« 2006年7月16日 - 2006年7月22日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »

2006年7月23日 - 2006年7月29日

2006年7月29日 (土)

お客様は紙様です?(ちょっと長いよ)

相変わらず、某BBS、荒れてますね。

常連さんについて…で。

テレビと違ってラジオの場合、
地域密着なので、
我々、制作チームの提供する情報と
リスナーの皆さんによるメッセージで
生放送らしさを出す…というのが
古今東西一般的なスタイルです。

ある種、聞いてくれる方々も
同じファミリーです。

まあ、皆さん普段の生活でもお感じの通り
千差万別、人それぞれ、性格も異なります。
だから、メールを頂く人のスタイルも
様々です。

それを番組の「要素」として、どう出すか?
そこは、各番組スタッフの判断によるものです。

以前勤めていた某局の場合、
リスナー自体が多いエリアだったので、
平等に扱う…つまりリスナーが聞いていて
不快感を出さない為、ディープな常連さんを
全て排除する…という事もありました。

でも、県域局の場合、
コアリスナーの数も、広域に比べると
少ないのも事実です。無碍にはできない。

これも、以前やっていた番組の場合ですが…
メールをくれた全てのリスナーの名前を紹介する…
という手法を取った事もありました。
それも、わずか55分の生放送で…。

両極端ですが、つまりは…
リスナーさんたちを、どう位置付けるか?
番組スタッフの判断次第って事です。

以下は個人的な見解です。

続きを読む "お客様は紙様です?(ちょっと長いよ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トトロと千尋とゲド戦記

そろそろ初日第1回目の上映も全国で済んでますわな。

ずっと前にマスコミ試写会で観てたんですが…
一応、コメントは控えてました。

昨夜は「トトロ」をTVで見て
そのあとDVDで「千と千尋」まで見てしまいました。
やっぱり「親父」宮崎は、すごいわ。

いや、ゲド戦記だって、
これまで通りのジブリ路線なんですよ。
でも、「吾朗」は「親父」には、かないません。

続きを読む "トトロと千尋とゲド戦記"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

正直しんどい?1週間

久々に逆時系列日記!

7月28日(金)
雨の中出勤。事前にフジロックのレポートを頼んでた
Hディレクターには、申し訳無いなあ…と思いつつ、
番組前に電話してみたら、現地は穏やかな天気だと。
嫉妬(笑)。と思ったらバチ当たったみたいで…
本番の電話が繋がらない!繋がっても切れる…
さすが天下のフジロック。会場のみんなが東京や
各地に報告の電話してるらしく電波が厳しい!
やっとこさ、繋がってOAに乗せましたが、
H君には、お楽しみのところ、迷惑掛けました(苦笑)。
TCのほうも、1時間に入り中含めて4組もゲスト入る
大混雑で、慌しい事になっちゃいました。
前日、雑用済ませた関係で、BCF受けまでの間は
結構、ゆっくり出来ました。
BCF後半のゲスト「マルガリマイク」…ファンキーなのに
結構、ジェントルで出演後、3Fのスタジオにまで
挨拶に来てくれました。
ええ奴らです。
番組終了後、3F制作フロアでは、
反省会そっちのけ(爆)で、Mステのレッチリに、
みんなで興奮。
タモさんの「やっぱ生のバンドはイイねえ」の
コメントに大受け!普段はどーやっちゅうねん。
時計見れば、9時が近づき、トトロ鑑賞の為(笑)
早々に帰宅。TV点けたら、ちょうど
「あるこ~♪あるこ~♪」始まったところでした。
脳みそジブリのまま、DVDで「千と千尋」見たら
田原さん出てきて、そのまま4時半まで天皇話。

おっと、結構な文字数来たので、以下は下。

続きを読む "正直しんどい?1週間"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

新潟でクラシック開始

NT21で今夜から、
ついに始まってしまいました。
「どうでしょうクラシック」

「どうでしょうリターンズ」が終わり
新作「激闘!西表島」を挟んでの新シリーズ。
1996年秋から、再び「振り出しに戻る」んです。

今夜は、もちろん「サイコロ1」。
あっけなく、1週でゴールしてしまいました。

そして、記念すべきゴール目を出したのが
JR新潟駅万代口!
見慣れた風景と背景のバス。
10年前、ミスターと大泉さん、そしてD2人は
確かに、あそこに立っていたんですね。

今や、全国区のあの方々。

すでに、大泉を除く3人は、
2006年の新作の企画を進めてるそうです。

今、この時代に…
サイコロをやったら…

どんな事態になるでしょうね?

