« 総一朗と違ったのね…(汗) | トップページ | 韓国版モー娘。? »

2006年10月11日 (水)

恒例!新ドラマ峰打ち<14歳の母

いやあ…どうですか。

また、女王の際のように、
PTA諸氏、日テレ総攻撃な予感…。

とりあえずは、ドラマ作品として評価したいと思います。

はっきり言って、脚本は、それほど優れてるって
感じは、しませんでしたね。
どちらかと言えば、常套手段の台詞回し。
ただ、
役者が良いので(脇役も含めて)好感触ではあります。

何よりも、未来ちゃんの独壇場。
喜怒哀楽だけじゃなく、
主人公の置かれるシチュエーションを
客観的に捉える能力に優れてるので、
冒頭と、ラストあたりでは
同じ人物と思えない芝居差を付けてて
見事でした。

泣き芝居には定評あるので、
おじさんの楽器店のシーンよりも、
薬局で探す「絶妙」の「揺れ動き」感が
今週のイチオシ芝居。

部屋での孤独芝居では、
微妙に、美佐子母さんに似てる気がしましたが、
どうです?

ということで、予想以上に
未来ちゃん、好スタートですが…
脚本と演出がベタなので…相殺して★★★。

|

« 総一朗と違ったのね…(汗) | トップページ | 韓国版モー娘。? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/3774183

この記事へのトラックバック一覧です: 恒例!新ドラマ峰打ち<14歳の母:

« 総一朗と違ったのね…(汗) | トップページ | 韓国版モー娘。? »