« 2006年6月18日 - 2006年6月24日 | トップページ | 2006年7月2日 - 2006年7月8日 »

2006年6月25日 - 2006年7月1日

2006年7月 1日 (土)

7月4日説

なにやら…7月4日が危ない…という噂がちらほら。

あくまで噂なので…。

ん?

あ。地震の話です。

今朝、仙台方面で震度3あったようなので
久々に、この怪しいブログを見てみたら…

昨日の時点、数日前の時点で、
東北での地震注意を呼びかけてましたわ。

ちょっとココ数日、チェックしておきますかな。

それにしても7月4日説の根拠とソースは、
どないなってるんでしょうかね???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

というわけで早速…ブログチェックシリーズ<美紀ぴょんは酒飲み大王

おっと訂正(笑)
酒飲み×→珍味食い○

今、お芝居「開放弦」稽古中だそうで、
その稽古場近所で、飲み食いする日々のようです。

ブログに「鳥レバー」について執筆されたのをきっかけに
珍味話になっておりまして

このわた…
めふん…
くちこ…
からすみ…

「このわた」「からすみ」くらいは名前だけ知ってますが、
どれも口にした経験、無いですなあ。

そもそも酒が弱いので、
なかなか「しょっぱい系」酒肴は、
口にしないですわ。
この歳になってても…。

酒の味自体は好きですが、
肝臓ちゃんの処理能力が
なかなかなしょぼさで、グビグビできないのです。
普通に焼き鳥とか刺身をはじめとした
酒肴系は大好きですが…
「しょっぱい」系となると、口にしにくいですわな。

いやあ…3○歳、脂が乗ってて舞台に賭ける女優!
豪傑の飲みっぷりなんでしょうなあ…。
もしかしたら…わしより新潟の銘酒、詳しかったりして。
打ち上げの美酒美食の為に…新潟公演を選んでたりして?

はは、こりゃ失敬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れてた(汗)<水野美紀様…●●歳、おめ…

あーあ。また忘れてた(汗)

6月28日には美紀ぴょんの誕生日でした…。

仕事のせいにしては、あきまへんが…
仕事のせいです(爆)
あ、あと、「どうでしょう」と「女王」のDVD発売が
重なってたりして、
多趣味ゆえ…あ===!言い訳ですな。

美紀ぴょんも、いざっちも、みんなも申し訳無い。。。

さて、そんな「めでたき日」に、
かねてより予告がされてました、
美紀ぴょんブログがリニューアルされておりました(引越し最初の記事)。
題して「いいことばかりじゃないけれど…」(ブログTOP)

いやあ、侘び寂びあるタイトルです(笑)。

すっきりしたデザインも、なかなか。
TB,コメントも受け付けてるようなので、嬉しい限りです。

さあ!妥当!…じゃなかった…
打倒!眞鍋はん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

んはよーさん。<やまちゃんの代打

ほげー…4時半に目が覚めました。


午後の…。


実は、GOOD MORNING PORT CITY SAT.、
今朝は、Dのやまちゃんが、とある事でお休みで、
代打でキュー振りしてました。

朝ワイドは、2年半前に神戸でやってし、
802でもジーンさんの番組やってたので、
慣れてるはずですが、やはり久々の登板。
5時間やって、昼を過ぎると、急激に睡魔が…。

タテに苦笑いされながら、帰宅。
げんこつの頭、聞きながら深い眠りに落ちました。

それにしてもそれにしても…。
もお、この仕事15年もやってるのに、
他人の作った台本には、手古摺ります。

私の場合、完全な右脳派なので、ビジュアルで入ります。
台本1枚で1時間…コレが基本。
つまりA4縦型の紙に、書くので…
上から下へ。
左から右へ。これは同じだけど、
真ん中あたりが毎時30分頃、
上から3/4くらいが45分くらい…
というバランスで書きますから…