そんな事を想いながら、30分、見てました。
さあ、来週は「粗大ゴミの家」
その次は「闘痔の旅」…
また、長い旅が始まりましたよ。

そういえば…2年前の札幌旅行の際は…
「オーストラリア」の3夜目をオンエアしてましたっけ。

昨日、北海道は「原付東日本第2夜」…
来週は、いよいよウイリー事件。
新潟でのOAは…2年後ですか(笑)。

先は長い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

音尾が回る…え?

今朝、裏の番組で音尾さんが生出演してました。

智景はんが毎週東京出張してる
スペイン坂からの生放送ですが…
朝も早よから、音尾はん、張り切ってましたな。

在京のNACSファンも大勢駆けつけてたようで…。

いや、それを聞いてて感じたんですが、
音尾さんだけ、マイクが遠いように聞こえませんでした?

実は、コレ、ラジオの宿命でもあるんです。
音尾さんは「声がでかい」。
普通のマイク設定では「音が割れる」。
だから、入力設定を抑える。
これで音尾さんのマイク設定は、程よくなる。
しかし…
音尾さんは「声がでかい」(笑)。
するとどうなるか?
智景はんと、ナイクはんのマイクで…
声を拾ってしまう。
この「こぼれた」声は、スタジオの壁に反射して入るので
若干遅れる。
つまり自然のエコーが掛かる。
すると…
メインの二人より、声の芯が弱くなる。
だから…ラジオで聞くと
声量は3人共同じくらいでも、音尾さんだけ小さく感じる。

こういう理屈です。
もちろん、コレは、全国どこのスタジオでも言える事で、
PORTのスタジオでも、よくあります。
これを避けるには…
しゃべり手に、なるべくオンマイクでしゃべるように指示する。
常にフェーダー(ミキサーのつまみ)に手を掛けて
操作し続ける。
マイクを交換する…色々考えられます。

うーん、私も素人なので、技術的な事は難しいです(苦笑)。

とにかくミキシングは難しいっちゅうことです。

ちなみに…
今回のような影響が出る事を「音が回る」「声が回る」…
と言いまして…落ちがタイトルに戻りました。
お後がよろしいようで…(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大泉洋も泣くのだ…<東京タワー延期の件

CUEダイヤリーに、大泉さんの日記がUPされとります。

ぱたぽんちゃんは涙こぼれそうになって読んだそうです。

新潟のリカさんは熱く決意されたようです。

単発とは言え、主役でゴールデンで全国ネットだもの。
その憤りたるや…それも放送直前の延期決定。
CXも、気合入れてただけに…
いわゆる苦渋の決断だったに違い無いんです。

私ら制作側の人間からしたら…
大泉さんから必死の声を受けた
アミュマネさんやらCXの人たちの辛さが
ひしひしと伝わります。

誰だってクリエイティブな仕事をしてる人間は
作品に自信を持ってる訳で、
それを発表できない事の苦しみは、
どれほどだったか…。

逆を言えば…
山本氏の失態が、どれだけ大きいモノだったか…

日々、言われる言葉ですが、
「スタッフ一人ひとりは…局を背負ってる」
ローカルのラジオでも、そうです。
それが全国的で、しかも、タレントならば…

もちろん、女性の悪意もあったかも知れない。
しかし、その罠にはまるような行動に入った時点で
OUTでしょう。

よく写真を撮られて、
スクープだとか、スキャンダルだとか言われますが、
あれは、恋愛の自由…という面があります。
でも、今回は、道を外れた事が大きい訳です。



で、東京タワーですが、
撮影し直すのでしょうか?
差し替えの為の撮り直しって、テンション下がるだろうし、
極力避けてもらいたいですね。

黒澤作品のTV放映だと…
最初に「放送上、不適切な表現がありますが、
作品の芸術性を尊重し、ノーカットで放送します」と、
テロップが出ます。

そういう何らかの表示を出した上で、
一番いいクオリティの作品を観たいものです。

とりあえずは、
大泉さんとともに「待ちましょう」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

タテオツカ…は、正しいか?!

文化庁の「国語に関する世論調査2005年度版」について
各メディアが記事をUPしております。

「お」の付けすぎ(朝日)
上下意識が希薄に?(読売)

ご苦労様がお疲れ様に負けてる?(ヤフー/時事)
怒り心頭に…?(MSN/毎日)

何かにつけて「正しい日本語」と言われますが…
言葉というのは、時代によって変化する宿命があります。
「お疲れ様」と「ご苦労様」の使い分けって言われても
どっちにしても、
相手の業務に対してリスペクトしてる意味では同じですし、
たいして問題無いんじゃないですか?

