« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »

2006年7月9日 - 2006年7月15日

2006年7月15日 (土)

日本沈没1位!?<スマステ「ツキイチゴロー」

1位 日本沈没
2位 M:i:Ⅲ
3位 ゲド戦記
4位 ブレイブストーリー
5位 サイレントヒル

だそうですわ。
ふーんそーなんかなー。
贔屓目かなあ…。

確かに、超大作だけど…
二人の芝居は上手いけど…
うーん。

ブレイブストーリーも低いな。
「子供向け」の一言で済まされたけど…。。。

ま。わしかて主観での評価だし。
ええか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子で何する?<ジダン頭突き

両親まで出てきて場外乱闘だそうです(苦笑)(ヤフー/デイリースポーツ)

目くそ鼻くそですな。

結局、みんな大人気ないのよ。
「だいにんき」ちゃうよ。
「おとなげ」。

でも、もしかしたら…
普段のJリーグとか、国代表の試合とかでも、
結構、こういうヤジとか、ののしり怒鳴りとか
あるのかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本沈没ぶくぶくぶく…

今日は、昼前PORTに出て、
ゲスト収録1本やった後、T-JOYで
今日から公開の「日本沈没」を見てきました。

週末で雨が重なり、ロビーはエラい混雑。
さらに、上映開始がポケモンと同じ時刻で、
行列もすごかったです。

いちばん大きいスクリーン6でしたが、
客席は…4割程度の入りでしょうか。
年齢層は…高め。
恐らく前作も見たであろう、老夫婦の姿も目立ちました。

以下はネタバレなので、見てない人はご注意を。。。。

続きを読む "日本沈没ぶくぶくぶく…"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

同い歳の誘惑…

志田未来応援ブログだそうです。

中1だそうです。

今の子は…いろいろ表現手段があって
よろしいなあ。

そうですか。
同い歳って、タレント、俳優のファンになる
きっかけになります。
思い起こせば…
自分もその口でした。

角川第三の女優…そう、原田知世です。

学年も同じで誕生日も5日違い。

なぜでしょうね。
すごく近い存在に思えてしまった。

7,8年ほど前、
ライブ後、挨拶できる機会があって
実際、お会いした時の緊張ったら。

そういえば、また映画に出るそうで。



中1か。
若いなあ。
ちなみに原田知世デビューは中2でした。

比較したらアレですが…
当時の「セーラー服と機関銃」の原田さんの芝居と比べたら
未来ちゃんの芝居の達者さは、雲泥の差。

どんな役者に成長するのやら…。

25年後…。

え!?
25周年?
こりゃ原田さん、おめでとうございます(謎)。

わしも歳取ったのお(げほげほ)。



そうそう。
今日から福田真由子先生ご出演の
「日本沈没」公開です。
間もなく舞台も始まるようで…。
6年3組の出世頭ですな。

で、馬場ちゃん、どーした?(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

見ーちゃったー♪<ゲト戦記

いっきにドラマねたを書いたんですが…
実は撮り貯めしてたのを、見たから。

木曜の晩は…市内某所で「ゲド戦記」の
マスコミ向け試写がありまして…。

しっかり拝見してきました。

えー…

いろいろございますので、まだ感想は言いません。
ネタばれしちゃいそうですし…。

いちおう言います。
普段、アニメ見ない人。
ジブリ党で、ジブリ信者の人、
今シーズンは、ぜひ、
「ゲド戦記」とともに、
「ブレイブストーリー」「カーズ」も見て
比べてみてください。
最新技術とは何ぞや?
アニメらしさとは何ぞや?
…そんな比較するのは面白いと思いますよ。

ん~。微妙な言い方ですが…

一般公開になってから執筆します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ってことで…もこみち待たずに新ドラマ総括(第1話編)

「レガッタ」が延長だったでしょ。
どっちを取るか判断して、「タイヨウ」を選んで
録画したので、もこみちは第2話へ持ち越し。
(たいして期待してませんが…)

