« 2006年1月8日 - 2006年1月14日 | トップページ | 2006年1月22日 - 2006年1月28日 »

2006年1月15日 - 2006年1月21日

2006年1月21日 (土)

みなさーん、雪ですよ~(馬鹿)

リンク: Yahoo!ニュース - 共同通信 - 21日は太平洋側積雪の恐れ 平地でも3-5センチに.

いつも思いますが…

首都圏や関西圏など普段雪が降らないエリアで
「雪が降る」という予報が出た時って…
例外無く、混乱しますなあ。

電車は遅れ、
不慣れな人たちが滑ってこけて怪我して
車はスリップして…それ以前に高速は閉鎖になって…

人間って学習能力おまへんのか?


ま、そーゆー訳ですから…
受験生諸君!
今夜は、一夜漬けせず、
潔く諦めて、すぐ寝なさい。

朝5時起床!
試験会場に7時半に着くつもりで
家を出るべし!
ん?
時間が無駄?
遅れるよりましやんけ!
駅前の喫茶店でモーニングでも
食いなさい!
今、やるより、直前やるほうが
記憶に残りまっせ。

ま。
あかん時はあかんし。
いける時はいける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

新ドラマ峰打ち<ガチバカ

「白夜行」のせいで、
スタートが1週遅くなってる
かわいそうなドラマ…

只野さん…いや、高橋さんも大変ですな。

まあ、どうです?
「落ちこぼれ」学級に中途で来た
「不良上がり」の「熱血」新任教師…

ある意味、TBSも度胸あります。

生徒役には
今後アイドルとして出せそうな
活きの良い奴らを劇団から出させて…
ほどよく軽めの演技が出来る
芸人、タレントを配置して…

とりあえずは主役が光るように演出する。

視聴率次第では映画化、シリーズ化を目論む。

アイドルも売り出せる。



んなところですか?



「いい加減目覚めなさい!」


視聴者は、今や
目が肥えてるんですよ。
ちょっと「定番」に毛が生えたくらいの「設定」では
満足しません!


イメージできる?

「あーあ。結局、最後はクラスが団結するのよね」
「他の先生たちも考えが変わるのよ」
「元理事長のあの人…湾岸署の署長が、理解者って役どころよね」
「じゃ、先見えてるし…唐沢さんと大泉さんのほうが展開気になるう~」
「でも、ダウンタウンも面白そうじゃん」
「…そういえば、ホリえもんも気になる。古館さんにしよ!」



こうよ。
結局、みんなチャンネルを換えるんです。
まあ、あなたたちのような凡人TVマンには…
本当に視聴者を感動させられる学園ドラマは…無理ね。

私のように、最終回まで根性据えて、放送できるかしら?

まあ、確実に…1話分カット…でしょうね。

(阿久津先生談)


残念ですなあ。★なし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

新ドラマ峰打ち<白夜行

えー。何度も言うように私は原作を読まない人です。
っていうか、本をほとんど読みません。
特にフィクション。

っていうことで、
このドラマの印象だけで書きますよ。


うーん。

興味津々。



先週は、
小早川初回チェックの為に
2時間拡大だったコッチは見れなかったので、
いきなり第2話からの視聴でした。

とりあえず、
なんで主人公2人とも
つらい日々を過ごしてるのかは
わかりました。

ただ、細かい人間関係が
わからん…。


この手のドラマは1話抜けると
本当に迷路に迷い込みがちです。

なので、
脚本的な部分は、また間を置いて
論じることにします。


では演出。
クレッシェンドらしいメリハリ効いたカット割りと
写しかたで、なかなか面白い。堤さんほどアクも強くないし…。
話の中に吸い込まれます。

芝居の付け方も
上手な役者さんを揃えてるので
イキイキしてます。
ただ…
武田鉄矢…なんで関西弁にしたん?
つらいよ。あれは。

演技はええのに…。もったいない。



って事で、
今回も注目は進藤ひかる…ぢゃなかった。
福田麻由子ちゃん

すでに2話で回想シーンのみの出演ですが
目が綺麗ですな。
「救命病棟24時」とも「女王の教室」とも違う
表情が見れて面白いです。
ただ、数年経って綾瀬はるかの顔になるとは思えませんが(笑)。
はるかちゃんってタレ目でしょ。
麻由子ちゃんって基本的にツリ目でしょ。
そのへん…無理あるのよね。
ま、男の子もブサイクすぎるけど(笑)。

ってことで、
7年後、麻由子ちゃんバージョンで
このドラマやってほしかったりして…。



あ、そうそう。
あと、あの電車(っていうかディーゼルカー)、
どこですか?
【淀橋行「急行」】って出ると
どうしても「京阪?」って思ってしまうのは
わしだけ…ですわな(汗)

ちゃんちゃん。



というわけで極めてTBS的で…
★★★★


今までのところ、
今季のドラマクオリティは…
日テレ>TBS>CX>テレ朝
って感じでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち<神はサイコロを振らない

あれ?10年前?…何してたっけ?