放送現場でも、正しい日本語っていうのは、
結構言われますが、実際、正しい言葉を使ってる
出演者が、どれくらい居るでしょう?

つまり制作者自身も、たいして教える度量も
知識も無いっていう事だと思います。

逆に時代に逆行する事で違和感を感じさせる場合もあります。

橋田先生は…
渡鬼の中でよく「こしらえる」を使います。
それが「正しい」言葉遣いだというのは理解できますが、
10代、20代の登場人物が遣う場合、
「?」と感じざるを得ません。

ま、アメリカのドラマを
日本の声優が吹きかえるように、
若者語を高齢者語に「吹き替えてる」と思えば
納得はいきますが…。

タテオツカ、ヨロシクドーゾ…という
島村仁フレーズも、それ自身1つの「言葉」として
一人歩きするようになれば、それも新しい言葉です。

リスナーには、意味が解かる訳です。
そう。
言葉とは、人と人が理解し合える為のアイテムですから、
言葉の意味が理解できてる時点で「正解」でしょう。

逆を言えば、
古くからの言葉を間違った使い方をする事は
正しく無い…ということです。

でも、使い方を難しく感じる言葉こそ、
国語の時間に教わった記憶が無い…というのも事実。

古典で文語体の文章や、漢文を教える前に、
そういった「正しい日本語」を教える事を
考えないといけないのでは?と…思うのですが
どーでしょう。

あ。
どうでしょう?…ですね。

ちなみに…
丁寧語、尊敬語、謙譲語…解かりますか~?

いのっちさんも「お疲れ様」

| | コメント (1) | トラックバック (1)

夢と現実

フリーター20代は夢を追う、30代は現実問題(産経)

なるほどね…。

夢を追う為にフリーターですか…。

ま、20代の1位「自分に合った仕事を見つける為」っていうのも、
個人的には「?」ですけどね。
どんな仕事であれ、食うためなら必死でやるもんでしょうけど。
っていうよりか…「自分に合った」仕事が「わからん」のかい?
それって自分が「どんな人間か?」見えてないって事やん。

甘いなあ…。
甘い。

そーゆー人は…恐らく、夢の仕事に出会っても、
長続きしないでしょ。

あのね…好きな仕事に就いてしまうと…
今まで理想だった事の「裏側」まで見えて
まずは幻滅するのさ。
そこを超える苦しさを味わえるかな?

仕事は仕事と割り切れるから仕事。

「自分に合わない」
「上司とウマが合わない」
「認められない」…と、すぐ辞める奴は
でっかい壁なんか、乗り越えられないですわ。

いくらラジオが好きでも、音楽好きでも、
夜中まで苦労して仕込みしてるのさ。
娯楽産業って、
固形物を生み出さないから、
余計に難しいの。

何を人に提供してるか?

それは安らかな時間。

少しでも幸せな時間を過ごしてもらう為に、
悩むのです。
他人の事を想う気持ちが一番大事です。
でも、それを全く感じさせない事も大事です。

夢追いフリーターの希望職種1位が「芸能音楽関係」だそうで。

本気で願ってるのかい?

一流ミュージシャンだって
好きな音楽を抑えて、少しでも売れるように
妥協して音楽を作ってる事、わかってる?
板挟みで、スランプで、頭抱えてる現実、わかってる?

どんなお仕事でも、壁はあるのよ。

あのファンドM上だって、儲ける為に必死で勉強したはず。
偽装問題のおっさんでも、偽装する為には、それだけの
設計の勉強したから…。
どんな事でも、楽して出来る物は無いのよ。

ま、世の中の仕組みが悪いという現実があるから、
フリーターを一括りには出来ませんけど。

「なんとなく」とか「夢の為」っていう言葉が
引っかかってしまった記事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

