?

人づてに話を聞いたので…さっきHPを見たら
幸西さんの裏番組が、この改編で終了だそうな。

震災直前の2004年10月1日(金)に開始したTC…
当時、川岸民間さんがK冨さん、
幸西さんがRびんさん…でした。
常に追いつけ追い越せの気持ちで
わずかに時間がある時は、ラジオで聞いたり、
構成を研究したりしてました。

今年になって、K冨さんも終わり、
今回、熱々さんも終わる…
なんとまあ、タテが午後帯で一番の長寿でございます。
わずか2年で…。

これからは追われる立場になるんですね…。

といっても、ビビる事無く、
あれこれ奇をてらわず…素晴らしきマンネリを目指して
頑張ります。

続きを読む "2年で長寿?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5万!アクセス…って

いつの間にやら、5万アクセス突破して
今現在、50400になってます。

すげー!

ほとんどスパムのような気がしないでも無いけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

メトロに乗って

地下鉄(メトロ)に乗って Book 地下鉄(メトロ)に乗って

著者:浅田 次郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日は…夜遅くに某所でマスコミ試写に行ってきました。
10月公開の、浅田次郎原作「メトロに乗って」です。
なかなか、よろしゅうございました。
くわしくは、また今度…。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

最終回2階建<ダンドリ&結婚できない男

ふーん。初回の段階での評価は…
「ダンドリ」★★
「結婚できない男」★★★

両方低かったのね…。

えー…今夜、最終回を見ての評価は…
「ダンドリ」★★★
「結婚できない男」★★★★

★一つずつUPです。

いや、なんやかんや言っても、両方、
毎回録画して夜中に見てましたからね。

自分でも意外なのが、
初回分で評価の高かった「不信のとき」は
早々に見るのをやめた事。
結局、フィクション作品としてのクオリティだけでは
連続ドラマとしての魅力は、半分って事でしょうか。

ダンドリだって、それほどたいした作品では無いです。
が、後引く何かが…あった。
たぶん、ドラマながら、ドキュメントのような感じ…
少人数からメンバーが増えたり…少しずつ踊りが良くなったり…
そういう「見せ方」に引っ張られた部分があったんでしょう。
ラストのダンスシーンは…ノーカット一発勝負だったようです。
裏へ戻ってからの表情は、100%ドキュメンタリーな素の顔でした。
榮倉はんの日記によれば、あのダンスは…
最終回収録より、数週間前に先に撮影されたそうです…。

もう1つの「結婚できない男」の場合も、
ラストは見えてる訳です。
でも、後引く何かがあった。
毎回お決まりの帰宅コースや、お店…
毎回騒々しい口喧嘩…
そういった「パブロフ」的演出は、連続ドラマならではの
遊びであり、気楽に楽しめる要素の1つでもありました。

そして…気づきにくい部分ですが、女優さんがみんな
奇麗に撮られてました。
照明の勝利です。
ひと昔前からバラエティやニュースで使われてた
ピンポイントのスポット照明を採用していて、
目がキラキラ、お肌つやつやに映っていました。

特に今夜の最終回での目のうるうるは、奇麗でした。

さらに…アベちゃんの演技が上手かった。
毎回、ヘンコなキャラで通していたので、わかりませんでしたが、
最終回の「微妙な」表情芝居が、中年男の恥じらいもミックスされて
絶妙でした。

次回は安定株の草なぎシリーズ。
その前にスペシャルの「アンフェア」。
関テレ枠の勢いは…しばらく続きそうな予感です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月19日 (火)

サプリ最終回

細木’魔女’数子の呪いでCXが折れたそうです(ヤフー/報知)
「トップキャスター」のDVDには、例の占い師エピソードが
カットされた全10話になると…。

細木さん、相当アホですな。

こういう明らかな圧力は、結局明るみに出て、
広く知れ渡ってしまって、マイナス要素の方が
多いって事、わからんのでしょうか?
ある意味政治家と同じで、ギャーギャー騒ぐより
静観するほうが、大物的に見えるのに…。

毎週楽しんでただけに、残念です。
えりかママ(C:女王の教室)の占い師、良かったけどね。

さ、天海さんと同じ事務所の美咲姉さん主演「サプリ」が、
今夜最終回を迎えました。

もちろん、月9ですからハッピーエンド。

結構酷評の今季でしたが、
広告会社が舞台なだけに、なかなか面白い脚本だった…
と思います。最後のプレゼンのネタが、
そのまま、登場人物の人間関係へと繋がる…
良かったんじゃないですか?