1996年1月…28歳か。

えーっと…802で「FUNKY EXPRESS」やってました。

週末は…ちわきさんの番組やってました。

ディレクターデビューから9ヶ月。
まだまだ、へなちょこでした。

最後のスーパーでちょっと考えさせられたねえ。

10年…短いようで長かったかも?
色々あったかも?



もし、その10年をわずか数時間で飛んだら?



いや。


筆が進まないですな。




ということで、
最初の予測どおり
このドラマが一番引き込まれました。

これといって特に目立ったスター俳優が出てる訳では無いですが
結構渋い配役で、ほどよいユーモア演出も冴えてて、
迫真の演技もそこはかとなく醸し出され…
次への展開も、想像し難い。

理想的な連続ドラマです。

ところでボンバルディアは、96年当時
使ってた機材なんでしょうか??

そのうち航空雑誌に載るかな?


ということで…
とりあえず初回は…

★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

万人のつぶやき<1.17に想ふ(TB集)

やはり検索かけてみると…
あの瞬間の事を想う人は多いようです。
それを共有することも追悼の1つと思い、
TBさせて頂きます。
あと2時間50分ほど…
そろそろ東遊園地の準備もされてる頃でしょうか?

スナフキンさん

しんやさん

ポメラニアンさん

ともんじょさん

30代バラ色人生さん

倉庫住居化計画さん

ZEROさん

まつがえさん

つれづれ日記さん

yasuさん

| | コメント (6) | トラックバック (1)

11年目の朝はもうすぐ…<阪神淡路大震災

神戸の…いや関西の放送局では
1月17日が終わらないと新年が来ない。



1年前は…KissFMのHOVID PARKを終えて、
そのままタワーサイドホテルで仮眠…
朝4時にKissに集合した後、アナウンサーさん、
編成Pとともに東遊園地へ向かった。

10周年となる慰霊の集い会場からの
レポート…。雨でした。

その前も…その前の年も…ここからの
中継担当をしていました。


未曾有の災害を経験した町。
受け手だけじゃなく送り手も
みんな被災者だった…

その「思い」が身に沁みてるのは
関西の人間と…
新潟の人間だけでは無いか?

もちろん地震は全国で起きてる。
しかし、あれほどの災害…



震災後、数年は
結構、全国ネットでも取り上げられたが
最近は、過去は過去…次に起こるであろう
東海、東南海、そして東京直下型に
シフトしている…
「大地震は本当に起こる」
この見出しをTV欄に見た時
正直、激しい嫌悪感を感じた。
「…とっくに起こったわい!」

そして、あの記憶は
絶対消えない。

恒例ではあるが…あの時の記憶を
残す為に、自らの手記を再録する。
2001年1月17日付で自分のHPに
書き残した物です。

「1・17に想ふ」

続きを読む "11年目の朝はもうすぐ…<阪神淡路大震災"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

おっさんテレビ

リンク: サンテレビ|おっ!サンテレビ.


いやあ、やりましたなあ…
知らん間に…

サンテレビジョンが変わって、
驚いたから「おっ!サンテレビ」…

キャラも、
おっさんの顔した太陽かあ。

ええ戦略やけど
放送コンテンツが付いてくるかなあ…。



サンテレビガールズも
おっサンテレビおっさんズに変わったりして?




にしても「カンテーレ」とかぶりすぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ossann

リンク: サンテレビ|おっ!サンテレビ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち<輪舞曲

長いねえ~!


劇映画一本分あるやんかいさ。


冒頭から説明も無しに
畳み掛けるように見せる。

約1時間掛けて
キャラクターの身辺をあぶり出す。

なかなか度胸あるやん。

ただ重い。
後ろに行くほどに
いつものTBS色が出てましたけど…
前半は、集中力を保つのに苦労しました。


それにしてもそれにしても…
杉浦さんやら橋爪さんを
悪役の親玉に置くとはビックリキャスティングです。

一つ間違えば…
町内会長と近所の床屋のおっさん(笑)。
見るほうにも新鮮です。

チェ・ジウ…
もうちょっと綺麗に撮ってほしかったねえ。
ちょっと陰影付けすぎて
老けて見えましたわ。


ってことで…竹野内さんよりも
今回の主役はフレンチブルのジャス君!

あいつ一匹のお陰で
このドラマが締まりますワン!

★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月8日 - 2006年1月14日 | トップページ | 2006年1月22日 - 2006年1月28日 »