たとえば、ゲストコーナー30分…と言う場合は、
紙の半分くらいは、「ゲストコーナー(別紙進行参照)」と書いて
あとは空白…てな感じです。

しかし、やまちゃん台本では、完全に上詰め。

オンエアしてて、今自分がどこにいるのか?
見失いそうになる…今日の何回か、
はた!と気づけば、エラ押ししてた…という場面があって
慌てましたね。

そして、いつもどおり、少々慣れてきた頃に、
エンディングを迎えていました(苦笑)。

まあ、1回やれば、次回は大丈夫でしょうが。

あ。
こう書いたら、また、頼まれるかも?うにょ。

とりあえず、基本、土曜が休みなので、
当初、午後は、シネウインドで、
映画「ナイスの森」を見る予定でしたが、
んな感じで「おねむ」だったので、予定真っ白。

ブログ執筆してるうちに、やっと脳が覚醒してきたですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

関西のラジオ

今日、パライソなどやってるチームが
送別会に行って、夜のPORTは静かでした。
Eディレクターが、新潟勤務から離れて
東京仕事だけになるそうです。

お疲れ様でした。

Eさんと言えば、おととし秋、
初めてPORTで番組をやる…となった際、
昼間の番組(仁さんナビでした)を見学させてもらった時の
担当Dでした。

それまで関西の番組しか知らなかったので
東京式の番組作りに、目からウロコだったことを
今でも覚えています。

穏やかでにこやかな方でした。

そう。
番組台本の形が全く違ってて
関西式(細かく言えば制作会社によって違いますが)は、
曲の枠と、しゃべりの枠だけで、
いわゆる本当の進行しか表記せず、
「しゃべり」の原稿は、別紙なのが一般的ですが、
東京は、しっかり原稿も一体化させてる…
そんなところが、大きく違っていました。

元々、東京のTVやAMは、
放送作家という仕事がしっかり確立されていて、
放送台本は、一言一句書かれてるそうです。
関西の場合、構成作家と呼ぶように、
「どんなネタをしゃべるか?」をアイデア出しする人。
だから、台本も、ざっくり空白があって
ちょろっと「ニュースネタ15分」と書いてる感じです。

つまり、関西の「しゃべり手」は、
芸人中心なので、フリートークがメイン。
成り行き次第のワイド番組が、ほとんどだったんです。

ボクが若い頃のAMラジオでは、
音楽がかかる番組は…ほとんど無かった記憶があります。
道上さんの「おはパソ」でもOAされる曲と言えば
阪神が勝った時の「六甲おろし」くらいだったはず。

逆に、頭に焼き付いてるのは…
番組のテーマ曲。
今でも使われてる「ありがとー♪ありがとー♪ララランランラランラン」とか、
「ラージーオー聞くーならー♪ラジオおおーさかー♪」
ま、浪花のモーツァルト=キダタロー先生のテーマ曲なんてのが
インパクトありましたっけ。
ノンストップゲームとか2時のワイドショーとか…
かに道楽や出前一丁のCM曲も先生作曲でしたね。

しゃべりの話に戻ると…
オープニングからトークが止まらない番組も多いです。
さんまのヤンタンだと、オープニングテーマが流れるまで
30分とか…当たり前でした。
浜村さんも、50分くらい新聞ネタ、しゃべりますし。
ぬかるみに至っては、1時間近くしゃべって
CM3階建てって回もあったような…。

昼間のポップ対歌謡曲では
30分番組の中、クイズ3問で曲が3曲かかる構成なのに
曲がオンエアされる時間は、毎回3,4分でしたっけ。
3問目なんて、1コーラスかかる事も少なかったですね。

そんな土地柄に開局した802の成功は…
思えば奇跡に近いかも…。

ただ、AMと共通する意識があったのも事実で、
構成のフレキシブルさ。
手前が押したら、後ろで巻く。
何か突発的な事があっても、枠をはずして対処する…。
そんな「生」らしさが、ありました。

確かに、そんな風習は…
今のTCにも影響してるような気がします。

東京チームと関西チーム…
お互いの良さが共存するPORTの番組…
これからも切磋琢磨で頑張りたいと思った
6月下旬の夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あほちゃいまんねん?