ということで、だいたい新ドラマはチェックできました。

前から言ってますが、
NHKと、通常ターゲットとは違う設定のドラマは
除外しておりますので、ご了承を。。。

全体的に見て…
前期に続き、ドラマ作りが雑になっています。
特に日テレ。
「わかりやすい」事と、「荒っぽさ」をはきちがえてます。
ボケーっと見てても、わかる…それが
ドラマを記号論で描く事になってしまっていて、
本来、映像作品として大事な、隙間を埋めてしまい
色気の無いものになっているんです。

他方、どういう訳か、
一見、ベタに見える作品でも、その隙間の妙味で
クオリティを上げてるものもあって、ちょっと一安心です。

まあ、視聴率にがんじがらめの今日この頃、
予算的にも差が出てしまうのは、仕方ない事でしょうが、
金は無くても、アイデア1つで映像作品は化けます。

とりあえず、W杯も終わったし、巨人も弱いし、
例年よりは、ドラマ環境はイイはず。
★の少ない作品も、今後の修正で良くなってほしいです。

では、第1話初見段階での総括。

1位…木10(フジ)「不信のとき」★★★★
2位…月9(フジ)「サプリ」★★★★

…意外なキャラと様式美で「不信のとき」が一歩リードです。

3位…日9(TBS)「誰よりもママを愛す」★★★
4位…木9(テレ朝)「下北サンデーズ」★★★
5位…金10(TBS)「タイヨウのうた」★★★
6位…火10(フジ)「結婚できない男」★★★

マザカズマジックと遊川脚本で「誰よりも~」が頭1つ抜けてます。
同様のアクの強さで、「下北~」が追いますな。


7位…火9(フジ)「ダンドリ」★★
マニュアルドラマながら…若年層には受けそう。

8位…土9(日テレ)「マイボス・マイヒーロー」(★なし)
時間帯とターゲットを考えると…
「ギャルサー」「ヤンクミ」系統で視聴率的には良くなるかも?

9位…木10(TBS)「花嫁は厄年ッ!」(★なし)
最下位…水10(日テレ)「CAとお呼びっ!」(★なし)

演出面では、どんぐりながら、役者ではTBSの勝ち。
まあ、カスには違い無い。

さあ、チェックしてない研音三部作(笑)の最終兵器!
もこみちレガッタ号は…果たして、どこに割り込んでくるかな?
来週チェックします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

新ドラマ峰打ち<タイヨウのうた

山田出るだけで、TBSって感じ(笑)。

演出も、TBS的。

金10らしい描き方です。

とりあえず★★★。

このままベタで行けば★は減る。

とにかく映画が熱いうちにTVに持ってくる…
この手法自体は頂けないですが、
作品自体は、丁寧なので、見れます。

恐らく、沢尻は、コレでブレイクしそうだし、
唄う曲も、そのうち雨音名義でシングル出すんでしょう。

こりゃYUIより目立つ可能性もありらん?

ただ…
TVって、映画に比べると、
女優さんをキレイに撮るには向いてないんですな。

ちょっと前に見た「間宮兄弟」での美しさが
秀逸だったので、今回出番が多い分、
アラも見え隠れ。
森田監督の手腕が、逆にハッキリしました。

最終的な着地点が見えてしまう…というと、
常盤貴子とキムタクの「ビューティフルライフ」を
思い出してしまいます。
ってことで、★増えるか否かは、
役者の技量以上に、演出に掛かっておりまする。

しばらく静観。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち<下北サンデーズ

堤マジック出るか?

と思ったら、意外と普通っぽく作ってました。

とりあえず★★★。

逆に、堤さんで無かったら
もっと臭いドラマになってたでしょう。

いい役者を揃えましたし。

山口紗弥加の圧倒的な声量も、
佐田真由美のハジける芝居も、
竹山の丁寧さも、好感持てます。

佐々木&古田の2トップの安定感、
大島の安定感(別の意味か謎)

やっぱり堤さんで良かった。

上戸彩も、いい鍛えられ方して欲しい。
雑誌の記事だと、
これまで舞台の芝居は拒否してたそうだから、
今回のドラマで、いい意味の刺激を受けて
幅を広げてもらいたいです。