あのコピーと広告も、結構好きです。

未来ちゃんも、色んな演技で締めくくれてましたし。
ピアノ演奏は微妙でしたが。


最終評価…★★★

明日は「ダンドリ」と「結婚できない男」が最終回。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

祭りついでに…にいがた総おどり

明日のTCの特集は、秋の魚です。
本番終わって、明日の仕込みに掛かったところ…
魚の資料本見てたら、めちゃめちゃ腹減って(笑)。

五郎に飯食いに出掛けたんですわ。

ほしたら…やっぱり、総おどりの会場で
行く手を遮られたんですな。

広い市街地エリアの中で、あの一角だけが
妙な空気に包まれておりました。

結局、踊りたい、体を動かしたい人間達の
総決起集会なんですな。観客より参加者のほうが
多いんじゃないでしょうか?

いろんな岸和田祭のブログレポート読んでて、
ふと思ったんですが…総おどりも、あの狭いエリアや
離れた距離の会場が散った状態では、
なかなか認知と集客に繋がらないのでは無いか?と。

いっその事、新潟まつりの大民謡流しと、
何らかの形でコラボって、もっと大掛かりにすべきなんじゃ
ないか?と。
今年までの5年で、倍倍に膨らんだ規模をアピールして
ラストダンスは万代橋を止めてやるのは、どうでしょう?

規則的に並ぶ民謡流しより、思い思いに動く1万人の様のほうが
絵になると思いますが…。
もちろん、それだけ照明と音響と警備は大変ですが。

札幌も、あれだけ大規模になって、集客でも成長しています。

パライソで、ひろえさんが言ってましたが、
体操もあり、サルサもあり、伊藤さんレポによれば芝居っぽいのも
あったとのこと。
YOSAKOIソーランとは違う面が伸びてるなら、
それはそれで武器になると思うのですが。

いかが?

まあ、しばらく全国規模での報道面では
岸和田に軍配上がるでしょうが…。
エラい祭と、重なったもんですな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

未練たらたら<だんじり

土日祭礼で3連休の月曜。
らくさくですな。
しんどい片付けも逃れられない3連休。
旧市の皆さん、お疲れ様でした。

こっちは、さっき、日テレの「ザ・ワイド」録画で
ロケV見て、やっと動く地車に会えました。

それにしても全国ネットの東京チームは
刺激ばっかり追いますな。
ぶつけたり、傾いたり…組の人らが飛ばされたり…。

もうちょっと取材チームにガイドライン設けるのはどうでしょう?
新聞番宣コピーのNGワードとか、
テロップ、スーパー、NA表現へのチェックとか。

今日もVからスタジオに戻った際、レポーターの兄貴が、
「狭いところをグルグル回ってるだけなのに…」とか言ってました。

もうちょっと表現方法ありそうなもんですが。

コーナー終わりの草野さんの
つまらなさそうな顔も、気になりました。

もおエエやん。
過剰に煽らんでも。

やっぱり淡々としてても、サンテレビの特番が見たい。
「お仏壇のシメノ」のCM見たい…とは特に思わんけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

だんじり見物の初歩<ブログを巡って思ふ

そうそう。
皆さんのブログを見てて思ったので、寝る前に書きます。

初めて見た方は…たいてい駅周辺で見たようですね。

ある方は、なかなか来ないので春木に行った…と書かれていました。

ある方は、町中を爆走してると思ったけどほとんど歩いてた…と書かれていました。

そうですか。残念でしたね。

だんじり見物は、待ってもダメ。
基本はお迎えに上がる式です。
進行方向と逆へ行けば会う機会が多いです。

最近の傾向では、
駅前まで上がる台数が極端に減少しています。
直線曳行の距離が長く、やり回し回数が減るからです。

市の用意しているガイドマップのコースを
くまなく回る訳では無いんです。
結局、自分達の祭りだから、
見る人は2の次だから。

そりゃ走れば、しんどくなって歩きもするし、
休憩もします。見る人と同じ人間だもの。

TDLやUSJのアトラクションとは違いますから。

そこを間違われると、困ります。

もっとも「やりまわし」ばかり報道されるから
仕方無いんですが、その祭りの精神とか、
だんじり自体の芸術性、鳴り物の優雅さ…色々
楽しむべき要素は、山ほどあるはずなんですが。