関西だけですか?<「かしこいなあ」(朝日新聞)

いやあ、普通の褒め言葉だと、
ずっと思ってましたわ。

「いやあ、ボク、おとなしィしてて、かしこいなあ」
っていうおばちゃん、よく見ましたけどね。

関西だけの言い回しって、
関西人には解かりませんね。
他所の土地に来て、初めて解かる事実。

「その箱、押入れに、なおしといて」
これも…。「しまう」と言わないと通じない。

まあ、泉州エリアでしか通じないのもあるようですが。

「おまんに座る」…女の子が正座を崩してべチャ座りすること。
「ひにきる」…つねる事。

ほとんど通じないのもありました。
これは…うちの校区だけだったのか?
「じゃっぱん」…馬飛びのこと。

あ。子ども時代ついでに…
数をかぞえる言い回し…一般的には
「だるまさんがころんだ…」
関西では
「ぼんさんがへをこいた…」
じゃじゃじゃあ…
2チームに分かれての集団鬼ごっこは?
ウチのほうでは…「たんてい」
FM滋賀の番組の際のリサーチでは…
「どろけい」とか「けいどろ」

で、チーム分けするときの数え歌が…
「いーろーはーにーほーへーとーちーりー…盗人」
「るーおーわーかーよー…探偵」
これ、わかる人、いませんかあ?

数え歌ついでに…
これわかる人!
「げーたーかーくし、しゅうーれんぼー♪
はーしのしーたの ねーずみがー♪
おじょりをくわえて ちゅっちゅくちゅー♪
ちゅっちゅくまんじゅーは だれがくたー♪
だーれもくわへん わしがくたー♪
おもてのかんばん しゃみせんやー♪
うらからまわって さんげんめー♪
いち!に!さん!

関西だけやろか?
泉州だけやろか?
それとも貝塚だけ?
まさか…南校区だけやったりして???

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

夏フェス中止

ヒステリックサマー2006in白河が中止(ヤフー/河北新報)

へえ、こんなイベント、あったんですか。

全然知らんかった。

っていうか、ヤフーで検索かけても、
あんまり引っかかりませんけど…。

チケットが1000枚程度しか出てないのも
わかるような気がします。

結局、アクセス悪くても、一組旬のアーティストが居れば
そのファンが呼び水になるもんです。

新潟のイベントは、どうですか?
ぜひ成功を!

【追加補足】只今さんちでも書かれていますが
イベントというのは何事も、宣伝が大事です。

ココ最近、各企業はHP,ブログを公開する事が
普通になっていますが、単純に企業パンフ代わりにしか
なっていないモノが多すぎます。

活きた情報こそ、外部へのアピールになる訳で
ただ「合併します」「だからイベントやります」だけでは
前に進まない…という事です。

FAQはしっかり作っていたのでしょうか?
販売システムは、イベンター任せにしてなかってだでしょうか?
広告戦略は万全だったでしょうか?
首都圏や各地方、近隣県域へのアピールはできていたのでしょうか?
しっかり振り返って頂かないと、
チケットを購入した1100名だけでなく
メーカー、プロダクションにも失礼です。

大阪でも新潟でも、イベントごとは山のようにあります。

なかなか成立、成功する…というのも難しいのは、
どこも同じです。当たれば「まぐれ」では無く、
成功例には何らかの「理由」があるはずです。

これはイベントだけでなく、
あらゆる企画に当てはまります。
想像力を豊かにして、しっかりシュミレーションできる
脳みそを、スタッフ一人ひとりが持つ…
それが一番大事です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

帰省のこと

今回の帰省には、もちろん飛行機を使いました。

チケットレスとIC携帯のお試しの意味もあって…。

ネットで予約、ローソンで支払い、
前日夜にウェブチェックインして、当日朝。

空港へ行っても、時間が有効に使える事!
競争してチェックインの機械争奪戦も無く、
座席指定に悩む事も無い。
ゆっくり土産屋を巡って、飯食って、セキュリティへ向かいました。

ゲート手前でピッ!「おお!」スタッフに笑われました。
搭乗の際にもピッ!「おお?」
「どうぞ、お通りください」…あ、そーですね(恥)。

便利だわ。

しかし…往路、ボンバルディアのプロペラ機を試そうと、
昼の便を選んだんですが…コレが失敗。
バスに乗って、移動するんですな。
これまた時間がロス。搭乗すれば、中狭い。
プロペラが始動すれば、音と振動。
CAは2人しか乗ってない。
もちろんTV無し。

次回からはMD90選びますわ。。。。

そうそう。
今夜最終回でしたが、「アテンションプリーズ」のお陰で
CAさんを見る目が変わりましたね。
今まで何十回と乗ってるはずなのに、彼女達の
丁寧な所作に気づいてませんでした。