とりあえず、堤ワールドは
普通じゃないので、
そのヘンさに浸ってみましょう。

映像的には…
下北沢の街中で実際にロケする
度胸に拍手です。

他の作品もそうですが
初回は説明臭くなるのは仕方ない事。
2回目以降の展開に興味湧きます。

はい。
手放しです。
★増える可能性大。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

あーめあーめ…が、ふーれば♪

んはよーござます。
外が暗いです。
雨が強く降ってます。
まさか…が頭をよぎる方も多いでしょう。

ってことで…

新潟地方気象台HP
ウェザーニューズHP
NHK新潟放送局HP

…防災メモ
新潟日報HP

何事もありませんように…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

はい!おはよーございます

ラジオを付けた途端…
なんですか?

えんまりが紹介した漫画。

「臨死!!江古田ちゃん」これですか。

推薦してるブログもありました。

臨死!! 江古田ちゃん 1 Book 臨死!! 江古田ちゃん 1

著者:瀧波 ユカリ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち<ダンドリ

いやあ…ヘタウマなのか?単に下手なのか?

「危険なアネキ」の時も不可解でしたが、
たぶん、芝居に向いてないんでしょう。

まあ、とりあえずルックスいいし、
題材がチアガールって事で、良しなんでしょう。

夏の研音三部作その2。
このドラマから研音入りしたローサと2トップと思えば、
ちょい役で菅野も和服で出てましたな。
ちょっと出の奈々のバーターとは悲哀を感じます。

さて本題。

まずは…★★。

その1 新鮮さが無い。
その2 脚本が悪い。
その3 演出が悪い。

もお言い飽きましたね。

ウオーターボーイズ、
がんばっていきまっしょい、
そう。
夏のCXお得意のパターンです。
そう。パターン。
マニュアル通りに構成すれば、
部活を変えるだけで、いくらでも作れる
コンビ二ドラマですわ。

ただ…昨年が秘めたる情熱だったのに対して
今年は…ご陽気天然系。
なので…10代視聴者への受けはイイでしょう。
キレイどころで華やかなだけ関テレよりは
数字取れるでしょ。
ただ、
クオリティから言えば、雲泥の差。
役者も、弱い。
あえて言うなら…2トップを除く
初代チアメンバー3人は、上手い。
演出の芝居の付け方が下手なだけで
素質はイイ。
特にガリ勉まゆみ役の森田彩華さん、チェックです。
…あら、オスカーですか。。。
微妙な立ち位置ですなあ…。


本編とは全く関係無いですが…
男性教師鉄ちゃん3人組のシーンで不可解なところが…。
「今度の連休は、早春のしなの線で
クモハ201系の110番台の乗り心地を堪能する…
というのは、どうかね?」
という台詞がありますが…
しなの鉄道には115系と169系しか在籍してませんが
もし、201系だったとしても…乗り心地も何も…
すでに古い車両ですし、通勤型ですけど。

それ以前に…
本当の鉄ちゃんは…
「系」を付ける場合は、前に記号は付けません。
クハ、モハを付ける場合、それだけで1つの車種を
表してしまいますから…。
鉄道ファンを甘く見ないほうが…。。。。

あと、ジオラマを走るオーシャンアローは…
貫通扉側を先頭にさせてましたが、
美しさを眺めるなら、普通は流線型車両を
先頭にさせると思いますけど。

ま、本編には関係無いですが…。

チアガールの躍動感との対比に、
鉄道模型を使うのは、おやめ頂きたいものです。
ぷんぷん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

いらん心配ですが…用心に越した事なし

えー。
今夜、帰り道に空を見上げて、びつくり。

お月様が異様にでかくて、怪しい。

思えば、阪神大震災の前夜も
満月でした。赤い月でした。

だからすぐ大変な事が起きるって訳じゃないですが…

肌にまとわりつく熱気も気持ち悪かったですね。

月齢を見てると明日11日が満月。

そして例のブログでは…
要注意日が…11日、12日だそうです。

何も無い事を祈ります。

おやしゅみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアの皆さん、おめでとう。な今日1日。

昨日は、早めに寝て
目覚ましを4時にして…起きました。
川平兄が…ダイジェストを流してました。

そうです。1時間間違えました。

相撲の千秋楽同様、前倒しで3時キックオフだったんですな。

ってことで、前半の得点シーンは見逃しました。

後半得点無く、延長へ。

そして、あのシーンですわ。(スポニチ)

