« 夢と現実 | トップページ | 大泉洋も泣くのだ…<東京タワー延期の件 »

2006年7月26日 (水)

タテオツカ…は、正しいか?!

文化庁の「国語に関する世論調査2005年度版」について
各メディアが記事をUPしております。

「お」の付けすぎ(朝日)
上下意識が希薄に?(読売)

ご苦労様がお疲れ様に負けてる?(ヤフー/時事)
怒り心頭に…?(MSN/毎日)

何かにつけて「正しい日本語」と言われますが…
言葉というのは、時代によって変化する宿命があります。
「お疲れ様」と「ご苦労様」の使い分けって言われても
どっちにしても、
相手の業務に対してリスペクトしてる意味では同じですし、
たいして問題無いんじゃないですか?

放送現場でも、正しい日本語っていうのは、
結構言われますが、実際、正しい言葉を使ってる
出演者が、どれくらい居るでしょう?

つまり制作者自身も、たいして教える度量も
知識も無いっていう事だと思います。

逆に時代に逆行する事で違和感を感じさせる場合もあります。

橋田先生は…
渡鬼の中でよく「こしらえる」を使います。
それが「正しい」言葉遣いだというのは理解できますが、
10代、20代の登場人物が遣う場合、
「?」と感じざるを得ません。

ま、アメリカのドラマを
日本の声優が吹きかえるように、
若者語を高齢者語に「吹き替えてる」と思えば
納得はいきますが…。

タテオツカ、ヨロシクドーゾ…という
島村仁フレーズも、それ自身1つの「言葉」として
一人歩きするようになれば、それも新しい言葉です。

リスナーには、意味が解かる訳です。
そう。
言葉とは、人と人が理解し合える為のアイテムですから、
言葉の意味が理解できてる時点で「正解」でしょう。

逆を言えば、
古くからの言葉を間違った使い方をする事は
正しく無い…ということです。

でも、使い方を難しく感じる言葉こそ、
国語の時間に教わった記憶が無い…というのも事実。

古典で文語体の文章や、漢文を教える前に、
そういった「正しい日本語」を教える事を
考えないといけないのでは?と…思うのですが
どーでしょう。

あ。
どうでしょう?…ですね。

ちなみに…
丁寧語、尊敬語、謙譲語…解かりますか~?

いのっちさんも「お疲れ様」

|

« 夢と現実 | トップページ | 大泉洋も泣くのだ…<東京タワー延期の件 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いのっち様のところから飛んできました。
「タテオツカ」とかはもはや普通に感じますね。あと、「BCアットマーク~。(少し間合いを取って)サテ、‥」のしゃべり方とかが印象的です。私もときどき聞いてるので。

投稿: ノア | 2006年8月17日 (木) 03時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タテオツカ…は、正しいか?!:

» 怒り心頭 [続・ささかま徒然ブログ]
本来は「怒り心頭に発する」を「怒り心頭に達する」と使われることが多いってことなんですが鐔ワ愁鐔 [続きを読む]

受信: 2006年7月27日 (木) 18時04分

« 夢と現実 | トップページ | 大泉洋も泣くのだ…<東京タワー延期の件 »