カッコいいだけでない姿…感心してしまいましたわ。

ちょうど伊丹に到着した際、
タラップの下で待機してたグランドホステスさんの胸には
「練習生」のバッジ。心の中で「がんばれ」と応援しておきました。

それにしても暑い大阪!
オーブンの中のような暑さが、空港の舗装の照り返しで
当たってきます。汗出る出る。

ちょうどイイ感じでバスが来て、梅田へ出ました。
前回、12月のバースデー割引日帰り強行帰省の際は、
空港からレンタカーで直接帰ったので、
梅田界隈を眺めるのは丸一年ぶり。
変貌に驚愕しました。

ソフマップの場所にはGAREウエスト。
JR駅構内の工事も進んでました。
ICOCAにチャージして改札の中へ入ると、5・6番線へ。
すでに7・8番線の工事も、ほぼ終了。
なんか背が低く感じると思えば、
ホームの屋根が高くなってたんです。
将来ドームになる位置だけ、仮設の屋根に。

あれ??環状線ホームが近い…。

そうでした。
環状線ホームは…環状内・環状外表示から
1・2番線に変更されてたんでした。
以前、3・4番線だったココが5・6番線になってるので、
前より島1つずつズレてたんです。
駅の両サイドも、配線変更の工事が進んでいます。

御堂筋口側の階段を一旦下りると…
中2階通路が無くなっていて、天井が大変高く改造されていました。
7・8番線方向は昔のままなので、どれだけ変わってるか、
比較できて、面白い状態。
いつの日か…旅情漂う11番線も消えるんでしょうね…。

環状線で関空快速に乗り、一路、泉州へ。
久々に運転室かぶりつきで前方を眺めてたんですが…
美章園先の阪神高速下あたりから新高架へ移りました。
なんとも真新しい高架。
左下には、昔の線路が見下ろせました。

長居の待避線は無くなり、
手前の鶴が丘に待避線が出来てました。
Jリーグ輸送対策でしょうか。
我孫子町先の左カーブで、いっきに下り、
杉本町直前で旧線に合流。
「ぼろぼろ」という言葉がふさわしい
昔ながらのホームを通過しました。

それにしても、キレイな高架は、揺れも無く
快適ですが、各駅ホームのデザインは画一化されていて
寂しいものです。

30年以上見慣れた沿線だけに、余計、そう感じます。

ってことで、和泉橋本の駅も家までの道も、
村の中も…相変わらずの風景。ちょっと安心しました。

しかし…翌日の帰り道。
ちょっと気づいてしまいました。
昔なら…雨上がりの道には蛙の死骸が
いっぱい道に広がってたものですが…
食用ガエルの声さえしない…

田舎のように見えてても、
それだけ動物には生き辛い環境に
なってる証拠でしょう。
わずか30時間ほどの在阪でしたが…
新潟空港の扉を開けた瞬間、声が出ました。
「さむ…」
やはり、北の国なんですな。
お天気は確実に1日ずれてますし。
距離を実感してしまいました。

そうそう、忘れてた。

帰りの伊丹で、スタッフへのお土産を購入するのに、
お財布ケータイの威力を発揮。
JALのICも、ANAのedyも試しましたが、
キャッシュレスの快感!
小銭いらずの おつりいらず。
こりゃ便利ですわ。

確か、フード系ショップでも使えたはずですから、
次回は…コーヒー一杯もキャッシュレスでいきますか。

んで…JALさん、
早く、MDから737に変えて、
新潟線にも「クラスJ」導入してくだちゃい。
混んでる場合、あの、ちょっとした広さが有り難いんですわ。

さーて…次回は…岸和田祭かな?
それとも地元熊取の祭かな?

去年、悶々としたから今年は絶対、
休んだるねん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うれしーからのお題。

出張あるそうなので、数日残ってると思います。
うれしーが公式日記で書いてるお題。


ある日、日本全国のTVが映らなくなったらどうなるか?

