« 2006年6月4日 - 2006年6月10日 | トップページ | 2006年6月18日 - 2006年6月24日 »

2006年6月11日 - 2006年6月17日

2006年6月17日 (土)

あばや?<W杯スポンサー

ずーっと気になってるんですわ。

W杯でピッチの広告…東芝の近所に看板出してる企業です。

AVAYA

企業向けのITシステムをやってるようです。
日本法人もあるんですね。

あ。読み方は「アヴァイア」ですか。

それにしてもW杯の広告って、全世界に流れる訳で、
相当な金額になるんでしょうが、それだけ効果あるんでしょうね。

ただ…アメリカの企業なんですか。
アメリカ国民は、あんまりW杯に興味無いそうで…
お気の毒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てけっぷり~<車内検札

JR西日本方式か?東海か?(朝日新聞)

そりゃまあ、技術革新で、実際できてるなら
廃止すべきでしょう。
逆にJR東海のほうが、検札を廃止したほうが
乗務員も喜ぶんじゃないですか?
世界中見ても、特急列車がこんな頻度で走る線も、
珍しいでしょう。ほとんど通勤電車状態。
車掌が手仕事でチェック入れるのは神業です。

JR東海が検札を廃止しない理由の一つが、一部乗客の乗り方だ。
1時間あたり平均8本と運転本数が多い東海道新幹線では、
指定席を買っていても、予定より早く駅に到着した場合、
出発時間が早い列車の自由席が空いていれば乗ってしまう乗客がいる。
逆に、乗車後に指定券を買うつもりで空いた指定席に座ってしまう乗客も多く、
検札をしなければ指定料金(東京―新大阪間で810~510円)を取りはぐれる
というわけだ。

 だが、指定料金の徴収をめぐる問題は山陽新幹線も事情は同じ。
JR西日本は「そういう人から徴収はできないが、指定料金はもともと
指定券を買った人にお支払いいただいている
ため、問題はないと
考えている」と話す。
(朝日記事より)

どっちかといえば、東海の言い分のほうが「大阪商人的」に思えますが…
乗客をとことん管理する意欲…って、やはり「お上」的に思えるのです。
西日本の論理は、極めて合理的で、「もらえるモンもらってたらOK」で、
指定料金を徴収されずに済んじゃう乗客は「ラッキー」でええやん…
まさに大阪的です(謎)。

さあ、あなたは、どっち?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

梅雨入りしたから模様替え(謎)

久々にデザインを変えてみました。

梅雨ですから、一歩先行く真夏バージョン。

ちょっと右上がうるさい気もしますが、

とりあえず、しばらくコレで行きますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子うさぎデビュー<関根麻里

今日のTBSの番組でお披露目だそうで。(報知新聞)

でも、何度か登場してるようですな。

それにしても、実の娘を
深夜のおっさんアホ話に参加させるって…。
すごい。

コサキンと言えば、
20年ほど前、学生時代には遠距離受信で
よく聞いてましたけど…まだアホやってたんですね。
恐れ入りますわ。

ちなみに…娘さんも、浅井企画ですって。

お笑いに進むのか…。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラジオ屋がテレビ屋に物申す!

今日の公式日記は、藤やんの
デジタルテレビ講座でございました


まあ、これが、わかりやすいんやら…
わかりにくいんやら…(笑)

画面サイズが四角いか?横長か?
んなこたぁ、どうでもええこってすわ。

デジタルで一番違うのは「情報量」。
情報量が多いから…
きめ細かい映像で立体的な音声で出せる。
映像以外の文字情報も送れる。
ってことでしょ。
すでに地デジ普及してる地区の方ならわかる通り、
電子番組表では、
1つのテレビ局の枠は、普通3つ使ってるはず。
つまり…ハイビジョン信号で番組を送る場合は、
枠3つ分の溝が必要って事ですわ。

じゃ、溝1個分ずつ分ける事があるのか?
実際、使う事は、ほとんど無いでしょうが、
たとえば…突発ニュース。
野球中継を切断せずに、そのまま放送しつつ、
1個分の溝にニュースの映像を流せばいい訳です。
デジタルの信号だからこそ、そんな離れ業が出来る。

あとは…信号の確実性でしょう。
010101010101…という2つの数字の組み合わせの
デジタルの場合、受信側は、「受信できる」か
「受信できない」か?…この2つしかない。

どういうことか?
映像が映る時は、ゴーストも無く、
しっかり「映る」んです。
逆に、受信できないなら…なーんにも映らない。

今までみたいに、前の道にトラック通過して
画面にノイズが走る…そんな事が無くなるってことでしょう。


ちゅーても、
今のテレビで何ら不自由感じませんもんね。
まあ、国策ですわ(ひとことかい笑)。


でもねえ…
電気屋で映像見ちゃうと、その美しさに
欲しくなっちゃいます。
人間の性ですよ。

貯金貯金(カニか!)


そういえば…デジタルラジオも、
しばらく、進展無いですなあ。
ラジオこそ、受信機買い替えなんて
見込めないですよねえ…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月16日 (金)

恐縮です。

トラバねたで皆さん、
ご丁寧なコメントを頂いてますが、
…誠に恐縮です。

TBについて理解してもらえれば、それでイイ訳ですから
特にTBを切ったりする気は御座いませんので…。

とりあえず、
ブログ仲間として、皆さん、楽しみましょうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックをバックさせる

バックシマス…バックシマス…ピピーピピー…
あの声が「ガッツ石松…」に聞こえる…
という、ネタ、昔ありましたな(笑)。

ちゃうがな。
トラックバックですがな。

下の記事で、書きましたが、本当のトラックバックとは、
こういう意味です。

え?どういう意味か、まだわからんかい?

自分の興味ある記事を元にTBを貼るんでしょ?

自分が執筆した記事→共通したテーマの別のブログの記事

こういう感覚で貼ってるでしょ?

でもね。
見に来る人のルートでは…

リンクを貼った先の記事→自分が執筆した記事

これでおしまい。

実は、本来のトラックバックの持つ意味合いは…

個人の情報発信で単一的になりがちな「意見」を
様々な多くの人の意見と「共有」する事で、
1つのメディアの輪として成立させよう…という事です。

つまり、
矢印(→)は、双方向(⇔)にならないとダメなんです。

ところが…ほとんどのブログを拝見していると、
矢印が一方通行。
これは、各ブログ管理人の認識が無いのと、
各ブログのシステム上、簡単にTBが貼れるので、
なんとなく、リンクさせてる…という部分があるわけです。

TB貼る場合、
自分の記事と「共通」認識やテーマを発見したり、
ブログ巡りしてて、興味ある記事を発見したら…

まず、記事の「固定リンク」から、コピーして
執筆した記事内に、参照記事への「リンク」を貼ります。
その後、自分の意見などを執筆し、
自分のブログのシステムに従い、
トラックバック処理(TBのURLを貼る)します。

これで、自分のブログと相手のブログが双方向で
繋がった訳です。

あなたは…貼った相手のブログに
自分のブログから「飛べる」ようにしてますか?
ブログ本来のマナーでございます。


参考記事…
女王の教室SP放送直後の感想記事
…TB大会と称して、同じようにドラマを見て感想書いてる人の
ブログと繋いでいます。

補筆
いい記事を発見しました。<きたへいさんの説明
大変わかりやすい。
おっちゃんのように荒っぽくないので理解しやすいと思います。

中間試験(?)終わったばかりの学生さんも悩んでおりますな。
平成女学生さん

はいはい。わからん人がココにも<nAzo屋さん

ライブドアブログの人、多いな(苦笑)<Fallin’Loveさんち

| | コメント (2) | トラックバック (1)

関学の応援いらんわい!

関学応援団が応援してくれるそうです(朝日新聞)

うっとーしいサービスですな。

うれしいんかな?

口先と格好ばっかりの応援なんか。

結局、人を励ます「自分」に快感を覚えるだけちゃうの?

本当に悩んでる人は…
「がんばれ」と言われる事が、うっとおしい…
と言いますわな。
「必死で頑張っても、できないから悩んどんねん!
これ以上頑張れって言うんか!」てな心情に陥ってる
場合もある…と。

応援にも色々手法がある訳です。

ラジオの生放送…
特に、深夜とか若年相手だと、大変です。
以前、やってた(今は別の制作会社が引き継いでる)
HOVID PARK」なんて、
女子高生相手ですから、余計大変。
森夏子共々、相当、四苦八苦しました。
わずか週1時間の生放送ながら、
使うエネルギーたるや、半端じゃなかったですわ。

ただリスナーの相手してるだけとちゃいまっせ。

今で言えば「ナイトアイ」なんかは、
結構、それに近い真剣さがあると思って
愛ちゃん、アキバ君…リスペクトしておりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっちゃん厳しいで。

また口うるさいと思われてもエエですわ。

いいまっせ。

トラックバックはちゃんと貼れ==!

よしなしごと氏の「トリック記事
きんぐ氏の「トリック記事」
カザフスタンからの「ダビンチコード&床屋ねた」
鈴木氏の「ナベプロねた」
スチャラカランナー氏の「グッドナイト&グッドラック記事」

近いところだけでも、これだけありますが
みーんな一方的な「リンク」であって「TB」では、ございません。
なんで、関係ない記事でTB貼られたのか?
理由は書かないので、
勉強してください。

ま、TBの意味わかってる人も、
ほとんど居ないようですけどね(苦笑)。

今後、気分を損ねたら、即切りますから。

って今気付きましたが、
TB拒否してるブログは、ブログの意味無いし。
自分で発信するだけならHP立ち上げて下さい。
機能をフルに活用する気が無くて、
スパム記事とかに、対応、処理する気合が無いなら
やめてほしい。
活用したい方が迷惑です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

長かったねえ…どぶろぐめんて

以前、ブログを書いてたDoblogさん…
また長いメンテ期間が終わったようです。

ビスコちゃんとこも
伊藤さんちも
うんざりの様子。

私も、コレが嫌で引っ越した理由の1つでもありました。

日々思い浮かぶ事って、全く出てこない事もあれば
泉湧くように、どんどん出てくる事もあって、
これまた、思い浮かんだ時に、したためないと
パッションが伝わらないんですよね。

ブログ業者さんも、数多ありますが、
その辺の心情を汲んでいただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

矢野沙織ライブ@ジョイアミーア

今日は、ジョイアミーアでライブの矢野沙織さん…
アフター5インフォメーションに乱入ゲストで登場しました。

ジャケット写真とは全くイメージが違う
お嬢様風のスカート姿で、びっくりでした。
もっと小柄かと思ってたら、結構身長高いし…。
キレイというかカワイイ感じ。

んで、夜は、ライブの立会い。
これまた、ビバップの渋いSAXを格好良く吹きまくってくれました。

今夜のセットリスト
1部
1.Groovin' high
2.Corcovado
3.Ba You
4.My Ideal
5.Lady Bird

2部
1.Speak Low
2.I'll Never Be Another You
3.Greenism(オリジナル新曲)
4.Over The Rainbow
5.Donna Lee
+アンコール

充実した2時間でした。
終了後は、打ち上げにも参加させて頂けたし。

今夜の模様は、収録していて
しばらく後、ライブ特番としてOAする予定です。
そう。
その担当でーす。
お楽しみに。
沙織ちゃんは…来週からNYでレコーディングだそうです。
秋にはオリジナルニューアルバムとしてリリースされるそうで、
今から楽しみですわ。
うひょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

4%ですか<日本代表の今後

スポーツナビのコラムです。

よく書かれてます。
納得です。

監督の難しさもよく解かります。

4%…大変厳しいですが、頑張って頂きましょう。

とりあえず、BS観れないので
ブラジル初戦…明日の朝、結果は確認します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

椿山課長の七日間映画化発表

椿山課長の七日間 Book 椿山課長の七日間

著者:浅田 次郎
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やっと明らかになりましたか。

研音の志田未来ちゃんの携帯サイトでも
発表がありましたが…
主演:伊東美咲と…生前の椿山役が…西田局長とは…。

ちょっと老けすぎな気がしなくも…ない。
同じなら…やくざの武田かな…っと。

まあ、生前の姿の出番が少なすぎますわね。

いや、西田局長なら、いい涙流すでしょうな。
最後の笑顔も楽しみです。

で、未来ちゃんが…蓮子…つまり根岸雄太の
よみがえり後の姿。

コレも、いい泣き笑いしてくれそう。
特にクライマックスのホテルのロビーは期待してます。
ただ、年齢設定が低いのを、どうするのか?
小説では小学2年生…んんん…。
中1には無理だわ。

何はともあれ、
情報では、既に撮影は行なわれてるようです。
あの小説そのままだと、
相当、ゴージャスなものになりそう。
監督は、フジのドラマでお馴染み河野圭太。
いい泣き笑い演出、見せてくれるはず。

11月が待ち遠しいです。

と…ちょっと気になるのは…
椿山のよみがえり初日の夜のシーンと
蓮子のキスシーンですな(笑)。
詳しくは小説読みなはれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

敗戦の朝

なんとも…

はてさて、どう組み立てようか。

思案中。

ところで民放ラジオW杯中継、聞きました?
ほとんどTVだろうし…
TVがNHKだから画面見ながら
ラジオ付けてた物好きも、いらっしゃるかも?

微妙に各局、ズレや音質に違いがあったのを
気づいたですかいな?

結局、幹事局1局から全国へ枝分かれさせてるので
どうしても、ルートによって違いが出るんですね。

ちなみに音声のタイムロスで行くと
BSN>PORT>FRNでした(ふぐのチェックでは)

もちろんBSNはTBSから1段階だから有利。
PORTは、TBS~FM某局~2段階。
FRNは、TBS~TFM~(JFN回線)の2段階。
恐らく、衛星ネット使ってるので
PORTより遅れるのかも?
勝手な推測ですが…。

こういう非日常な番組体制の時、
そばで見学してると面白かった。
ま、内部の事が出せませんが、
夜遅くまで、賑やかでした。
じっくり試合を見たかったので、
ハーフタイムでPORTを出たんですが…(笑)。

結局、タテもスタジオで最後まで見てたのかな?

次回は日曜の夜…。

あ。タテカルチョ…持ち越しでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

勢い一発?<藤やんYOSAKOIソーラン中継

どうでしょう公式の日記

YOSAKOIソーラン生中継、お疲れ様でした。

そうですか。
大泉さんに突っ込まれましたか。

さすがですな。

それを一蹴するとは、ヒゲ、すごい。

まあ、テーマがはっきりしてれば、
それに向かってスタッフ、キャストは向かっていくだけです。
それを的確に捉えて、実現させたということは
結果オーライってことですよ。

そこが揺らぐと、いくら用意周到でも、
見た感じ「?」って事になります。

結果オーライ!

それにしても、藤やんの
「生放送は嫌い」っていうのが…ちょっと複雑。
基本的にラジオは生放送主体ですしね。

ま。TVとラジオの違いって言えば、それまでですが。

TVは1対多数
ラジオは1対1ですからね。
わかるかなあ…。。。。

機会あれば、藤やんとサシでお話ししたいですなあ。
メディア論を…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あー疲れた<日本VS豪州後半

あーあ。

いける場面、何度かあったんだけどねえ。

残念。

とりあえず疲れた。

ちょっとした瞬間のプッツンで、
勝利の女神は、反対側を向くんですねえ…。

さあ、次つぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

サムライブルーには勝てない?

いよいよ今日ですよ。
日本VSオーストラリア…

どこで見れるやろ?
選曲しながらPORTで見るんかな?

TV番組表見たら…
TBS「あさま山荘(映画)」
日テレ「マジものギャルサー(ドキュメンタリー)」
CX「スマスマ特別編」
テレ朝「報ステ」
もお、ほとんど諦め状態ですな。
日本の初戦ですから…相当な数字には、なるでしょう。

NHK 40.8
TBS  4.5
CX  3.8
テレ朝 2.6
日テレ 2.1
こんな予想は、いかがでしょう?裏が低すぎかな?

あ。3時や。寝よっと…。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堤さん…よろしくねっ!<トリック劇場版2

今日は、午後出勤にも関わらず、ナイトアイ始まる前に
明日の仕込み、終わっちゃいました。

なので…T-JOYで「トリック劇場版2」見ました。

日曜だし、W杯あるし…で、キャパ130のスクリーン5…
小さい所だったのに、ガラガラ。
スクリーンも小さいし。配給会社の試写室みたい…。

はっきり言って、期待しすぎた。

前作の劇場版もそうでしたが、「トリック」は、やっぱり
TVが一番ですわ。

ファンには嬉しい「小ネタ」多くて楽しいんですが、
いかんせん、映画ならではの技が無い。
いわゆるB級にも届かない。

それが「トリックワールド」と言えば、それまでですけど。

「踊る」がそうであるように、
映画は映画である「理由」が欲しい。

こりゃテレビ朝日の限界かな?

堤さんの限界では無いでしょう。
「明日の記憶」でしっかり映画を作ってるし、
「できない」人では無いし…。

ま、なんやかんや言いつつ、
DVD出たら、たぶん買います(笑)。
小ネタは、1つ1つ、静止させつつ繰り返し見るのが
トリック流ですから。

特に、最後の「お決まり」…チェックしなければ…。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

え?身内潰し?<さんすぽ

アロンソ3連勝だってさ(サンスポ)

つーか、まだ残り40周くらいなんですけど<フジ中継

身内が先に結果出しちゃ
W杯中継にチャンネル換えられるでしょうが。

地上波なめんなよお。

まあ、安心してメキシコ-イラン戦に
チャンネル換えれるけどね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

巨大カツ

んはよーございまする。

今、野沢の番組では中途半端なレゲエの
キャロルキングカバーが流れてますな(笑)。

いやあ、昨日は参った。
イングランドの試合、吉四六…いや、
ベッカムさんが活躍するやろか?と
楽しみにしてたんですが、頭のオウンゴールのあとは、
派手な展開なく…
で、それ以上に満腹で眠気が勝ってしまいました。

で、タイトルですわ。
先週、火曜のTCのとき、タテに教えてもらった店ですが…
「とんかつのヒロ」。

新潟駅万代口を背にして右手…
すっぽんの粋広さんと同じ狭い路地にある店。
えべっさんのようなおっさん一人でやってて、
やたらと出てくるまで時間かかるんです。
ジュ====カラカラっていう油の音も静か…。

「はーい、おまちどおさまあ」大きな声とともに
出てきたカツ見て驚き。
厚さ2センチはある1枚肉のトンカツ!
唖然としました。
コレ1枚でも結構な量なのに、付いてくるごはんが
丼モノ用の丼に入ってくるんだもん。。。。
女性には無理です。

で、肉はジューシーで上質、やわらか。
コレ(上とんかつ定食)で1100円。安い。

KYKも和幸も、もお行けませんわ。奥様。
次回は、カツ丼かな。
うっしっし。

豚だけど…。

このHP、下のほうに写真載ってますわ。
このHPの下のほうにはカツ丼の写真…すげ(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月4日 - 2006年6月10日 | トップページ | 2006年6月18日 - 2006年6月24日 »