« 名前… | トップページ | 隊長!出番です!<水曜スペシャル復活ぢゃ(笑) »

2006年1月28日 (土)

オリジナルとリメイク

いやあ、昨日風邪っぽかったので
用心して今日は、1日まったり過ごしてます。

立石と、わかぶな公開をゆっくり聞いて
そのままお散歩。
ついでに、近所の小さい食品スーパーで
買い物して久々に自炊ですわ。
で、FMケータイ持参で「げんこつ」も
聞いてたんですが…新譜特集で
「中森明菜ベスト」!?
えらい番組ですなあ。S-ポップとのバーター?
でね。
ちょっと感じたんです。
オリジナルとリメイクについて。
今回のベストでは、初期ヒットの新録バージョンが
何曲も入ってるそうで、オンエアされてますが…
なんか「しっくり」来ないんです。
確かにボーカル力の完成度は当時よりUPしてますが…

なんだろう?この違和感。

恐らく、そこにはアーティストとリスナーとの
意識の格差があるんでしょう。

アーティストにとっては…
当時より確実に成長してる自分がある。
だから、リリース当時の作品には不満がある。
ベスト作品として出すのに、当時の未完成品を
「残す」には抵抗あるし、
旧譜の寄せ集めではファンに申し訳無い。
だから、よりクオリティの高いものを出したい。
その結果、新録という形を取る。これで満足。

リスナーはどうか?
「その」曲を久々に聴いた時、何を感じるか?
それは、自分の記憶ですわ。
その曲を聴いてた当時の「出来事」「経験」
「心の葛藤」…いわゆる走馬灯状態。

そのとき、当時と寸分違わぬ「音声」情報が大事になる。

今では死語ですが、人間はファジーな生き物で
バックのサウンド構成、
ボーカルのニュアンス…それらがミックスされた「状態」だけに
その「記憶」を引き出してもらえるのでしょう。

完成度は高くても、そこにはリアルな「懐かしさ」は無いのです。

クラプトンの「レイラ」も、あのギターのイントロがあり、
後半のピアノがあってこその「レイラ」で、
アンプラグドでバラードにされたところで、
心を撃ち抜く力は無い。
長渕の「乾杯」でも、ストレートなボーカルで訥々と唄うから
しみじみするのであって、喉を絞ったように唄われても
乾杯したくなくなる。
千春の「長い夜」も、楽譜通り延ばさず…
「なが==========い」とされても、
長すぎる(笑)。

オリジナルの持つパワーとは、
本人が思う以上に絶大だという事を
ご存知だろうか?明菜さん。

デビュー間もない頃、
不慣れなスタジオで、恐いおじさんたちに囲まれて
なんとか失敗せずレコーディングしようと頑張った
その「必死の」ボーカルテイクこそ、
唯一無二の「少女A」なんですよ。
明菜さん。

という訳で、
酸いも甘いも噛み分けた金八が受け持つ3Bよりも、
中途で受け持って、必死に生徒達に食らい付いた
ストレートロン毛の金八の3Bのほうが
インパクトがあるのです。

里見さんの黄門さんより東野さんのカッカッカ。

わさびドラより大山ドラ。(個人的にはその前のバージョン…)

どうです?皆さん。
オリジナルのパワー…。

ちなみに…選曲する際も、それってすごく意識しています。
特に、新しいステーションであるPORTの場合、
ライブラリーの音源にも限りがあって、アルバムバージョンは
あるけどシングルバージョン無し…とか、
ベストアルバム新録バージョンはあっても、
オリジナルアルバム無し…とか。
そんな時は、たいてい選曲から外れますね。

そこらへん、
アーティストと違って、客商売のラジオ屋です。
リスナーに違和感を感じさせない事が大事ですから。

そうそう。
今月のパワープレイナンバーの
ジェイミーカラム「マインドトリック」。
2バージョン、オンエアしてるって知ってました?
1つは3分45秒FOのアルバムバージョン。
もう1つは、3分15秒CFのリミックスバージョン。
よーく聞くと、微妙に違いますから。
頭からドラムのアタックで始まるのが、アルバムバージョン。
ボイス素材の「あー、あー」から始まるのがリミックス。
個人的には、楽器の生音の広がりがあるアルバムのほうが好きですけど…
番組の構成によっては、尺も短く繋ぎやすいリミックスも使ってますわ。

いっぺん、しっかりチェックしてみてみ。

|

« 名前… | トップページ | 隊長!出番です!<水曜スペシャル復活ぢゃ(笑) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリジナルとリメイク:

« 名前… | トップページ | 隊長!出番です!<水曜スペシャル復活ぢゃ(笑) »