ぜひ、来年は、
休憩中のだんじりを間近に観察して下さい。

Dscn0010



どこの彫り物でしょうか?
ヒント…梅鉢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次は10月…また帰れないやろな…<だんじりは終わらない

また4時前の更新です。

ラジオ屋に3連休は無いのです。

今日のPORTは人が多かった。
そう、新潟は総おどりの中日。
チームパライソのメンバーが夕方戻ってきて
着替えしてました。

賑やかでした。

悶々…。

こなから坂どやったんやろ?

岸和田は、また1年後。

でも、山手や貝塚、熊取などは10月。
まだ来月も祭りがあります。よろしく(何をやねん…)。

ちなみに…いろんなブログで「さすが清原の育った町」って
書いてますが、清原は、その10月の祭りがある山手の子です。

よろしく(だから何を?)。

10月、大森神社の宮入り見たいです。
朝イチの飛行機で行けば日帰りで見れるかな…。
うにょ。

太鼓の音、聞きたい。

欅の匂い嗅ぎたい。

禁断症状です。

ってことでおやすみれ。台風には木を付けて。え?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

荒れてる?<岸和田

まだ起きてます。
「だんじりの部屋」のBBSによれば、
曳き出しでは藤井町が小門で当てて、屋根破損とか。
大屋根を前後ひっくりかえして応急処置したそうな。
春木でも春木本町が横転したとか。

やっぱり天気が災いしたか?
荒れ気味なんでしょうか?

悶々@新潟…うう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岸和田だんじり祭の歩き方<本宮編

TB大会やってて思いましたが、
新日程になって、初めて見物に来てる人が
相当いらっしゃるようです。

ので…
明日を前に、いろいろガイドを探してる人へ
大きなお世話アドバイスを1つ。

2日目の目玉は、岸和田市役所の前の「こなから坂」の
やり回しです。これは、岸城神社へ宮入りする14台が
坂をいっきに走ってやり回しする、一番の見せ場です。
何故見せ場か?
今日ご覧の方は、わかったと思いますが、
今の街中のやり回しは、一旦停止線で止まってから
加速して回します。昔は、走ってきてそのまま回しました。
その昔ながらの走りながらのやり回しが見れる唯一の
場所が、この「こなから坂」だからです。

場所は…
岸和田駅下車…商店街のアーケードを抜けた所の道=
=堺阪南線(旧・26号線)を左に曲がって、坂を下り、
交差点を通過した先のS字カーブを曲がりきったところが
坂の入り口になります。

たぶん、人波は、駅を下りるとすぐ高架沿いに和歌山方面へ
流れて、図書館横からの細い道へと続きますが、
アクセスとしては、上に書いたように坂の下から行くほうが
見物場所を確保しやすいと思います。

9:45スタートですが、実質人が埋まるのは8:00過ぎでしょう。
ってことで、岸和田駅に7:30くらいに到着する電車で逆算して
向かいましょう。
大阪市内:難波からだと7時前の急行になります。
坂の下から、だんじりが通る道を登りましょう。
正面と両サイド、場所が空いてたら、躊躇せずキープです。
一瞬の隙が後悔を招きます。
おすすめは…市役所正面入り口の脇あたりです。
やり回しを正面から見れませんが、坂を上がっていく横からの姿、
屋根上の大工方の舞いが、たっぷり見えます。
やり回しを終えた地車が通過する岸和田高校グラウンド前は、
市役所建物側は見物できますが、グラウンド側の塀際は
見物できませんので、ご注意を。
9:00を過ぎると、一斉に排除されます。
岸和田城周辺の堀端の道は、宮入へ向かう地車がゆっくり行きます。
豪快な姿と違う、「ふきちり」(白地に赤縁の入った吹流し)を付けた
地車の優雅な姿をご覧になれます。
Dscn0201



