« ルーツを探る散歩 | トップページ | 石原真理子…やっぱりヘン。 »

2006年12月 7日 (木)

14歳の母:第9話

いやいやいや…

どーなんですかあ?

ラストの暗転は何の暗示?

予告のナレーションは、死を示すのか?

後世に命を残すという意味では、それもアリですか?

後味が心配ですけど…。



それより何より、今夜は9話ですよね?
1回増えて、11話が最終回で、ラストは拡大版ですよね?

どう話を持っていくのやら。


なんでしょう。
この気になりモードは(苦笑)。


再放送やら、
DVDボックス購入時は、
「いやあ、こんな展開、よく1週間も
待てたもんだわ」なんて思い出すんですが、
アメリカで「24」見てた人たちは、
ずっと、この「気になりモード」を
持続してたんでしょうね。

自分的には、
前も書いた通り、
このドラマのテーマは「始末」。
自分の行為に対しての責任と覚悟…
だと思ってますが、
この展開だと…ちょっと始末悪い(笑)。

|

« ルーツを探る散歩 | トップページ | 石原真理子…やっぱりヘン。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/4452730

この記事へのトラックバック一覧です: 14歳の母:第9話:

« ルーツを探る散歩 | トップページ | 石原真理子…やっぱりヘン。 »