« メンテの間に6万ヒット | トップページ | おとうさんおかあさん、にいがたのゆうひです »

2006年10月21日 (土)

踊らない「踊る」<容疑者室井慎次

なんやかんや言っても見てしまうのね…

「容疑者室井慎次」。

公開時から言ってましたが、
君塚さんには悪いけど、これは「踊る」じゃない。

たぶん、ご本人もそのつもりだったとは思いますが…。

脚本では、
共通性は、しっかり持たせていますが
画作り、演出は、全く別物。

それは、室井という
頑固一徹、真っ直ぐ…そして寡黙な
一人の男を中心に描いてるから。

結局、室井自身は、
この映画の中で、青島や真下のような
ヒーロー的な動きは一切していません。
動くのは、周囲の人間たちばかり。
そして、常に「思われる」人間だということ。

それは、ラストの雪空を見つめるカットの繋ぎで
一番現れてます。

そういう人物を描く事を中心に置けば、
本広作品のようなエンターテイメントとして
ホンを書く事は、生みの親=君塚さんには出来ない事だったのでは?

逆に、思い入れのある人物だけに、
他人には任せられない…という事で
自らメガホンを取ったという部分もあるように感じました。

…公開時には、気づかなかったけど…。

さらに、TVだからこそ気づいた部分としては、
この映画は、舞台劇だ…ということ。

寡黙な人間だからこそ、間を大切にしたかった。

それを映像化するに当たって
本広作品のように、カットの繋ぎで見せる
エンターテイメント性あふれるハリウッドスタイルよりも、
演劇風に撮る事で、役者への緊張感の持続と
見る者への緊張感の持続を狙ったのでは?

望遠を多用して、役者と距離を置く事で
感情移入というよりは、男=室井を静観してほしかった…

ちゃうかな?
深読みしすぎかな?

とりあえず、
来週が勝負。ついに
警察から離れてしまう「踊るレジェンド」。
それでも、踊るワールドは成立するのか?

腕組みして鑑賞しようじゃありませんか。

容疑者 室井慎次 プレミアム・エディション DVD 容疑者 室井慎次 プレミアム・エディション

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/04/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

容疑者 室井慎次 DVD 容疑者 室井慎次

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/04/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« メンテの間に6万ヒット | トップページ | おとうさんおかあさん、にいがたのゆうひです »

「踊る大捜査線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/3911934

この記事へのトラックバック一覧です: 踊らない「踊る」<容疑者室井慎次:

« メンテの間に6万ヒット | トップページ | おとうさんおかあさん、にいがたのゆうひです »