« 決戦は金曜日 | トップページ | 日ハム王手!テレ東のあほー! »

2006年10月26日 (木)

ドラマは3話から…

えー、松井さんちでも話題沸騰(笑)の
「14歳の母」。

今夜は第3話のOAでした。

いきなりパターン崩しで、ミスチルを
最後に流しましたな。
一般的に、パターン崩しは、
視聴者が退屈する9話10話あたりに
持って来るもんですが…。

また、よく泣かせました。

55分で、4,5回、目を潤ませて
3,4回は涙出してましたよね?未来ちゃん。

一方で、笑顔のシーンも久々に出てきたり。

とにかく、監督変われば、ドラマも変わります。

だいたい、1話、2話は、
チーフディレクターが担当して、
3話あたりから、ほかのディレクターが担当する…
というふうになっています。

踊るの場合も、
1話、2話を本広さんがやってて、
3話を謙作ちゃんが担当してました(1997年)。


つまり「料理の鉄人」方式ですわ。
1個目を鉄人が作ってみせて、
後の数個は、部下に任せて、自分は、
次の料理を手がける…。

ドラマでも、作品のテイストを最初の2話あたりまで
固めてから、ほかのディレクターに任せる…
そうやって、手分けして演出してゆくのが
一般的です。

てなわけで、
制作陣、出演陣のチームワークとか、
心意気の持続をチェックするには…
3話~5話あたりを見ると、判別できるものです。

ちなみに…
昨年の女王の場合、
監督それぞれが個性的だったので、
回ごとに、テイストが全く違う雰囲気に
なってましたが、気づきました?
阿久津先生が濃かったので、
解かりにくくは、なってましたけど。

で、「14歳の母」。

まだわかりません(爆)。

とりあえず、毎週チェックする作品には
確定しましたね。

雨のシーンで陽が差してたのには
醒めましたが…(苦笑)。

|

« 決戦は金曜日 | トップページ | 日ハム王手!テレ東のあほー! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>ノアさん
まいどどうもです。
業界人というよりは、
ドラマニアの研究結果ですわ。

それより、JRの新型車輌のほうが
気になります。。。。

投稿: ふぐ | 2006年10月27日 (金) 17時07分

ほほう‥
ドラマは3話あたりからディレクターが変わるのですか。知りませんでした。
業界人ならではの貴重な情報どうもです(^^)

投稿: ノア | 2006年10月26日 (木) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/3956189

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマは3話から…:

« 決戦は金曜日 | トップページ | 日ハム王手!テレ東のあほー! »