まあ、技術的にFM波が飛ばないなら
TVと同じFMラジオも飛ばないでしょうが…
ま、空想な話ってことで…。

朝起きたら、全くTVが映らない。
てっきり家の受像機の問題と思い込み出かければ
全国全ての事件だとわかる…。

うれしーは、号外で知ると書いてますが…
一番情報が速いのは…ネットをチェックしてる人でしょう。
その次は、ラジオのリスナー。
人寄り場所で、耳にするんです。
「ラジオで言ってたよ」
「ヤフーで読んだ」
すると…人というのは真相を確かめたくなる。
ネットは重くなる。
じゃ次。ラジオだ。
自然と、人々は情報をラジオに求める。
じゃ、家に帰ったら?
帰り道に、レンタル屋に寄る人が急増するでしょう。
遅く帰る人は、メジャー作品は、ことごとく「貸出中」。
映らないTVは、ただの箱。
GyaOも、繋がりにくいでしょう。
パソコンも悶々状態。
シネコンのレイトショーなんて満席だらけ。

初日の晩の反省から…二日目は、居酒屋、カフェ、レストラン、バー、
キャバレー…夜の店、大繁盛。
あぶれた人は、カラオケ屋、バッティングセンターなど…

そして三日目…財布が寂しくなって…
ボードゲームや読書するインドア派、
ウォーキングや夜釣りするアウトドア派が出現。

1週間も経てば…人は慣れるものです。
すっかり、いろんな「楽しみ」を覚える…。
ラジオの面白さに気づく人も、増えたりして…。
1クールも続けば、スポンサーも増えるでしょうな。

ってことで、
TVが復活した日…
それは、人々がTVと上手く付き合える
1ランク上の視聴者になってる…そんな気がするんです。

そして、子どもが増えたりして…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月27日 (火)

30000~!

おかげさまで3万アクセス達成。

おおきにい~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恒例!新ドラマ期待値

ということで、春ドラマ最終回ウイークなので、
夏ドラマをチェックしていきましょうか。

月9(フジ)「サプリ」…久々の「月9」らしい色のドラマ。
             伊東美咲と亀梨の大根ぶりを
             じっくり見ましょうか(笑)。
             未来ちゃんが主役を食った芝居を
             してくれる事を期待してしまいます。
             ★★(未来ボーナス1ポイント)

火9(フジ)「ダンドリ」…ドがジなら…(なんでもな~い)。
             2日続きで研音ドラマですか。
             奈々&ローサのアイドルドラマ。
             普通にしてれば、数字取れるパターンの
             夏休み独特のネタですな。
             昨年、火10で関テレが女子ボートを
             やったので、フジもやってみた…
             そんなところでしょう。
             ★★★(結局毎週見そうな気が…)

火10(フジ)「結婚できない男」…アベちゃんですか…。
             関テレ枠は、毎回違う手を出すので、
             まだ何とも…。
             ★★(トリック好きボーナス点1点)

水10(日テレ)「CAとお呼びっ!」…あーあ。
            折角フジが上戸ちゃんでイメージUPしたのに
            漫画原作で、台無しに。
            これまたナース観月で、ドタバタですか。
            (★無し)

木9(テレ朝)「下北サンデーズ」…おや?!堤はんが監督でっか?
           それも小劇団ネタ。これは題材としては楽しみ。
           上戸ちゃんも達者だから、いい相乗効果が
           現れれば、もしかしたらもしかする…。
           ただ、テレ朝なので過剰な期待は禁物か。
           ★★★★(やっぱりトリック贔屓点2点)

木10①(フジ)「不信のとき~ウーマンウォーズ」…あーだめ。
           米倉って最近、この手のが多いね。
           たまにはコメディもしたいでしょうに。
           ま、有吉小説原作って事で、クオリティは
           制作サイドも気にするでしょう。
           ★★★(標準の期待値)

木10②(TBS)「花嫁は厄年ッ!」…最近ノッてる篠原か。
           それだけだな。未知数。★

金9(テレ朝)「レガッタ」…研音3本目!もこみちか…。
          ボートねえ…がんばって~いきま…
          ★(男だもん苦笑)

金10(TBS)「タイヨウのうた」…おいおい。映画公開中やん!
          TBS、このパターンやめい。
          また山田だし。。。(★なし)
          沢尻は…少々気になるが…。

土9(日テレ)「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」…期待できません。
          この枠って…こんな枠でした?
          1年前の事を想うと悲しい…。(★なし)

日9(TBS)「誰よりもママを愛す」…田村さん…どやろ?
          日曜劇場らしい作品だとは思うけど。
          (★なし)