未来泣き<サプリ

いやあ、久々でしたな。

今夜の月9ドラマ「サプリ」。

未来ちゃんの泣き芝居…秀逸でした。

三国連太郎の息子がピアノに近づいた所から、
じわじわと来た顔になってました。

ダダ泣きにしない辺り、大人芝居に
近づいてる感じです。

今回、バーター相手の主役さんが
大根バリバリだっただけに、
芝居が映えました(爆)。

段々、表情パターンも増えてきて、
出演分数も増えつつあるので、楽しみです。

楽しみといえば…シゲ。
こっちも、結構な出演分数稼いでます。

ねずみ男で留守の間に(東京タワーもヤバいようですが…)
形勢逆転の予感も…。

「UDON」のクレジットにはリーダーの名前も出てるし、
フジテレビさん、ナックスがお気に入りのようで。。。

ついでに、安田さんも、バラエティか何かで
出してあげてください。
特技は牛乳早飲みですから(笑)。
着ぐるみも得意ですから(爆)。

そんなこんなで「女王」と「どうでしょう」がシンクロしつつある
月9なのでした。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬか喜びんこ

最近アクセス増えたなあ~なんて

浮かれてたら…

結局、ほとんどスパムられてるだけやんかいさ。

んあ。

いつまでたっても減りません。

みなさん、クリックしないでね。
危ないよ。

見つけ次第、切ってはいますが…



さてと。
雨の月曜はU2ですな。
そんな中、
TCでは、おばけ特集。
いろんな情報頂きました。
有難うございます。

でね。

オンエア上は何事も無かったんですが…

ジングルとかBGMを出す「ポン出し」と呼ぶ
ボックスが卓上にあるんです。
これがね…

全く動かなくなったんです。数分。

技術さんに、接点、調整し直してもらったら
戻ったんですけどね。
一瞬、あせりました。

放送中は夢中で、気づきませんでしたが…
2年近くやってて、何度も起きるトラブルぢゃ
無かったんですね。

だから…もしかすると…

いたずらされたのかも?

なんてね。


ちょっと清めたほうがイイのかな?

まあ、霊って
水のある所と電波のある所に寄りやすいそうです。

川の横の放送局ですからな…。

なーむー…。

そして…
明日のキーワードは「食(たべる)」
テーマは「即席グルメ!」
そう。
インスタントラーメンのお話です。
あなたの好きな即席めんは何ですか?
盛り上げて参りましょ~♪

はあ…
なーむー…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

全英オープン見てる皆さん~

いや…どーでもエエんですが…

今、全英オープン見てる皆さん…

タイガーウッズの足元…
今日の靴、
どーみても、ツッカケ履きに見えるんですが…

どお?

ま、ええか(恥)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日は休日

唯一の休日=土曜ですが、
先週も先々週も、ゲスト収録などで
ちょこっとPORTに顔を出しました。
先週に至っては、雨で、日本沈没見た訳ですが、
今日は、梅雨の晴れ間。
タテに仮谷さん…ぼけーっとOA聞いた後、
久々にMTBを出して、町乗りサイクリングへ♪

本町→上古町→白山神社→旧電車道ときて
千歳大橋脇から…やすらぎ堤を戻りました。

で、いつものドッグカフェ「フラネール」へ。
午後早い時間で、お客もワンちゃんも居ず…。
と思ったら、グリがいました(笑)
060722_140102
















実は、このフレンチブル君はブログをやってます(笑)

遅めのブランチとコーヒー、頂いて休憩~。
その後、再び、カミフルへ。
ヒッコリーを訪ねました。
秋バージョンのポストカードの相談。
常連さんも、ぼちぼち居てて、
のんびり昼下がりです。
Tシャツを1着購入して帰りました。

家を通り越して、石丸電気へ。
DVDを2本買って帰りました。

ナイスの森 ナビゲートDVD DVD ナイスの森 ナビゲートDVD

販売元:レントラックジャパン
発売日:2006/03/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVD 新幹線をつくった男たち

販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2005/10/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ナイスの森は…前にシネウインドで見た映画。
まだDVDの発売は無いですが、メイキング的な
ガイドDVDがあるんです。
「新幹線~」は、2004年秋にテレ東系で放送された
ドラマで、当時見忘れた作品。偶然見つけました。

いやあ、なかなか充実した1日です。
そして今は…全英オープン3日目視聴中。


それにしてもイイお天気。
やっぱり、新潟のブログ民の皆さんも…
今日はお出かけして、写真撮ってたようで…
伊藤さんは「やすらぎ堤」など
Daaさんは「昼寝ネコちゃん」
◆「新潟シモ町暮らし」…上古の夜ですか…
花火星人さんは、愛車が故障のようで…
◆…ついでにNAMARAの江口さんのブログ
上古がらみで…(ワタミチはヒッコリーの向かい)
◆さらに…新潟では無いですが、
グリついで(謎)に、
「フレンチブルドッグのビスコの日記」
海辺のビスコです…。

充実けっこー!びば!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月16日 - 2006年7月22日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »