« 女王の教室:全話解析:第10話 | トップページ | アマゾンに来たねえ<ピュアピュア最新号 »

2006年2月19日 (日)

女王の教室:全話解析:最終回

伝説の最終回。
種明かしが終わって、後は、どう決着つけるか?

卒業式はどうなる?

ずんずん惹きつける展開で90分見せた。

裏って…ほとんど感想。

冒頭で家族和解の図。初回の夢が繋がる。
橋の上では第2ボタンの話。これもラストへの布石。
笑顔で真矢の登場を待つ生徒の前にちっちゃい教頭が現れる。
10月で14頁は無いでしょ。教頭!
病室の真矢が目を覚ます。並木先生。授業は?
さあ、校長室。
1話では、職員室の斜め向かいにあったんですけど…。ま、別にいいけど。
見舞いに行く4人組。ん?
半日で、どうやって退院して、引越ししたの?どこ行ったの?
大家さん、知らないの?掃除まで済んでるし…。
真矢釣り作戦…カラオケ店ですが…部屋の中見えないんですけど。
犯罪防止で、中見えるようになってるはずなんですけど。
後から入ってきた奴らと、先の兄ちゃん、連れには見えないんですけど。
つーか、カッコ付けてても、結局ロリコンでしょ(笑)。
…ということで、やっぱり突っ込みどころ、多いですね。

ま、ここから先、後半は、いい話なので…自粛。

最後の授業は、10話の授業と並んでの名演説。まさに遺言。
カット割りをチェックすると、真矢なめの生徒撮りは、ノーカット一発ですわ。
まじ泣きです。
同様に…卒業式。仰げば尊しも、真矢なめショットはノーカット一発。
横からの画では、映ってないと油断したのか、ちょっと泣いてます。
唄いだしてスグの真矢、完全にきてます。
ただ…やっぱり3番まではちょっと長かった。さすが天海さんも女優、
持ち直しちゃってますからね。
以前、本放送時にも書きましたが、仰げば尊しパワーって、
あります。天海さんも同世代、反応しちゃうんでしょうね。

「早く中学に行きなさい」=「よくがんばりました!おめでとう」ですよね。

由介との別れのシーン…「当たり前じゃん」は…
再会シーンの、真矢の「当たり前です」にリンクしてますね。
信頼してる者どおしの意思疎通ですか。

さあ、オーラスの再会シーンですが…
口の動きは…やっぱり「アイラブユー」ですね。と思う。

真矢の一貫した教育姿勢と、制作サイドの一貫した姿勢、
よくスポンサー問題があったのに、ここまで通してくれました。
もうじきスペシャルがオンエアになりますが、
シリーズ時代のスタイルを変えずに、いいもの見せて頂きたい。

演出:大塚D

|

« 女王の教室:全話解析:第10話 | トップページ | アマゾンに来たねえ<ピュアピュア最新号 »

女王の教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女王の教室:全話解析:最終回:

« 女王の教室:全話解析:第10話 | トップページ | アマゾンに来たねえ<ピュアピュア最新号 »