いやあ、しょぼい。
この夏は、数年ぶりの不作の予感。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

…それから●年後…<トップキャスター

あーあ。やっぱりか…

月9ドラマ「トップキャスター」もお決まりのパターンで
終わりましたとさ。

…それから●年後…

「おいしいプロポーズ」もそうでした。。。
振り返れば「踊る大捜査線」もそうでした。。。

明るい未来を見せてハッピーエンドを演出する
常套手段です。

思えば…「女王の教室」も…。

それまでの1クールを事細かに描写するのとは
正反対の切り方です。
結局、日常生活は、紆余曲折あるもので、
それがドラマとして成立する訳です。
たぶん、あらゆる人生でも、
そんな上がり下がりありながら、
死ぬ間際は…
「それでもイイ人生だったな…」と振り返るのと
同じ事なんでしょう。
苦しみ悲しみをカットして、総合すれば
良い人生だと思える。
そこを強調すると、どんな事もハッピーエンドだと。

たとえば、
「おいしいプロポーズ」の場合、
春樹は父親と縁を切って独立し、小さな会社を
立ち上げるまで1年経過している。
鈴子は、渡伊の後、帰国してイタリアン屋台を
開店している。
それまでは、お互いに試行錯誤してるはずで
それだけでも、それぞれドラマがあったはず。
しかし、苦労した「経過」を差し引いても
再会の瞬間の大きさの価値が大きい…
そういう訳で、それまでのドラマ描写と比較すると
ハッピーエンドとなる。

「トップキャスター」でも、
望美も椿木も、様々な出来事を経た上での
復活だったはず。
しかし、その間の出来事よりも、
THE NEWS復活初回でのサプライズの喜びが
何よりも嬉しい瞬間だ…そういう事だ。

もしかすると…
明日の「アテンションプリーズ」も
同様のパターンか?


さあ。
このパターンを恐らく使う事が無いであろうドラマが1つある。

「渡鬼」だ。

このドラマの場合、大事なのは、
大筋ではなく、日常のドタバタだからだ。
わずかな「いざこざ」も捨てる事無く描く事で、
輪廻転生のごとく、
いつまでたっても同じ事を繰り返す…それが人間…
と言わんばかりに、笑顔の後に困惑の顔が出てくる。

だからこそ、世話焼きな「おばちゃん」層が
毎週見てくれる…。
人が生きながらえる間、渡鬼ワールドは終わらない。

もし、これが1クールのドラマなら?

どんな演出になるんだろう????

やっぱり魅力半減だろう。

橋田さんに気に入られた役者さんの無間地獄は続くのでした。(石坂浩二風)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

かなこ…って。。。。ビーフラ?

かなこさんが保護されたそうです(MSN/毎日)

なんかリアルですねえ。
電話のやりとり。

犯人の言葉が丁寧なのが違和感感じます。

なんか…普通の誘拐と違うような…。

マンションでちゃんと居てたってのが…。
普通もっと、わからん場所ちゃう?

ま、ドラマちゃうから推理するのは控えましょうか。

いやあ、まあ、よく言われますけど
誘拐ほど、成立しない犯罪も無いでっせ。
今回なんて13時間だもんね。

あと、言えるのは…
お金持ちは、あんまり派手に
TVに出るのも考えモンでっせ。
目立つ事するなら、プライベートにも慎重に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

北の国から…?

いやあ、久々に感じましたな。

新潟空港のビルのドアを開けたとたん…

さむ…。

なんでしょう?
わずか24時間でしたけど…
体は大阪の蒸し暑さに慣らされていたんでしょうか?

2日前までは、普通に暑く感じてた気温なのにねえ…。

さあさあ、
明日からは、またお仕事ですよお。
しっかりしましょー。

おやおやあ…
イングランド戦が始まりましたねえ。
昨日実家に帰ったら
シャープの液晶TVのでっかいのが届いたばかりだったようで…

あのハイビジョンの映像を見てしまったら、
このテレパソの画は…荒いよ…。

人間、イイものを経験してしまうと…
低いところには…行きたくなくなるもんですなあ。

我慢しないとお。

ん?
F1カナダGP…深夜1:50?
生中継ですな。
寝れないぞお(笑)。

明日は仕事やっちゅうてんねん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月18日 - 2006年6月24日 | トップページ | 2006年7月2日 - 2006年7月8日 »