« 決勝、まだまだですな… | トップページ | サプリ評続き<紺野なつきを見る »

2006年7月11日 (火)

新ドラマ峰打ち<サプリ

まずは…★★★★

え?いつも辛いのに甘いって?

ノンノン。

客観的な評価ですよ。

別に未来ちゃんが出てるから
贔屓してる訳では無いです。

もちろん、研音の看板姉さん=伊東美咲の
大根ぶりを差っ引いても、この評価でございます。

いつも言うように、ほとんど本を読まないので
原作がどんなモノなのか?全くわかりませんから
ドラマの出来だけど判断しております。

いわゆる月9枠ですが、
久々に伝統の月9カラーが良く出た作品でもあり、
脚本の丁寧さと、演出の丁寧さが好感持てる
ドラマだと感じます。

月9らしさ…というと、
広告業界という舞台設定の華やかさ、
キャスティングの華やかさ、
そして、ありえないほどの
キラキラした人間関係。。。。
今や死語となった「トレンディドラマ」というに
ふさわしい造りです。

脚本は…難しいでしょう。
言葉巧みな「広告業界」が舞台ですから、
それなりに、そこに生きる人々の言葉遣いも、
センスあるものでなくてはならない…
その部分が、そこここに出ています。

説明過多にならない言葉の選び方は
最近、アホでもわかる系の脚本が多い中、
なかなかの出来です。

演出面も、
設定が浮いた業界だからこそ…
丁寧に画作りしてるように見受けられます。
ミナミの部屋の作りこみも、
今岡の席の窓際の小物も、
結構、しっかり設定されてました。

前半部分、ちょっと広告業界への説明が
うるさい部分もありましたが、これは初回故の
宿命でもあります。

フリーターと売れっ子広告ウーマンとの恋。
そんな単純な設定に終わらない深みも
見え隠れしていて、今後の展開も、
恋以外の部分に期待したいところです。

まあ、手放しでの評価になってますが…
1ヶ所だけ、突っ込みを。

りょう演じるミズホの伝言メモが落ちて
ミナミが尻拭いする羽目になる…という部分。

大事な伝言って…普通、社内でも
メールしません?今どき。

ちょっと無理がありました。

あ。
忘れるところでした。
道民の皆さん!
ナックスファンの皆さん、おめでとうございます。
シゲがおかまアートディレクター役で
全国区進出でございます。

見事に、キャラアピールできてましたな。

ミスターも、さぞかしお喜びでしょうぞ。

まあ、顔が顔だけに…
今後、にょういずみさんを抜く事も…。
ちょっとそのへんも楽しみですな。

|

« 決勝、まだまだですな… | トップページ | サプリ評続き<紺野なつきを見る »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/2603063

この記事へのトラックバック一覧です: 新ドラマ峰打ち<サプリ:

« 決勝、まだまだですな… | トップページ | サプリ評続き<紺野なつきを見る »