« 新ドラマ峰打ち<テレ朝3本勝負!1勝2敗! | トップページ | 2006秋・新ドラマ総括(第1話段階) »

2006年10月22日 (日)

新ドラマ峰打ち<役者魂!

Dr.コトーを除けば、これが
峰打ちのラストですかね。

ちょうどココログのメンテ最中でUPできませんでしたが、
ちゃんとチェックしてましたよ。

さーて…
トレンド系初参戦の藤田まこと師匠です。

元々、関西芸人で「てなもんや」出身だし、
時代劇だけじゃなくミュージカルもやってる人だし、
劇中劇は、見てて安心できます。
素ボケもイイ。
締めるところも締まる存在感があります。

ま、一方の松さんも、舞台やってるし、
ドラマもベテランだし、不安感無い。

問題は、未来君でしょ。
実力あるし、舞台もこなす人なのに
人物設定がもったいない。
説得力無い。

ん?
雑誌の人物相関図見てても、
こりゃ、主要キャストは舞台経験者で固めましたか?

ま、エエわ。

さてさて…一番気にしてたのが
下の記事でも、取り上げてる脚本の君塚さん。
「踊る」の生みの親の一人ですな。

なんかね…
君塚さんって、冒険家ですわな。
毎回「何か」新しい事を取り入れようという
意欲に満ちてるんです。
実験的なホンを書くので、視聴者を
戸惑わせるのです。
今回も、基本的にストーリーテラーの
烏山マネージャーの独白がやたらと多い。
何かにつけて、心の中で「しゃべり」ます。
さらに「妄想劇中劇」まで出してきます。

あの脚本のテンポ感、
名匠=若松監督も、まだ掴みきれてないような
部分も、無きにしも非ず。

2話、3話と進むうちに、こなれてくるんでしょうか?

とりあえず、初回は自己紹介部分ばっかりだったので、
次回に期待します。

困惑気味に…★★★。

|

« 新ドラマ峰打ち<テレ朝3本勝負!1勝2敗! | トップページ | 2006秋・新ドラマ総括(第1話段階) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/3913475

この記事へのトラックバック一覧です: 新ドラマ峰打ち<役者魂!:

« 新ドラマ峰打ち<テレ朝3本勝負!1勝2敗! | トップページ | 2006秋・新ドラマ総括(第1話段階) »