2004年の本町





9:45、番外1番手(宮一番)の宮本町の通過時刻ですが、
たいてい予定より数分早くスタートします。
3番目の五軒屋町までは実質約7分間隔、
その後、4,5分間隔で通過していきます。
TVで見るような数珠繋ぎでは無いので、退屈な待ち時間が
多いでしょうが、そこは興奮と余韻の繰り返しを楽しんで下さい。

デジカメで撮影する方は、バッテリー切れにご注意を。

遠くで太鼓の音がしても、それは坂の下で出発を待ってるだけ。
旧・26号線を纏と綱先が入ってきても、数分ありますから、
慌てずに、世話人さん達の「赤旗」が「白旗」に変わるまでは、
待機していましょう。

配布されるチラシの時間進行より早めに終わります。
14台目が通過したら、人波がどっとブレイクします。
ココで慌てないこと。警官と信号に従って、ゆっくりと
坂の下の信号を渡って、紀州街道方面へ進んで下さい。
町内の細い道のほうが、混雑は少なめです。

人の流れは、たいてい午後曳行の見せ場「かんかん場」へ
続くはずです。午後の場所取りする方は、そのほうへ。

でも、おすすめは…紀州街道を左折して本町界隈の町並を
眺めつつお散歩して頂きたい。

かんかん場は、人が多すぎます。

ランチはどうします?
どこも大変ですね。かんかん場のイズミヤ1階をずーっと
奥の方にあるフードコートは幾分空いてるはずです。穴場!

午後曳行。
ゆっくり見たいなら…縁日の屋台が立ち並ぶ塔原線の広い道。
間近に見たいなら、小門・貝源(こかど・かいげん)と呼ばれる
北町交差点から南北に伸びる紀州街道沿いです。
交差点自体は、やりまわしの名所ですが狭すぎて
見物には向きません。やり回しを終えた地車が細い道を
疾走する真横で見るほうが、興奮できます。
太鼓の音が腹に響きます。
Dscn0161






やっぱり2004年
曳出しから帰る本町







昼間の曳行も後半になる3時以降になると…
宮入順の後ろの方の地車も曳行に参加して、
かんかん場周辺は地車渋滞になります。
そうなると、エスケープルートを取る町も出てくるので、
堺町・本町の紀州街道S字ルートがおすすめです。

軒すれすれに走る妙技が見れます。
ただ、初心者には前から見るのは危険が多いので
後ろから眺めるのがおすすめ。
警察詰め所のある「欄干橋」交差点から少し南へ入った
お肉屋さんの横あたりが面白いです。
イッキに走る町もあれば、一旦止まり、角度を微調整して
S字に挑む町もあります。屋根と後ろ梃子の組の連中の
息の合ったところを是非、ご覧あれ。
1つ目の堺町のS字を抜けると次は本町のS字。
こっちは直角2つのS字(というよりクランク)より
緩めですが、S字出口の後の緩いカーブになっていて
コース取りが難しい曲がりになっています。
手前の寿司屋周辺で待機して後ろ姿を見るのがおすすめ。

ちなみに、2本目のS字を抜けた所にお菓子屋さんが
あります。「くるみ餅」が美味しいので、お土産に是非。

2本目のS字を抜けると、後は真っ直ぐ紀州街道の
古い町並みを走ります。
見物人も少ないので、後ろを付いて歩くもの風情あります。
そのまま地車に付いていけば、自然に、かんかん場方向へ
戻りますから。

さあ、昼間曳行終了時刻5時前後は大変です。
みんな、少しでも長く曳いていたいですから…。
パレードコースから自町に戻る場合、
普段走らないルートを取る(ガイドマップに無いルート)場合が
あります。
浜地区だと塔原線から疎開道への左折のやり回し。
その後、疎開道南詰でUターンしての「すれ違い」ごっこ。
もしかしたら…商店街の地元=宮本町は、岸和田駅前で
Uターンして、商店街を逆走するかも?…てな感じです。

昼間の曳行の後は、夜の提灯を付けた優雅な姿もどうぞ。

青年団の男の子たちが提灯を付ける様子を眺めるのも
面白いですよ。バッテリーを屋根に載せて、正面の五段提灯、
両脇、総数100個以上の全部を付け終わった後、一斉に点灯!
奇麗です。

つーか、1時過ぎて、コレ読んでる人は寝坊しますわな。

結局、自己満足か…。うにょ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年9月24日 - 2006年9月30日 »