« 新潟着 | トップページ | 14歳の母:第9話 »

2006年12月 4日 (月)

ルーツを探る散歩

えー、札幌から関西へ入り…
のべ3日。

何か…
過去の自分をなぞるように
過ごしました。

土曜は、そのままぐっすりでしたが、
誕生日の3日(日)は…
ゆっくり散歩しました。

あぜ道のようなところを歩いて…
「先祖代々の墓」で手を合わせ…
地車小屋の前から…
七山の村を抜けて…
中学校の前を通って…
橋本の駅前からジャスコへ…
帰りは、小学校の周りを1周して…
裏のため池をぐるっと回って帰宅。

実は…このルートは、
幼い頃の通学路や、
犬の散歩ルートです。

10年~20年ぶりに通る道がほとんどで、
なんとも複雑な気持ちでした。

ある場所は、見違えるように開発されてて、
ある場所は、ほとんど「歴史」に取り残されたように
そのまま。

懐かしさにため息が出たり、
様変わり具合に口あんぐりだったり…

10年一昔とはよく言ったものです。

浦島太郎の気持ちが良く解かる経験でした。

この散歩経験で、
何か、全く忘れてた事を、ポロポロっと、
耳の奥にある耳クソが出るように
思い出したり…。


すべてが自分の中の「歴史」…
そう思うと、
大げさですが、自分自身も
歴史の中の一部…というのが
認識できました。


今度、
年末年始に帰省された際は、是非、
浦島散歩をおすすめします。

そして…

今日は今日で、
年末調整の紙を持参して、
ついでで、神戸の事務所に寄ってきました。

新潟に移ってから、
丸々1年半ぶりくらいでしょうか?
Pちゃんやら、Mちゃんとも久々でした。

事務所のレイアウト自体は、全く変わらずで
苦笑しました。

それより…三宮。
新聞会館が再建されてて、
バス乗り場も一新されて驚きました。

三宮のダイエーが、完全に駅側から
見えなくなってたり…。

そういえば、
梅田の阪急も、先っちょの古い建物は
既に、取り壊されて、アクティ正面あたりから
ナビオの先端が見えてて、新鮮でした。


なんとなく…
取り残された1年半…そんな気分にも
なりそうで…。

いやはや…これまた歴史ですなああ。


そう言いつつ、
昔、KissFMやってた頃、よく行った喫茶店に
行ったんですが、ココだけは、時代に取り残されて
前のままでした。
マスターは、相変わらず、
Kissにゲスト出演したアーティストにもらったサインを
壁に飾って自慢してましたわ。

やれやれ。

帰る間際に「忘れんといてやー」って。

その前に、潰れるなよ(苦笑)。

|

« 新潟着 | トップページ | 14歳の母:第9話 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/4426344

この記事へのトラックバック一覧です: ルーツを探る散歩:

« 新潟着 | トップページ | 14歳の母:第9話 »