« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »

2006年4月16日 - 2006年4月22日

2006年4月22日 (土)

シューがセナ抜く<サンマリノGPでPP

66回目のPPだそうです

それも、セナが亡くなったイモラで。

ちょっと複雑。

さあ、偉業達成なれど…
決勝でTOPでチェッカー受けないと
意味無いF1です。
今シーズン、厳しいマイケル…どうなるか。

そうか、そうですか…もお12年ですか。
1994年5月1日…
忘れませんわ。
まず、F1中継前のニュースで第1報があって、
直後のF1中継での厳しい表情の三宅アナ。
とりあえず…という感じで、レースの模様が
OAされて…オンエア枠内で死亡が報じられました。

翌週のWOWOWオンエアの際には、
ノーカットでOAされましたが、
あの時のつらさは、今でも覚えてます。
ヘリからの空撮で、わずかに動いたセナのヘルメット。
あれは…なんだったのか?
最後のメッセージだったのか?

今でもわかりませんが…。

あのコーナーは、改良されてしまいましたね。
カメラ位置も変わって、
面影も少なくなりましたが…
やっぱりサンマリノGPだけは、
いつもと違う気持ちで見てしまいます。

セナに捧ぐ ~伝説になった音速の貴公子 DVD セナに捧ぐ ~伝説になった音速の貴公子

販売元:東芝EMI
発売日:2004/09/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そらタマには休日するわいな。

そうでっせ。
いっつもいっつもドラマ見て毒舌吐いてばっかりぢゃ
ないですよ。

朝(っていっても昼12時)起きたらエエ天気。
仮谷さんもウキウキした声出してるので…
久々に自転車出してサイクル散歩へ。

と思って外出したら、しばらく乗ってない間に、
タイヤの空気抜けてぺしゃんこ。
ゆっくり転がして、さいくるぴっとさんへ。
社長への挨拶も兼ねて(?)空気を入れてもらう。

いい感じにタイヤを弾ませながら、海を見たくて関屋浜へ。
Dscn0393 Dscn0394










いい感じに穏やかな海。
強めの風に向かってカモメが飛んでおりました。
護国神社の裏から下りていくと、日本海タワーの看板。
一度、見てみようと前まで行きますが…「低う~!」
新潟市水道局の施設で、貯水タンクの上に展望台を
乗っけただけみたい。やーめた。

で、いつもの道を行くと…ドッペリ坂。
Dscn0396
















おっちゃんが、一生懸命自転車押して上ってきます。
ふと…ここを自転車乗ってイッキに下りたら…
という誘惑にかられましたが…やめときました(笑)。
で、ぐるーっと回って下りました。
下りたところ…消防署の角を曲がったところにあるのが
新潟カトリック教会。
Dscn0398
















うーん、カトリック♪
繁華街を避けて…下のほうへ。
西大畑公園は、散り始めの桜がきれいでした。
Dscn0399 Dscn0400










おじいちゃんが、お孫さん2人に花びらシャワーの刑を受けてましたが
ひと盛り上がりしたら、ゆっくり3人でお散歩再開(笑)
Dscn0401
















美術館向かいでは、桜に囲まれて
子供達が野球して遊んでおりました。
Dscn0403









さらに自転車を走らせていくと…やっぱり下の魔力。
迷子になりました(笑)。何度走っても、ココの地理は
謎です。気づくと、みなとぴあ(歴史博物館)。
裏から信濃川越しに、朱鷺メッセが眺められます。
Dscn0404









時計を見ると、3時。ちょっと休憩♪
行き着けのドッグカフェ「フラネール」に入ると
ちょうと、1匹のフレンチブルを連れた母娘が。
TVでの紹介を見て、桜木から、わざわざ
いらっしゃったそうです。
白いオスのフレンチブルでまだ1歳半とか。
かわいくて、人懐っこいんですわ。
Dscn0406 それにひきかえ…(苦笑)
Dscn0405















ってことで、看板犬(のはず)のグリ君は、不貞寝。

まだランチのチキンカレーセットが残ってたので、
遅いランチ。デザートの豆乳プリンも追加オーダー。
抹茶ソースとつぶあんのトッピングが、春っぽくて美味でした。
Dscn0407
















ストロボ失敗しましたが…オーナーさんも
本当に犬好きです。
そうこうしてるうちに母娘ペアもお帰り。
人間には、すんごく懐いてた白ブルちゃんでしたが…
グリは苦手ですか?しり込みです。
Dscn0408 Dscn0409

















さてと。
帰るか。
ふたたび自転車に乗って、万代橋をくぐって振り返れば…やっぱり絵になります。
Dscn0410



飛行機雲も綺麗。





八千代橋あたりでは…チューリップが綺麗でした。
Dscn0412 Dscn0413















チューリップといえば…今、万代橋チューリップフェスティバルの最中。
ってことで、自転車の向きを反対に戻して、橋の上へ。
Dscn0415 Dscn0417
















橋を渡れば、万代の賑わい…
それを避けて、反対側にある朱鷺メッセへ。
ふと…上の展望台に上った事無かったので、
エレベータで地上120メートルの世界へ。
Dscn0421
見えますか?
ずっと向こうに、弥彦山が見えます。
いい天気で良かったです。

ずっと右手のほうの海の向こうには
うっすらと、佐渡も見えました。

皆さんは、今日は、おでかけしました?

さあ、下へ下りて、ラーメン食って…おさかな冷やかして…
そうこうしてると、夕暮れが迫ってまいりました。
万代で、ちょっとCD漁って、帰宅。
久々に、のんびりと心地よい半日のお散歩でした。

そうそう。
ドッグカフェの「フラネール」さん。
5月にイベントあります。
★わんこパーティ第3弾★
「わんこ全員集合!パーティ」
5月16日(火)午後6:30頃から約2時間
会費 3500円
(フード、ドリンク フリー)
+250円で…わんこは、ささみ食べ放題!

お問い合わせ…025-224-2521

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月21日 (金)

室井さん…と言えば

容疑者 室井慎次 プレミアム・エディション DVD 容疑者 室井慎次 プレミアム・エディション

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/04/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんかね、すっと手が出ないんです。

なんかね、本筋からのスピンオフなのに
別もののような気がするのです。

真下の時は、すぐに手が伸びたのに…。

ワクワクするような展開じゃないし…

いや。
映画作品としての質は、最高にいいとは思います。
でもね…君塚さん…
やっぱり世界観っていうのがあるでしょ。

踊るであって踊るで無い…
というのが、率直な感想。

餅は餅屋とは良く言ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

甘い!

読売新聞の「新ドラマ」覆面記者座談会

甘い!
覆面なら、もっと毒づけよ!

で、肝心の作品総合評価無しですか。

うにょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震?

おや。来ましたか…。(朝日新聞)

ここのところ、
各地で小さい地震が続いてます。

ちょっと警戒必要?

おや。地震オタクの方のブログでは警戒解除の様子。

うーん。
でもちょっと心配。

大地震の前に、
プレートがずれる奴が起きるって
以前、テレビの特番で言ってましたもんね…。
予知連しっかり仕事せえよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

新ドラマ峰打ち<プリマダム

日テレさんは、間違ってます。

どーしてこっちを軽視するんですか?

ギャルサーのほうがカスドラマでしょ。

2回続けてナイター中継の犠牲になってるとは。

もったいない。


ってことで、
先週の二の舞にならないように、
延長予約しておきました。
まあ、帰宅したら、ちょうど10時半だったので、
生で見れましたが。

それにしても、
宝塚出身の女優さんの活躍が目立ちます。
月9で天海さん、
火9で真矢さん
そして水10で黒木さん。
皆さん、素晴らしい。何よりも姿勢がいい(笑)。

さて…
第一印象、昨夏の「大人の夏休み」を思い出しました。
一人の主婦が、脱日常へと目を輝かせる…

家族をも巻き込むものの…次第に理解してもらえ…
そんな展開は予想できます。
まあ、等身大の主婦を主人公に置いて、
丁寧に描いているので、好感が持てます。

昨夜、「あたかもリアリティ」という言葉を出しましたが、
コレって結局、感情移入の為の大事な要素なんですね。

主人公でなくても、登場人物の誰かに感情移入できるか否かによって
物語に入り込めるかどうか…感動を呼ぶかが掛かっているんですね。

子どもの頃の夢を断念して、
ごく普通の人生を歩んできた主人公。
家族の為に頑張る母親を間近に見る娘2人。
一般の主婦と違う習い事をする妻に動揺する夫。
人生に成功しながらも…何か引っかかる物を持つ女性。

いずれかのキャラに引き込まれる…
という視聴者は、多いのでは無いでしょうか?

他の今季のドラマに比べて、
そういった「等身大」さが頭ひとつ抜けていて
評価に値する作品と言えます。

★★★★

際立って視聴率に繋がりそうな要素は無いものの、
丁寧な演出がいいと感じます。

さてと…
いちゃもん付けるなら…
神田うの&中森明菜の大根さが際立ってます。
他の役者が達者なだけに余計に…。
一方、
黒木さんの家事の手際の良さが、
見事で自然。
普段も、結構されてるんでしょうね。
女王の教室の羽田さんが下手だっただけに
特に、感じました。

で、ふと思いました。
もしかすると…
あなたが普段利用してるファーストフード店の
パートのお母さんも、もしかすると、
プライベートでは色んなドラマを持ってるのでは?

1クール見終わった後、
どんな世間の見方になるか?
自分への変化も期待できます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

やっと新作見れる!<水曜どうでしょう

久々ですな。どうでしょうのカテゴリーで執筆するのは。

やっとですわ。
NT21で、2005年新作がOAされます

5月25日(木)深夜から…ってことは、
ラストランのOA終わった翌週からですか。
で、その後、クラシックのOAへと続くそうです。

いやあ。ありがたいなあ。
半年待ったよ。

新潟の皆様、おめでとうございます。

おっと30分前!
番組の準備をしなければ(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

春風♪

ソッフェじゃないよ。

熱おますねん(苦笑)。

原因…
土曜日の大掃除で窓を全開したせい?
土曜日の大掃除で掃除機のホコリを片付けた際のダストのせい?
日曜日の夜、DVDを焼いてる時、うたた寝したから?
月曜日の朝、風呂上り、髪を自然乾燥させたから?

どれやろ?
とにかく…今日は、ずっと微熱で本番中3時間…ぼーっとしてました。
アフター5あたりからのラスト30分は…はっきり言って記憶無し(笑)。
もお、曲繋ぎとかって本能だけでやってる感じですか?

今夜は、PORTの現場スタッフは夜桜花見だそうですわ…。
タイミング悪いにょ。

昨日は、
本番中、やたらとクシャミ出た。
てっきり花粉症がひどくなった…と思ってたら、
夕方になって、鼻の奥がヒリヒリ。
夜、早めに床に就いたけど、
早朝4時、喉の痛みで目が覚めた。
厳しい。
代わりを頼める仕事じゃないし。

かろうじて日曜午前に、3日分の選曲を済ませてたので
なんとか、乗り切ってますが。

今夜も自制しますか。
おやすみれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち<アテンションプリーズ

JALは、ほんまにええんやろか?
こんなんで…。

不思議ちゃんばっかりが夢を求めて
応募殺到したりして…。



さてと…
これで一通り、新ドラマが出揃いましたが…
本当に、腰をすえて見るに値する作品が
少なすぎです。

君塚さんが言いましたっけ…
ドラマに必要なのは「あたかもリアリティ」。
あたかも、実際、そうであるかのような真実味、
でいて、演出上必要な嘘も大事である…
その嘘があるからこそ、ドラマとして成立するってこと。

で、今季の作品で顕著なのが、ちっともリアリティ。
どちらかというと、デフォルメした演出が多すぎ。

CA候補生で、あんな人間が採用される訳が無いし、
今の若者なら、少々詰問されれば、正すであろう。
今の若者を描いてるようでいて、
今の中年が理想する若者像を描いてるのでは?

大昔の青春ドラマを見てるかのような
こっちチームVSあっちチームの対立劇。
厳しい教官のささやかな「やさしさ」…
この手のネタなら、大映に任せたほうが面白くなるのに。


先が見通せますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

新ドラマ峰打ち<トップキャスター

あれ?保彦さん…都庁の宮内さんも…(笑)
って言っても、「女王の教室エピソード1,2」見て無いと
わからんがな(苦笑)。

それにしても、生瀬さん、あっちにこっちに出すぎです。

プロデューサーか、JAZZ喫茶のマスターか、
はっきりしてくれー。ははは。

あれ?児玉さん…どっかで見ましたよお~。
あ、矢田さんの主治医じゃなかったですか(笑)。
そういえば、松嶋さんと福山君の時は、
看板キャスターやってましたねー。

つまりね。
日本のドラマって、大杉。
漣…
1クールで切り替えるから、同じような配役とか
同じような役者がかぶるって事は、出ちゃうのです。

これね…
フジさん、一度、どうです?
ニュースJAPANくらいで、
児玉&天海コンビのキャスターでやってみるって。
活舌いいし、イイと思いますけど。

てな訳で、月9ですから、
クオリティとか主題とか…真剣に批評するのも
アホらしいんですが。
まあ、昔の月9との違いは、はっきり見えました。

つまり、
恋愛模様だけで、20代男女層を狙うというより、
ある程度ポップなファミリー層を狙う…という感じ。
西遊記の場合、ネタがネタだけに、
焦点がボケてましたが、今回は、
天海、矢田ラインのお陰で、よくわかります。

あとは…天海さんのコメディセンスは、絶妙。
何がイイって、テンポ。
寸分違わぬタイミングのボケ、突っ込みは
女王では見れなかった一面です。

ってことで、贔屓目で申し訳無いですが…
★★★
月9ボーナス1ポイント進呈。
え?贔屓目で3つって?

だって…今までのドライな斬り方で来たんですから、
これくらいでしょ。

とりあえず、例によって
ドラマの中のニュース現場の切り方がお粗末。
全国ネットのニュースが、
あんな少人数で、あんな小さい部屋で、
あんな小さいスタジオな訳無いって。
スタジオカメラ2台も、プロンプタ内臓のように見えて
箱かぶせただけでしょ?
大部屋円形デスク真ん中のカメラも台に置いてるだけでしょ。
リモートのポール付いてないもん。

海上からの中継で、あんなに捜索しながらうろついてたら…
ケーブルこんがらがるし。
披露宴会場のモニターがOAモニターじゃないって事は
中継システム大掛かりになって、
ニュース番組単体での仕切り出来っこ無いし。
オープニングのカメラワーク…
報道の大部屋にクレーン入れれる訳無いし。

夢無いね。

でも、細部に気になると…とことん気になるのよね。

そうそう。
天海さん、肘張りすぎ。
デスク上に肘は置かず、テーブルの縁、原稿の隅に
手を添える形で、肩の力を抜いて、背筋を伸ばす。
そのほうが、縦長の綺麗なスタイルに見えます。
ってことで…
ニュース番組小姑でした。。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

え==!?バナナホール閉めてたん?

リンク: asahi.com:「歌のバリケードだ」 バナナホール存続求め籠城ライブ?-?文化芸能.

いやあ。長いこと大阪を留守にしてる間に、
バナナホール閉めてたんですか。

もったいない…。

802時代は、よく行きましたっけ。
イベントとかも良くあったし…
某イベンター社長の結婚パーティもあったし…。

何故か、ジガースサンのライブ見た記憶が
鮮明に残ってたり…。

いつも定位置は、
PA卓の横あたりでした。
大きな樽をテーブル代わりに使ってたっけ。

あそこがクラブに…
うーん。
おかまさんの溜まり場になるんかな?

篭城ガンガレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

新ドラマ峰打ちシリーズ番外編<自分の批評について

いやあ。
今期のドラマのクオリティが、あまりにもお粗末なので
過去の「峰打ちシリーズ」を振り返ってたんですが…

昨年夏なんかは、ちゃんとしっかり評論してたんですね…自分(笑)

演出方法とか演技とか…

最近手抜き…?

いや。
まともに評価すべき作品が少なすぎるっちゅう事なのだ…たぶん(困)。

まだ4作品見て無い時点で申し訳無いですが、
傾向は見えてきました。

1、渋い演技派を必ず配置している

「弁護士のくず」…トヨエツ
「7人の女弁護士」…野際さん
「クロサギ」…山崎努さん
「医龍」…岸部さん
「ブス恋」…大森さん
主役や脚本がしょぼくても、芝居で増幅させてくれることで
「見れる」作品に押し上げてくれる事を期待してる訳です。

2.原作ありき

特に漫画原作が目立つのは…作品の世界観が一目で理解できて
監督が下手でもスタッフそれぞれが動きやすいのと、原作自体の
ファンや認知する人間によって、見てもらえるし、展開への安心感が
期待できる。

3.軽すぎず重すぎず

軽すぎても重すぎても無視されるから、軽い作品でも、どこか1ヶ所に
倫理的、道徳的に納得できる展開と名セリフを入れる。
重い作品でも、どこかにユーモア感を入れて、安心させる。

結局春~夏シーズンは、ナイター中継があって
数字的には厳しいクールです。
そこで、無難にまとめることが出来る戦略が
上の3点となるわけ。
特に、話のクライマックスである6月には、
時間帯こそ違えど、ワールドカップが開催される年。
なんとか話題性をUPさせて、視聴者を獲得しないといけない。
だから、クオリティの高さより、話題で引っ張れそうな題材が
集中するんでしょう。

残る4作品に、上に当てはまらない「見ごたえ」あるドラマが
あることを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち<ギャルサー

誰や=!
こんなクソドラマ作ったのはー?
こんなカスドラマ作らせたのはー!

脚本 藤本有紀?
振付 前田健!?
プロデューサー 戸田一也、千葉行利?
演出 岩本仁志!
制作協力 Kファクトリー?
岩本って…女王の…。。。。ふーん。

これって、
学生が学祭用に作った映研の8ミリ作品かい?


え?星あるのかって?
いちおう古田新太の渋い芝居が見れたから。
それだけ。

あ。そうそう。
コカコーラやら明治さん。
「女王の教室」で提クレ拒否してて
このカスドラマが大丈夫って、
どーゆーこと?




あーあ。
厳しい。
見る価値無い映像を見るのは、つらい。
業務…うん。仕事だと思って我慢しようっと。
あとは…トップキャスター、アテンションプリーズ、
そして おいしいプロポーズの3本か。
まともに★評価できてるのって
まだ「てるてるあした」くらいですか。
あ。野球のせいで失敗した「プリマダム」がまだか。



じゃ、最後に。
土曜ドラマスタッフ諸君!
「うざい!死ね」(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »