« ややこしいやんけ!<LIVEか中継か | トップページ | いよいよ楽しみ<女王の教室紹介(読売新聞) »

2006年2月21日 (火)

早く見たい!「good night,and good luck」

今日はTOWN CROSSINGの中、
Tゾーンでタテが、映画の話をしてました。
アカデミー賞の有力候補である作品…
ジョージ・クルーニー監督第二作の「good night,and good luck」。

昼顔さんのブログでも紹介されていました。
ポスター見てもカッコいいですな。
Gngl_wall1_800








1950年代、実在したニュースキャスター=エドマローの話です。
実際の当時の映像など使用する為、全編モノクロにした…
というだけあって、さっきオフィシャルサイトでトレーラー見ましたが
逆にリアルさが出てて、見たくなりました。
で、サイトでもBGMで流れてますが、50年代のJAZZがいい。
サントラも早く欲しい!輸入版で買うかな?

この時代の渋いおっさんって、どーしてこうも煙草が似合うんでしょう?
でまた、アメリカのジャーナリストのカッコよさ。
日本みたいに、お飾りのキャスターじゃなく、編集権を持ってるから、
言葉に重みと潔さがあるんですね。
ABC NEWSのテッド・コッペルさんってまだ「NIGHTLINE」やってるのかな?
普通にしゃべるだけで絵になるんですよね。
久米さんって日本では評価高いですが、あの人、活舌悪いし(苦笑)。
今、Gya-Oで「CAR TOUCH!!」って番組やってますが、あのナレーションも
怪しいし…。筑紫さんも、弱々しいし。木村太郎さんも、NC9の頃の
いきいきさが無いし…。

ちょっと脱線しましたが…
題名の「good night,and good luck」とは、エドマローの番組ラストの決め文句で
「おやすみなさい。そして幸あれ」という言葉。
たとえば…筑紫さんの伝記だと「今日はこんなところです」って事ですね(謎)。

5月の公開が待ち遠しいな。
本国でも、当初11館のみ公開のインディ作品だったそうで、
日本でも、今のところ、単館系公開のようです。
ぜひ、アカデミー賞を取って、大々的に公開してもらいたいな。
Gngl_wall2_800

|

« ややこしいやんけ!<LIVEか中継か | トップページ | いよいよ楽しみ<女王の教室紹介(読売新聞) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/780169

この記事へのトラックバック一覧です: 早く見たい!「good night,and good luck」:

» 『Good Night,and Good Luck.』 [моя комната (私の部屋)]
初めてメガホンを取った『コンフェッション』が高い評価を得たジョージ・クルー二ーの監督第二作で、アカデミー賞の有力候補に挙げられている話題作。ジャーナリストを父に持つクルー二ーのパーソナルな思いが込められていると同時に、今また繰り返されようとしている”歴...... [続きを読む]

受信: 2006年2月22日 (水) 03時06分

« ややこしいやんけ!<LIVEか中継か | トップページ | いよいよ楽しみ<女王の教室紹介(読売新聞) »