何か言われてブチ切れたらしいですが…

最後のPK戦まで見届けて、2度寝。

10時に再び起きて、出勤しました。

タテもやっぱりジダンの頭突きで目が覚めたそうな。

さて、今日は「無邪気遊び」というテーマ。
これがまた…男性チームの元気な事。
予想外に、沢山のメールを頂きました。
昨日、仕込みの段階で思いましたが、
男って、つくづく「お子ちゃま」なんですな。

無邪気そのもの。

あ。そうそう。お問い合わせも頂きました。
「第4回RCエアサーカスinARAI」
今週=7月16日(日)開催です。

個人的にも、すごく興味出てて、
見に行きたいですな。

わしもお子ちゃまでちゅ。

★明日の特集★
「縁日グルメ」…夏祭りの屋台ですわ。
ぜひ、好きな縁日グルメを教えて下さい。
集計して、人気ランキング発表に
こぎ着けたいと思います。

ちなみにわしは…
牛の串焼きとフランクフルト。
アメリカンドッグは嫌いです(謎)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤いクリップが家に!達成!

アンビリバボーでも紹介された
カイル君がついにお家を手に入れましたとさ(ITメディアニュース)

真似する奴が出てこない事を祈ります。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サプリ評続き<紺野なつきを見る

紺野なつき…そう。
伊東美咲のバーター(爆)で月9進出を果たした
志田未来ちゃんでございます。

そうそう。バーターと言えば…
主題歌の絢香も研音ですぞ。
まあ、「トップキャスター」と同じ手法ですわ。

さてさて…
未来ちゃん…なつきの年齢設定…10歳だそうです。
うーん…
Still0137








昨年の今頃なら、それもアリでしょうが…
そういえば…ちょっと痩せました?
帽子のせいか?
初回の出演は…
今岡の家にやってくる上の制服シーン。
そして…勇也にオムライス(?)作ってもらう
シーン。
Still0139








やっぱり、大人のドラマでの子役扱い…
厳しいところです。
ただ、役の設定は…
年齢の割に醒めた娘という事なので
芸達者ぶりが発揮されております。
別項に書いたとおり、
脚本のセリフ回しも、結構洗練されてるので
いい勉強になるでしょう。

女王、ハルとナツのように
感情出す役とは正反対の引く芝居…
今後、楽しみです。

でも10歳は…
ランドセルは…

東京電力のはねっ毛より厳しいかも…。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

新ドラマ峰打ち<サプリ

まずは…★★★★

え?いつも辛いのに甘いって?

ノンノン。

客観的な評価ですよ。

別に未来ちゃんが出てるから
贔屓してる訳では無いです。

もちろん、研音の看板姉さん=伊東美咲の
大根ぶりを差っ引いても、この評価でございます。

いつも言うように、ほとんど本を読まないので
原作がどんなモノなのか?全くわかりませんから
ドラマの出来だけど判断しております。

いわゆる月9枠ですが、
久々に伝統の月9カラーが良く出た作品でもあり、
脚本の丁寧さと、演出の丁寧さが好感持てる
ドラマだと感じます。

月9らしさ…というと、
広告業界という舞台設定の華やかさ、
キャスティングの華やかさ、
そして、ありえないほどの
キラキラした人間関係。。。。
今や死語となった「トレンディドラマ」というに
ふさわしい造りです。

脚本は…難しいでしょう。
言葉巧みな「広告業界」が舞台ですから、
それなりに、そこに生きる人々の言葉遣いも、
センスあるものでなくてはならない…
その部分が、そこここに出ています。

説明過多にならない言葉の選び方は
最近、アホでもわかる系の脚本が多い中、
なかなかの出来です。

演出面も、
設定が浮いた業界だからこそ…
丁寧に画作りしてるように見受けられます。
ミナミの部屋の作りこみも、
今岡の席の窓際の小物も、
結構、しっかり設定されてました。

