« 納まりません… | トップページ | 2007冬ドラマ期待度 »

2006年12月28日 (木)

2006秋ドラマ総括(全話終了)

「番組制作のわんこそばやァ~」状態につき、
執筆できませんでしたが、そんな中、
やっと全てのドラマが終了しました。

まずは…1話終了時点の評価

1位 「僕の歩く道」★★★★★
2位 「のだめカンタービレ」★★★★
3位 「家族」★★★★
4位 「14才の母」★★★
5位 「役者魂!」★★★
6位 「セーラー服と機関銃」★★★
7位 「嫌われ松子の一生」★★
8位 「たったひとつの恋」★★
9位 「鉄板少女アカネ」(★)なし
順位外「だめんずうぉ~か~」(★)なし
    「アンナさんのおまめ」(★)なし

そして…総合評価の前に…
最後まで見続けた作品。
これは…
評価が高くなくても、気になって
毎週見た…筆者の興味を引いた…
という意味。

月:のだめ
火:役者魂、僕の生きる道
水:14才の母
木:なし
金:家族
土:たったひとつの恋
日:なし

そうなんですわあ。
自分では一番に切り捨てると思ってた
「たったひとつの恋」を最後まで見てしまいました。

ということで、意外と、残った作品が多かった…
シーズンでした。
ただ…評価の点では別ですけどね(苦笑)。

では、最終評価。(下へ!!)

1位 「僕の歩く道」★★★★★
    作り手、役者ともに、最後まで緊張感を
    保ち続けてたのが良かったです。
    演出も、各監督、ぶれる事ありません
    でした。これはBOX出たら買いでしょ。

2位 「家族」★★★★
    テレ朝にしては、しっかり作れてました。
    まあ、ABCの息も掛かってますけど。
    何よりも、竹野内の演技が…好感。
    前回のTBSのヘンなサスペンスとは
    別物でした。「僕の~」同様、最後まで
    作品に、ブレが無かったのも良かった。
    ENDの主題歌は…いただけませんが。

3位 「役者魂!」★★★★
    自分でも予想外の評価です。
    これは、役者点と脚本点です。
    演出は…標準。
    松たか子の「母親役を担うマネージャー」
    という微妙な芝居は絶妙でした。
    君塚氏の脚本ですが…
    最初は、ナレ多いし、変なホンやな…
    と思ってましたが…最終回まで見て、
    納得させられました。
    やっぱり君塚さんは、すごい。

4位 「14才の母」★★★(★)
    これも、演出自体は標準。
    役者7割ホン3割。
    別記事で書いてますが…
    当初の柱が、最後、ちょっとブレたかな?
    という気がします。
    インパクトと効果という編成、営業的な
    見方からすれば成功なんでしょうが…。

5位 「のだめカンタービレ」★★★
    自分としても、もっと上に行きそう…
    だったんですが…それだけ楽しく
    見てたんですが…客観的に見ると、
    やっぱり細かい部分の荒さが
    気になりました。
    最終回のサントリーホールの部分は
    さすが!でしたが…。

6位 「たったひとつの恋」★★(★)
    ホンがベタな上に、ヘンな裏切りを
    見せられて、ラス2はため息出たです。
    やっぱり前時代のドラマ…。
    もしや、後半の展開、書き換えた?

とりあえず…評価はココまで。
後は、省略。

今回のポイントは…初志貫徹。
制作、編成、営業各セクションで、
「これはイイ作品だ!」という自信があるなら、
テコ入れとか打ち切りとか無く、当初の計画どおりに
作品を積み上げて頂きたい。
悪い場合だけでなく、良い場合も…。

身内がブレると、役者の顔に
はっきり出ますよ。

あとは…
企画立ち上げ段階で、
本当に良い!と思うものだけ
現場に回してください。
初回、5分で見れなくなる作品は
もう見たくないです。

|

« 納まりません… | トップページ | 2007冬ドラマ期待度 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/4713460

この記事へのトラックバック一覧です: 2006秋ドラマ総括(全話終了):

« 納まりません… | トップページ | 2007冬ドラマ期待度 »