« ケータイ大喜利 | トップページ | 新ドラマ峰打ち<のだめカンタービレ »

2006年10月16日 (月)

新ドラマ峰打ち<鉄板少女アカネ

堀北さんって、もっと上手いと思ってたですけど…

たいした事無いね。

漫画のドラマ化の場合、
毎回思うのが、原作の色をどこまで出すか?

漫画を実写にする…というのは
ある意味、無理が出てくる事です。

非日常を日常に転化させるには、どこかで
妥協せざるを得ない訳で、それを無理に
進めると、あのような「歯の浮いたような」
作品になってしまうわけです。

基本的に、店を休めば利益が出ない訳で、
そのまま旅に出るとなれば、何で稼ぐのだ?と。

オーナーの女にしても、
アホでは会社は、成り立たない…と。

いろんな部分で、リアルな実写に向かない部分が
露呈してしまいます。
たとえば「美味しんぼう」のようにアニメ化の場合は、
原作漫画を動かすだけで世界観は変わらないから
そんな不必要な心配は有りません。

伝統ある日曜劇場枠を使ってやるほどのものなのか?

なんとも、もったいない気がした1時間でした。

恐らく、本職の鉄板屋の方々は、
もっとイライラした事でしょう。

あんな焼き方で、美味い豚玉になるとは
素人目に見ても、思えないのです。

コミカルな演出の中に涙シーンさえ入れれば、
ドラマとしてのクオリティが保てるのか?

役者の芝居を無駄にする演出が多すぎ。

どーも、最近、無いモノねだりというか、
各局、他局の色を取り込もうと意識しすぎです。

あのアホさ加減は、どう見てもTBSというより
テレ朝の金11です。

パイプオルガンのあるクラシックホールで
パンクバンドのライブをやってるような
違和感がずーっと漂ってます。

結局、ドラマとして見ては、いけない番組のようです。

(★)無し!

|

« ケータイ大喜利 | トップページ | 新ドラマ峰打ち<のだめカンタービレ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/3822286

この記事へのトラックバック一覧です: 新ドラマ峰打ち<鉄板少女アカネ:

« ケータイ大喜利 | トップページ | 新ドラマ峰打ち<のだめカンタービレ »