前半部分、ちょっと広告業界への説明が
うるさい部分もありましたが、これは初回故の
宿命でもあります。

フリーターと売れっ子広告ウーマンとの恋。
そんな単純な設定に終わらない深みも
見え隠れしていて、今後の展開も、
恋以外の部分に期待したいところです。

まあ、手放しでの評価になってますが…
1ヶ所だけ、突っ込みを。

りょう演じるミズホの伝言メモが落ちて
ミナミが尻拭いする羽目になる…という部分。

大事な伝言って…普通、社内でも
メールしません?今どき。

ちょっと無理がありました。

あ。
忘れるところでした。
道民の皆さん!
ナックスファンの皆さん、おめでとうございます。
シゲがおかまアートディレクター役で
全国区進出でございます。

見事に、キャラアピールできてましたな。

ミスターも、さぞかしお喜びでしょうぞ。

まあ、顔が顔だけに…
今後、にょういずみさんを抜く事も…。
ちょっとそのへんも楽しみですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

決勝、まだまだですな…

というわけで、さっき、以前のブログ(ふぐ日記2)記事を
HPに移すために、
ワードにコピペする作業をしてました。

こっちに引っ越す事も出来るそうですが
なかなか理解できないので(汗)
原始的な方法で、やっとります。

しかし…今でもそうですが、
乗ってる時は、一晩で何本も執筆するもんですから
昨年12月~11月の2か月分をワードにコピペするだけで
なんと30頁以上にもなってました(笑)。

我ながらすごい。

地道にやっていこうとは思いますが…
この後遡れば…夏の女王ネタとか、文字数多い記事も
色々出てきます。

HPに載せたところで、驚愕の記事数になりそう…。

本にするかい?(笑)

さてと…
まだあと3時間半ですか。

起きてられるかな?

あ。そうそう。


今日、いつもどおり、だらだらと起きて
カナちゃん先生の番組聴きつつ、支度。
昼飯食った後、出勤しました。

「おはよーござまーす」とPORTの扉を開けたら…
みんなで冷蔵庫前に大集合して大盛り上がり?

??

覗き込めば、満杯の冷蔵庫の発掘作業してて
何やら不思議な物体が、次から次へと出てくる(苦笑)。
中には、日韓W杯当時の飲食物…。

摩訶不思議な色の物とか…。

何故か出勤してすぐ、大掃除となりました。

お陰で、もやっと冷蔵庫ちゃんがすっきり。

ちょっとは省エネに貢献できたかな?

っていうか、普段からキレイにしましょうよ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

誰よりもママを愛す第2話

おやおやあ?
遊川さん…女王が恋しくなったか?

なんか、薫くんのいじめのシークエンスが
女王入ってましたね。

子役も演出もダメダメでしたが…。

うーん。
やっぱり、こうして見比べると
制作陣の気合が…違うんですねえ。

大人の芝居部分よりも手抜きになってるというか
サブ的場面だから…あの程度って感じなのか…。

題材同じなだけに、もったいない。

帰国子女のあの子は、
やっぱり進藤さんをイメージしてますよね?

でもなあ…。

大人芝居がいいだけに、もったいない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気づけばもうすぐ…

夏祭りシーズンですが、
気づけば、博多祇園山笠の追い山まで、1週間を切りました。

以前は、毎年、朝4:50に目覚ましをセットして
ABCテレビでネットしてた、KBCの「走れ!山笠」の生中継を
見てたものですが…
新潟ではネットしませんしね…。

一度は生で見てみたい。。。

ちなみに今年は、15日が土曜日。
例年以上に盛り上がることでしょうな。

ビーフラ終わってから行くには…無理だし…。
(新潟―福岡の空路は1日2便)

残念。

ちなみに今年の順番が出てました。

恵比須流
土居流
大黒流
東流
中州流
西流
千代流
(上川端通)

…決戦は土曜日…か。



ちなみに、大阪の天神祭は…その10日後に船渡御です。
だんじり好きにとっては、昼間の陸渡御のほうが好きですけど。
やっぱり花傘行列の女の子の「そーれー!」の掛け声と、
催太鼓の、腹の底に響く重低音…ええなあ。

人ごみは、キライだけど…。

今年はテレビ大阪、2時間半に生中継拡大だそうですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪湾クルーズ復活<神戸―関空間ベイシャトル

ベイシャトル、13日から復活(朝日)

震災直後、取材の際に、使った覚えがあります。

神戸ポートアイランドから関空まで運航していた
高速船です。

これが結構、気持ちイイの。

関空アクセスといえば、
JR「はるか」と「関空快速」
南海「ラピート」「空港急行」
あとは…リムジンバスですが、
神戸からの場合、電車を乗り継ぐ事を思えば
バスが一番、楽なアクセス。

でも、海の上を行く「異空間」が、旅心をくすぐるんです。

もちろん、乗船までの時間や、
関空の島に着いてからターミナルまでの移動は
面倒ですが…電車でのイライラや、バスの揺れ、狭さを
考えれば、結構、楽しい船旅だと思います。

今回は、是非、軌道に乗ってほしいですね。

もちろん、泉州地域から神戸観光への
アクセスとしても、おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三菱らしい…<キティ仕様のi

なんで1台限定なんやろね。(朝日)

キティちゃんファンとか、
リカちゃんファン、
スヌーピーファン…

結構、多いはずですよ。

客呼びにいい効果…と見込んでの話でしょうが
関西人的に言えば、量産を計画するほうが
将来的にイイ結果になるはず…と考えてしまいます。

最近コンビ二でよく見るのが
ペットボトルの首に引っ掛ける「おまけ」。
コレもコラボものが多いですが、
超期間限定で、短いと1週間程度で姿を消してしまいます。

何が出るかわからない楽しさと貴重さ…
購買意欲をそそります。

もちろん車は高価な買い物ですから
同じような動きをするとは限りませんが、
ある程度安価な軽自動車で、
女性向けの商品ですから、
受けるはずなんです。

東京の中心地で展示して抽選販売1台…
っていうのは、もったいないと思いますが。

厳しい三菱の状況では無理なんでしょうか?

コラボシリーズが受ければ、
スヌーピーやら、リカちゃんバージョン…
いくらでも展開は、考えられますし、
4WD系で、男性向けのコラボや
和柄コラボ…とか…限定車企画を恒例にする…
そんな商品アイデアは、いくらでも
展開できるはずなんですけど。

ま。ええか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新ドラマ峰打ち<マイ☆ボス・マイ☆ヒーロー

わからん…

日テレの考えがわからん…

水曜だけならまだしも…

土曜と揃って2本とも、ヘタレドラマ並べた。

クオリティの低いドラマばっかり作ると
若手が育たないぞ。

いかんな…。

同じパターンばっかり。

突飛な設定と、食い付きのいい主役、
安定した芝居でクオリティの高い脇役。

解かりやすい記号論の演出と、
アホでも解かる脚本。

申し訳程度の、キラリと光るセリフ1行。

そして主役と接点のある主題歌タイアップ。

どれもこれも同んなじ。

この作品でも、
岩城さん、漣さん、市村さん…エエ人出てるけど
もったいない…。
放物線をノートで丁寧に見せるなら
映像でも、金掛けて放物線描けよ。
小学生が誤解するぞ。

プリンが限定で十数個?
業者が入ってるなら、あれだけ殺到する生徒見たら
増産するって。
何よりも、4時限目の授業に支障をきたすプリンの販売方法は
教職員の間で問題になるでしょ。
何よりも、教室の配置がおかしい。
黒板両脇に扉を設けたら、
校舎のほとんどの教室では、
窓が後方だけになって採光に問題が出るぞ。

もうひとつ言えば
冒頭のシーン。
ヤクの取引シーン。
密かな取引の現場に、なんで
スポット照明や派手なデコレーションあるの?
訳わからん。
横浜のベイエリアのど真ん中で
ヤクザ同士が怒鳴りあえば、警察飛んで来るし。
安易すぎる。。。。

なんとかエエところを探そうと
じっくり見たけど、無駄でした。

★なし!



えー…中間報告になりますが、
2006年度…前期に続いて
クオリティ低いドラマ多すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »