« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月30日 (月)

ご愁傷様です。眞鍋はんに新恋人?爆

リンク: 眞鍋かをりのココだけの話 powered by ココログ: 恋.

はい。爆に( )はついてません。

理由は見れば解ります。

わしも、ドン引きでした。

理由は…誰でもわかります。

不思議です。

あんなべっぴんさんが…どーして??

南無~。

No.Mark—眞鍋かをり写真集 No.Mark—眞鍋かをり写真集

著者:西条 彰人,小塚 毅之,染瀬 直人
販売元:音楽専科社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

眞鍋かをりのココだけの話 Book 眞鍋かをりのココだけの話

著者:眞鍋 かをり
販売元:インフォバーン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

ポイントどれだけあったっけなあ?<ソフマップ撤退!?

ソフマップ新潟店撤退!?(Daa's Memoさんちより)

えらいこっちゃがな!

どうしよう。
CD-RもDVD-Rも、
もろもろ消耗品も、目の前で便利だったのになあ。

これでまた万代の東側がさびしくなりますな。

あとは…モスだけ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご趣味は?<うれしーの日記より

リンク: [水曜どうでしょう official website].

いやあ、うれしー、いい日記ですなあ。

マニアックな趣味と言って
あなどれない!他人が無視するような
事象、物に対する熱心さ…
それを「一人遊び」と称してリスペクトしています。

そう。趣味を持つ事は、
それに熱中する事であり、
熱中する事さえあれば、他人を傷つける事には
意識が行くこともない。

愛と平和の為のオタク。。。

まあ、実際、オタクどうしでのいざこざもあるでしょうが。


ご趣味は?

特に、コレといって…

そんな人も多いでしょうが、
他人の目を意識することなく
何か打ち込むことを捜してみませんか?

私の場合…
趣味が多すぎて…
サイトも膨らみすぎて、最近はご無沙汰。

ただ、そのお陰で
暇を持て余す事無いですが(汗)。


そうそう。
TOYOTA BIG AIR
うれしーは、29日(土)と書いてますが、
今夜です。日曜深夜です。ご注意を。
んで、会場の真駒内ですが、
会場レイアウトを見て「なるほど!」と気づきました。
昨秋の「どうでしょう祭り」と類似点が多い。

つまり、
大人数を収容できて、盛り上がるステージイベントを実施する
ノウハウは、HTBは元々持ってたんですね。
なんとも合理的な作戦。
PA配線も、モニター配置も、ブース、テント配置も
この冬のイベントを踏襲してるのがわかります。

さあ、毎年恒例のイベントになる日も近いぞ!10周年!

それにしても、新しいHTBのロゴはインパクトあるけど
味気ないねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

隊長!出番です!<水曜スペシャル復活ぢゃ(笑)

リンク: CNN.co.jp : 人間のような巨大なけむくじゃらの生物? マレー半島 ? - こぼれ話.

マレーシアっていうシチュエーションがいいじゃないですか!

ポスト川口浩隊長の藤岡弘に出動要請出ないかな~っとォ。

探検途中に隊員を襲ってくれる「大蛇」も居そうじゃない?
マレーシアって響きが。

ん?マレーシア?
ジャングル?

ブンブンだァ。
どうでしょう班も出動ですぞ!(笑)

水曜スペシャル「川口浩 探検シリーズ」 川口浩探検隊~野性の脅威・猛獣編~ 初回限定版DVD BOX DVD 水曜スペシャル「川口浩 探検シリーズ」 川口浩探検隊~野性の脅威・猛獣編~ 初回限定版DVD BOX

販売元:ユニバーサルミュージック
発売日:2006/03/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナルとリメイク

いやあ、昨日風邪っぽかったので
用心して今日は、1日まったり過ごしてます。

立石と、わかぶな公開をゆっくり聞いて
そのままお散歩。
ついでに、近所の小さい食品スーパーで
買い物して久々に自炊ですわ。
で、FMケータイ持参で「げんこつ」も
聞いてたんですが…新譜特集で
「中森明菜ベスト」!?
えらい番組ですなあ。S-ポップとのバーター?
でね。
ちょっと感じたんです。
オリジナルとリメイクについて。
今回のベストでは、初期ヒットの新録バージョンが
何曲も入ってるそうで、オンエアされてますが…
なんか「しっくり」来ないんです。
確かにボーカル力の完成度は当時よりUPしてますが…

なんだろう?この違和感。

恐らく、そこにはアーティストとリスナーとの
意識の格差があるんでしょう。

アーティストにとっては…
当時より確実に成長してる自分がある。
だから、リリース当時の作品には不満がある。
ベスト作品として出すのに、当時の未完成品を
「残す」には抵抗あるし、
旧譜の寄せ集めではファンに申し訳無い。
だから、よりクオリティの高いものを出したい。
その結果、新録という形を取る。これで満足。

リスナーはどうか?
「その」曲を久々に聴いた時、何を感じるか?
それは、自分の記憶ですわ。
その曲を聴いてた当時の「出来事」「経験」
「心の葛藤」…いわゆる走馬灯状態。

そのとき、当時と寸分違わぬ「音声」情報が大事になる。

今では死語ですが、人間はファジーな生き物で
バックのサウンド構成、
ボーカルのニュアンス…それらがミックスされた「状態」だけに
その「記憶」を引き出してもらえるのでしょう。

完成度は高くても、そこにはリアルな「懐かしさ」は無いのです。

クラプトンの「レイラ」も、あのギターのイントロがあり、
後半のピアノがあってこその「レイラ」で、
アンプラグドでバラードにされたところで、
心を撃ち抜く力は無い。
長渕の「乾杯」でも、ストレートなボーカルで訥々と唄うから
しみじみするのであって、喉を絞ったように唄われても
乾杯したくなくなる。
千春の「長い夜」も、楽譜通り延ばさず…
「なが==========い」とされても、
長すぎる(笑)。

オリジナルの持つパワーとは、
本人が思う以上に絶大だという事を
ご存知だろうか?明菜さん。

デビュー間もない頃、
不慣れなスタジオで、恐いおじさんたちに囲まれて
なんとか失敗せずレコーディングしようと頑張った
その「必死の」ボーカルテイクこそ、
唯一無二の「少女A」なんですよ。
明菜さん。

という訳で、
酸いも甘いも噛み分けた金八が受け持つ3Bよりも、
中途で受け持って、必死に生徒達に食らい付いた
ストレートロン毛の金八の3Bのほうが
インパクトがあるのです。

里見さんの黄門さんより東野さんのカッカッカ。

わさびドラより大山ドラ。(個人的にはその前のバージョン…)

どうです?皆さん。
オリジナルのパワー…。

ちなみに…選曲する際も、それってすごく意識しています。
特に、新しいステーションであるPORTの場合、
ライブラリーの音源にも限りがあって、アルバムバージョンは
あるけどシングルバージョン無し…とか、
ベストアルバム新録バージョンはあっても、
オリジナルアルバム無し…とか。
そんな時は、たいてい選曲から外れますね。

そこらへん、
アーティストと違って、客商売のラジオ屋です。
リスナーに違和感を感じさせない事が大事ですから。

そうそう。
今月のパワープレイナンバーの
ジェイミーカラム「マインドトリック」。
2バージョン、オンエアしてるって知ってました?
1つは3分45秒FOのアルバムバージョン。
もう1つは、3分15秒CFのリミックスバージョン。
よーく聞くと、微妙に違いますから。
頭からドラムのアタックで始まるのが、アルバムバージョン。
ボイス素材の「あー、あー」から始まるのがリミックス。
個人的には、楽器の生音の広がりがあるアルバムのほうが好きですけど…
番組の構成によっては、尺も短く繋ぎやすいリミックスも使ってますわ。

いっぺん、しっかりチェックしてみてみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

名前…

そうですわ。
今日の特集「名前」。
色々調べる内にネタが溢れるように出てきて、
一番最初に調べた
姓名判断ネタを出すまでも無かったのです。
っていうか…姓名判断は、流派が多くて、
それぞれに細かいルールとかあるんで、
数分の特集ネタにするには、難しすぎです。

それはそうと…あの「苗字検索サイト」。
すごいったら無いです。
自分の苗字があるとは!
全国で52世帯。21146位だそうです。へえ。
52?…実家とウチと父親側の親戚と…え?52?

ほんま?

ちょっとナイトスクープに頼んで
全員集合掛けてほしいなあ…。

ちなみに…母方は、1721位でした。



あ。
そういえば…裏局さんの長岡サテスタがオープンしたそうですな。
さっきロビンち見たら、写真がUPされてました。
結構な人が集まってたようですが…
ストレイテナーと光永君でお披露目ですからねえ。

でも、幾らか影響あるか?と思いましたが
メールの数は、いつも以上来ましたし…ま、大丈夫かな?
明日も、アルビの裏で、1時間、長岡からオンエアだそうで。

こっちは、夜7時台に、ポートクスエアに
Monky Majikです。公開です。ガラス無いです。
ツバかかります(謎)。

西遊記のエンディングテーマ(2月22日シングルリリース)、
持って来るかな?まだかな?

ん?裏はゴマキのコメントですか。


ま。いいけど(進藤ひかる風)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

酒乱トーク?<水野美紀ぴょん年越し映像

628DRIVE

はい、水野美紀ぴょんのオフィシャルサイトですわ。
さっき見たら、坂井真紀との年越しトーク映像がUPされてましたわ。

これから仕事なので、
頭の1分しか見てませんが…
これはこれは…はっきり言って「おもろい」!

後でゆっくり見ます。

TVでは流せないでしょうなあ。。。

見逃せないぞ!628DRIVE!

髑髏城の七人 Book 髑髏城の七人

著者:中島 かずき
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そういえば…二人は、この芝居で
競演したんでした。
アカドクロのほうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月23日 (月)

ホリえもん逮捕報道

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <ライブドア>堀江社長ら逮捕 証取法違反容疑で東京地検.

FM PORTだけじゃなく
全国の放送局には共同通信社の端末がある。

PC画面には次々と新たなニュースの見出しがUPされる。
速報ニュースの記事がUPされる直前には、音声ラインで
どんな速報がUPされるかの一斉放送が流れる。
そして…記事にされる前に、音声だけで連絡放送されるのが
ニュースフラッシュ。

今日の夕方、慌しくこのフラッシュ放送が流れた。
検察への任意同行。
そして、逮捕。

今日は、明日の番組の仕込みが無かったので
早々に帰宅した。
8時過ぎ、TVを点けると、まずNHKのニュース。
8時から45分間、続けられた。
チャンネルを換えるとテレ朝が「TVのチカラ」をカットして
小宮さんで報道特番。
どうなるのか?と思えば「TVタックル」もカット。
古館が出てきた。つまり「報ステ」1時間前倒し。
で、TBSは…「水戸黄門」が8:55になってもやってた。
結局、先陣切って速報を挿入して15分やったようだ。
黄門終了後、TBSも筑紫を投入。
なんと、「月曜ミステリー」をカットして3時間の長丁場!
もはや報道戦争。

しかし…NHKは、9時からのニュース9を通常通り終えて
「きよしとこの夜」へ。

さらに…検察庁から拘置所への輸送で勝敗がついた。

逮捕された4人は別々の車に乗せられたようで、
TBSとテレ朝、それぞれのヘリが映すのは別々の車。

先に、拘置所に着いたのはTBSが追う車。

同時刻、まだ高速を走る車を空撮していたテレ朝の報道フロアは
騒然としていた。
ところが…その直後、テレ朝の拘置所担当記者は、
「今の車には、堀江容疑者は乗っていないということです」

1台目をまだ追い続けるTBS。
延々実況を続けるヘリの記者にスタジオからそれが伝えられた。

テレ朝は、さぞかし万歳三唱だっただろう。

さて…裏は。
日テレ「キスイヤ」
フジ「西遊記」…どちらも、8:54からのフラッシュニュースで
伝えたのみ。どちらも、スポンサー調整するよりも
後で伝えたほうが、安定した視聴率を取れると踏んだのだろう。
一方…TBSは、とりあえず速報を出して、
大スポンサー松下には逆らえず…「まあ、速報でよし」と。。。。
ところがテレ朝!
後々影響の少ないバラエティ2本から報ステ…という流れ、
ココは、スポンサー調整付いた枠からカットして、
「報道のテレ朝」の面目躍如へと突進した。
正義のTBSは後手に回った。
「あの」NHKでさえ、「地球ふしぎ~」をカットしてる!
テレ朝もブチ抜いてる!
9時に控えるは…単発の2時間ドラマ!
「いけ=!」
あーあ。やっちゃった。
結局、筑紫さん引っ張り出して、3時間の長丁場が開始してしまう。
それでなくても15分、ずれてるし…
留守録してる「黄門」ファンからも、
2時間サスペンスファンからも、そして報道志向の人まで
残念がる結果だ。

とはいえ…
今日あった出来事は…ホリえもんの逮捕劇だけ。

冷静なNHK編成マンの行動が一番、正しかったのかも知れない。


今、テレ朝は、数日前のホリえもん取材のVが流れている。
この日の為の素材だろう。ぐっじょぶ。

いくら慌てても、TBSは1時間遅れですわ。


ちなみに…逮捕されたのは事実ですが、
容疑全てが「真実」かどうかは、わかりません。
数年後になれば、この事件も明らかになるのでしょうが。

報道をしっかりチェックはしても、
報道に「踊らされ」ては、いけませんぞ。冷静に。

特にTBSさん、冷静に。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

地球を守るぞ!?<五輪壮行会にスペトラ

今、ヤフーでトリノ五輪の日本選手団壮行会の様子を
ストリーミングで見てますが…

日本選手団の選手紹介で、
BGMに、「スペトラ」使われてまっせ。

ええんかいな?

これ聞くと、
あのオープニングのアニメを思い出してしまう。

でさ。
大人数でしょ。選手団。
あのマーチがループされて延々流れてるんですわ。

出席してる人、
見てる人で、どれだけの人が
元ネタを…知ってるんでしょうか?

松本晃彦さん、知ってるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月21日 (土)

みなさーん、雪ですよ~(馬鹿)

リンク: Yahoo!ニュース - 共同通信 - 21日は太平洋側積雪の恐れ 平地でも3-5センチに.

いつも思いますが…

首都圏や関西圏など普段雪が降らないエリアで
「雪が降る」という予報が出た時って…
例外無く、混乱しますなあ。

電車は遅れ、
不慣れな人たちが滑ってこけて怪我して
車はスリップして…それ以前に高速は閉鎖になって…

人間って学習能力おまへんのか?


ま、そーゆー訳ですから…
受験生諸君!
今夜は、一夜漬けせず、
潔く諦めて、すぐ寝なさい。

朝5時起床!
試験会場に7時半に着くつもりで
家を出るべし!
ん?
時間が無駄?
遅れるよりましやんけ!
駅前の喫茶店でモーニングでも
食いなさい!
今、やるより、直前やるほうが
記憶に残りまっせ。

ま。
あかん時はあかんし。
いける時はいける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

新ドラマ峰打ち<ガチバカ

「白夜行」のせいで、
スタートが1週遅くなってる
かわいそうなドラマ…

只野さん…いや、高橋さんも大変ですな。

まあ、どうです?
「落ちこぼれ」学級に中途で来た
「不良上がり」の「熱血」新任教師…

ある意味、TBSも度胸あります。

生徒役には
今後アイドルとして出せそうな
活きの良い奴らを劇団から出させて…
ほどよく軽めの演技が出来る
芸人、タレントを配置して…

とりあえずは主役が光るように演出する。

視聴率次第では映画化、シリーズ化を目論む。

アイドルも売り出せる。



んなところですか?



「いい加減目覚めなさい!」


視聴者は、今や
目が肥えてるんですよ。
ちょっと「定番」に毛が生えたくらいの「設定」では
満足しません!


イメージできる?

「あーあ。結局、最後はクラスが団結するのよね」
「他の先生たちも考えが変わるのよ」
「元理事長のあの人…湾岸署の署長が、理解者って役どころよね」
「じゃ、先見えてるし…唐沢さんと大泉さんのほうが展開気になるう~」
「でも、ダウンタウンも面白そうじゃん」
「…そういえば、ホリえもんも気になる。古館さんにしよ!」



こうよ。
結局、みんなチャンネルを換えるんです。
まあ、あなたたちのような凡人TVマンには…
本当に視聴者を感動させられる学園ドラマは…無理ね。

私のように、最終回まで根性据えて、放送できるかしら?

まあ、確実に…1話分カット…でしょうね。

(阿久津先生談)


残念ですなあ。★なし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

新ドラマ峰打ち<白夜行

えー。何度も言うように私は原作を読まない人です。
っていうか、本をほとんど読みません。
特にフィクション。

っていうことで、
このドラマの印象だけで書きますよ。


うーん。

興味津々。



先週は、
小早川初回チェックの為に
2時間拡大だったコッチは見れなかったので、
いきなり第2話からの視聴でした。

とりあえず、
なんで主人公2人とも
つらい日々を過ごしてるのかは
わかりました。

ただ、細かい人間関係が
わからん…。


この手のドラマは1話抜けると
本当に迷路に迷い込みがちです。

なので、
脚本的な部分は、また間を置いて
論じることにします。


では演出。
クレッシェンドらしいメリハリ効いたカット割りと
写しかたで、なかなか面白い。堤さんほどアクも強くないし…。
話の中に吸い込まれます。

芝居の付け方も
上手な役者さんを揃えてるので
イキイキしてます。
ただ…
武田鉄矢…なんで関西弁にしたん?
つらいよ。あれは。

演技はええのに…。もったいない。



って事で、
今回も注目は進藤ひかる…ぢゃなかった。
福田麻由子ちゃん

すでに2話で回想シーンのみの出演ですが
目が綺麗ですな。
「救命病棟24時」とも「女王の教室」とも違う
表情が見れて面白いです。
ただ、数年経って綾瀬はるかの顔になるとは思えませんが(笑)。
はるかちゃんってタレ目でしょ。
麻由子ちゃんって基本的にツリ目でしょ。
そのへん…無理あるのよね。
ま、男の子もブサイクすぎるけど(笑)。

ってことで、
7年後、麻由子ちゃんバージョンで
このドラマやってほしかったりして…。



あ、そうそう。
あと、あの電車(っていうかディーゼルカー)、
どこですか?
【淀橋行「急行」】って出ると
どうしても「京阪?」って思ってしまうのは
わしだけ…ですわな(汗)

ちゃんちゃん。



というわけで極めてTBS的で…
★★★★


今までのところ、
今季のドラマクオリティは…
日テレ>TBS>CX>テレ朝
って感じでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち<神はサイコロを振らない

あれ?10年前?…何してたっけ?


1996年1月…28歳か。

えーっと…802で「FUNKY EXPRESS」やってました。

週末は…ちわきさんの番組やってました。

ディレクターデビューから9ヶ月。
まだまだ、へなちょこでした。

最後のスーパーでちょっと考えさせられたねえ。

10年…短いようで長かったかも?
色々あったかも?



もし、その10年をわずか数時間で飛んだら?



いや。


筆が進まないですな。




ということで、
最初の予測どおり
このドラマが一番引き込まれました。

これといって特に目立ったスター俳優が出てる訳では無いですが
結構渋い配役で、ほどよいユーモア演出も冴えてて、
迫真の演技もそこはかとなく醸し出され…
次への展開も、想像し難い。

理想的な連続ドラマです。

ところでボンバルディアは、96年当時
使ってた機材なんでしょうか??

そのうち航空雑誌に載るかな?


ということで…
とりあえず初回は…

★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

万人のつぶやき<1.17に想ふ(TB集)

やはり検索かけてみると…
あの瞬間の事を想う人は多いようです。
それを共有することも追悼の1つと思い、
TBさせて頂きます。
あと2時間50分ほど…
そろそろ東遊園地の準備もされてる頃でしょうか?

スナフキンさん

しんやさん

ポメラニアンさん

ともんじょさん

30代バラ色人生さん

倉庫住居化計画さん

ZEROさん

まつがえさん

つれづれ日記さん

yasuさん

| | コメント (6) | トラックバック (1)

11年目の朝はもうすぐ…<阪神淡路大震災

神戸の…いや関西の放送局では
1月17日が終わらないと新年が来ない。



1年前は…KissFMのHOVID PARKを終えて、
そのままタワーサイドホテルで仮眠…
朝4時にKissに集合した後、アナウンサーさん、
編成Pとともに東遊園地へ向かった。

10周年となる慰霊の集い会場からの
レポート…。雨でした。

その前も…その前の年も…ここからの
中継担当をしていました。


未曾有の災害を経験した町。
受け手だけじゃなく送り手も
みんな被災者だった…

その「思い」が身に沁みてるのは
関西の人間と…
新潟の人間だけでは無いか?

もちろん地震は全国で起きてる。
しかし、あれほどの災害…



震災後、数年は
結構、全国ネットでも取り上げられたが
最近は、過去は過去…次に起こるであろう
東海、東南海、そして東京直下型に
シフトしている…
「大地震は本当に起こる」
この見出しをTV欄に見た時
正直、激しい嫌悪感を感じた。
「…とっくに起こったわい!」

そして、あの記憶は
絶対消えない。

恒例ではあるが…あの時の記憶を
残す為に、自らの手記を再録する。
2001年1月17日付で自分のHPに
書き残した物です。

「1・17に想ふ」

続きを読む "11年目の朝はもうすぐ…<阪神淡路大震災"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

おっさんテレビ

リンク: サンテレビ|おっ!サンテレビ.


いやあ、やりましたなあ…
知らん間に…

サンテレビジョンが変わって、
驚いたから「おっ!サンテレビ」…

キャラも、
おっさんの顔した太陽かあ。

ええ戦略やけど
放送コンテンツが付いてくるかなあ…。



サンテレビガールズも
おっサンテレビおっさんズに変わったりして?




にしても「カンテーレ」とかぶりすぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ossann

リンク: サンテレビ|おっ!サンテレビ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち<輪舞曲

長いねえ~!


劇映画一本分あるやんかいさ。


冒頭から説明も無しに
畳み掛けるように見せる。

約1時間掛けて
キャラクターの身辺をあぶり出す。

なかなか度胸あるやん。

ただ重い。
後ろに行くほどに
いつものTBS色が出てましたけど…
前半は、集中力を保つのに苦労しました。


それにしてもそれにしても…
杉浦さんやら橋爪さんを
悪役の親玉に置くとはビックリキャスティングです。

一つ間違えば…
町内会長と近所の床屋のおっさん(笑)。
見るほうにも新鮮です。

チェ・ジウ…
もうちょっと綺麗に撮ってほしかったねえ。
ちょっと陰影付けすぎて
老けて見えましたわ。


ってことで…竹野内さんよりも
今回の主役はフレンチブルのジャス君!

あいつ一匹のお陰で
このドラマが締まりますワン!

★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

手段を選ばないNHK<デーモン小暮が相撲中継にゲスト出演

リンク: Yahoo!ニュース - サンケイスポーツ - 大相撲に悪魔がやってくる!デーモン小暮閣下がゲスト解説.

「スキうた」に呆れてたら、
今度は相撲ですか。

でも、今更デーモンも無いやろに。

出すなら昨日出すべきでしょ?
13日の金曜だったし…。

で、本人はあのルックスで
桟敷席ですか?

放送席の後ろのお客さん、
髪の毛邪魔でっせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち<喰いタン

ヒガシ…確実に太るね。

機内食、肉まん、プリン、寿司、ピーナッツ、焼肉…
1時間10分でどれだけ食うシーンあるの?

OKテイクはもちろん、
もしNG食らったら…。




それにしても今季はコメディタッチのドラマの多いこと。

それも極端に、リアリティに欠ける笑い。

まあ、視聴者受けは良いんでしょうが…。

落ちがイイだけに、もったいないと思います。

着想は良いのにね…
演出もそうだけど、ホンが悪い。

最後の種明かし…
寿司屋を後にして海辺でのシーン。

「いい寿司屋は後始末をしっかりする」のセリフだけで
全てを語ってるはずなのに…

語りすぎて、下世話になってる。

語らずして語る…
隠すことで美しく描く…

それさえできれば良いラストなのにね。

芝居が良いだけにもったいなかったな。

今後良くなることを祈って…
★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログチェックシリーズ<眞鍋はん台湾珍道中

リンク: 眞鍋かをりのココだけの話 powered by ココログ.

紅白歌合戦の話を詳しく聞ける…と
待ってたら…台湾ロケ行ってたって!

暖かちゃんでしたとさー。

ドラえもん生首UFOキャッチャーに
こうしようツッカケ。

んー。
パラダイスですやん~(小枝風)。



で、紅白は?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新ドラマ峰打ち<時効警察

あーあ。やっちゃった。

いい役者揃えて、くだらんドラマ!
ある意味贅沢…とも言えますが。


ま、ここの枠は、
真剣なドラマを求めてはいけないのですが…。




で、笑えました?

全てのギャグがシュールすぎて
理解できない人も多かったかも知れません。


あの「トリック」は、間を詰めて、
どんどん攻めていく笑いでしたが…
こっちは、どちらかと言えば、
渋い江戸落語のような「間」の笑い…

あの「何も無い」間に耐える事が出来る人種だけが
1時間楽しめる…ある種「高度」な番組です。



はてさて…1クールもつかどうか???


★★


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち<夜王

いわゆる業界ものです。

はてさて…このところ原作ものが多いですな。

こっちは、小説も漫画も読まない派ですから
ドラマの出来でしか評価できないのですが…
原作を知ってる人には、それとの格差も
評価の対象になるんでしょうな。

ま、ホストの世界は、ドキュメンタリー番組でも
よく取り上げられてますから、それほど珍しい事も無いネタですね。


対立軸は、Nsあおい同様で、
その世界では異質な人間によって
周囲が変わってゆくパターン。

もおこれ以外に無いんでしょうか?

ただ、役者陣はなかなか。
ちょっと期待も込めて…

★★★

え?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

新ドラマ峰打ち<功名が辻

意外にも良かった(笑)。

期待値が低かった分、
良く感じたっていうのが正しいのでしょうな。

まだ仲間ちゃんがほとんど登場してないので
わかりませんが…幼少時代の馬場ちゃんが
良い芝居してるので、安心して見ました。

問題は大人組。
藤吉郎も信長も歳取りすぎ(笑)。

義経、新撰組で若い衆が活躍してたので
余計に目立ちます。


まあ、50回は長いですから…まだまだ。

★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち<小早川伸木の恋

天パじゃなかったのかい?にょういずみにょう!


そんなことはドラマ全体になんの影響も無い(笑)。



つーか、白い巨塔?救命病棟?ん?
医者ものが多いねえ。

ま、病院自体はメインのテーマにはなってないようですが
あのロケしてる病院も、前に何かで見たぞお。

で、配役ですが…
降谷君のおやじさんを見てると
2時間ドラマの露天風呂しか思い出さないんですけど…
悪徳医学部教授の存在感とかダークな威厳が
どうも、出てこないんです。

あのスターボウリングを見ちゃった今、
いくらシリアスな展開を見せられても…(苦笑)。


あんまり次の展開に引き込まれない1回目でした。



★★

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち<Nsあおい

石原さとみがいれば…オールOK!(苦笑)


しかし…
救命病棟のせいか、医療現場ものを見る目が
肥えてしまってますなあ。

脚本、演出、編集のバランスが良くて
安心して見れました。

ただ…
題材的には、新鮮さが無くて
先が見える展開が物足りない。

思えば…
ピュアな為に、一般的な人々から煙たがられる主人公…
しかし一本芯が通っている為に、様々な逆境を経験する。
そんな主人公の姿に、周囲の人々も影響され、
いきいきした環境へと展開してゆく。

「救命病棟24時」しかり、
「踊る大捜査線」しかり…
そして、このドラマも…。


まあ、その公式にはまってる分、
見ている安心感はありますけどね。

とりあえず、役者もいいのが揃ってるし、
何より、さとみちゃんがかわいいし(おいおい)。

★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち<アンフェア

中途半端~。

刑事ドラマは「踊る」以前と「踊る」以後で作り方が変わった…
と言われています。
つまり、それまで、いろんな事が万能だったTVドラマの中の
刑事たち…管轄もお構いなし、捜査方法もお構いなし、
銃も撃ちまくり…その世界観が全く崩壊して、
本庁と所轄、集団捜査といった「実際」の警察機構を
ある程度取り入れないと、逆に視聴者の不信感を買う…
ということです。

で。このアンフェア。
独自の世界観がありながら、
捜査会議や所轄、管理官など…リアルさも取り入れている。
このへんが、どーも、気持ち悪いです。

ということで、
話の内容に入りきれずに1回目が終わってしまいました。


★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち<西遊記

月9では異例の作品。恋愛からファミリーものへ。

果たしてどう出るでしょうね?え?29.2%?

ふーん。
まあ、1回目は期待値の高さが反映されますからね。


さて…率直な感想。
マチャアキは、なかなか越えられませんな。

世代的に、どうしても
かつての日テレの西遊記をイメージしてしまうのです。

そうなると…
澤田ちゃんには悪いけど、
全てのキャラを立てすぎて、作品としての
バランスが崩れるのですわ。

またこれは、好みの問題ですが…
ああいうスケールの大きい架空の話は
マチャアキバージョンのように
フィルム作品のほうが合っています。
なんか…
ハイビジョン制作のリアル感が
逆に、嘘くささを大きくさせていて、興ざめ。

さらに!
初回90分拡大でしたが
無理矢理引き伸ばしか感が否めませんでした。



期待値が高い分、落胆も大きかったですな。


★★


補足:きんと雲がスケボーって…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

吉本は21世紀のナベプロか?<フジ内田吉本入りか?

リンク: Yahoo!ニュース - 日刊スポーツ - フジ内田恭子アナ結婚、吉本興業入りも.


えらいこっちゃなあ。

ウッチーが結婚するんは解かるけど
吉本って…。

小室もチッチキチーを手がける時代ですしな。


いや。それにしても
ウッチーもよお決断した。

スポーツ系女子アナって言えば
アスリートと一緒になる…という定説を
一気に覆す結果。

いくら芸能関係とは言え
企業のサラリーマンですからな。



ま、技術無いから結婚して
良かったのかも?


全国の女子アナ諸氏は
これに焦らず業務に日々精進すべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

あ!ばばちゃん!<功名が辻

あー驚いた。

だって仲間ちゃんの幼少時代が…

女王の教室の
ばばちゃんではないですか。

まあ、最初の1,2週だけでしょうが…
それでも大河の主役の幼少時代ですよ。
すごいすごい!
やっぱり演技派なんですな。
幼さと、豊かな喜怒哀楽と…
確実なセリフ回し…オーディションもダントツだったんでしょうか。

和美ちゃんでは…あのドロだらけの顔の
わびしさは出ないですわな。

ただ…

大きくなっても仲間ちゃんには…
ならないと思ってしまう悪いおじさんでありました。

あの…1つ…


織田信長…老けすぎですけど。



NHK「功名が辻」公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

恐るべし…新潟の雪

関西人にとって雪は白い妖精のような存在です。

しかーし!

その中に入ってしまって2度目の冬。
んなこたあ、言ってられないようになっておりやす。

昨日は昨日で、
残ったままの雪が夜には凍り、
日が当たらない、南側(つまり建物で影になる方)の歩道が
ぜーんぶ凍ってました。

全く滑った事無い人がいきなりアイスリンクに出されたみたいに…。

あれほど足元に集中して歩いたのは生まれて初めてかも?


そして今朝。

昨夜も録画した番組を見てるうちに夜中3時…。
寝る前に窓の外を覗いた時は、何も気配が無かったんです。

ところが、起床してしばし…。

窓の外が静かなもんで、てっきり平和な朝かと思って
カーテンを開ければ…真っ白。
それもダークに降り続く雪。

新雪踏んで出勤すれば、まりちゃんズのスタッフが
番組始まってから降り始めたと…。

朝のわずか数時間で、真っ白にする…すげ。


関西人には驚きですわ。

まあ、上中越の皆さんは、もっと大変な状態でしょうから、
下越の雪なんて、幼稚園みたいなものでしょうね。

お見舞い申し上げます。



さあ、これからまだ雪本番…

いったい、どれだけ積もりますねん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月しまいぢゃ!

水曜は夕方は定例のミーティングがあります。



ちょうど先週の水曜は、
2005年最後ということで、
ドリンク&フードを会議室に持ち込んでの
ラストミーティングでした。

いやあ、1週間って早いもんですわ。

7日過ぎたら次の年。

一番嫌な1週間でもあります。


世間は正月休みを通過してる訳ですが、
こっちは「いつもどおり」の1週間。

で、あらたまったように
「あけましておめでとうございます」と
声を掛けられる…。


明けましても何も
数日ぶりなだけ(苦笑)。

うーん…てな訳ですな。


制作現場にとっては迷惑な1週間ですわ。

ダイエーも無くなって
飯にも困るし、
正面入り口使えないし、
TVは特番ばっかりで見る物少ない…
あっても、録画しても、長尺で
見終わると朝方だし(苦笑)。


いつものリスナーさんからの
メールも少ないし…。


年賀状書かないといけないし、
ゴミ収集は止まるし…。




あ。思い出した。

まだ初詣行ってなかった。

ってことで、
ある種今日は、
普通に戻ってほっとしてるのでした。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

数時間の正月休み

もお、皆さんUターン中でしょうか?

12月30日(金)
普通にTOWN CROSSINGやってBEAT COASTER FRI.の受けやって、帰宅。

12月31日(土)
翌日、DASH!06立会いの為、2日(月)のTOWN CROSSINGの仕込み。
結局、前夜、掃除道具をローソン(だってダイエー無くなったもん)で購入したけど
大掃除できず。上司も来たので夜は、奇跡的に開いてたインカウンターで
PRIDE見ながら、沖縄飯。

1月1日(日)
朝6時起床。7時から21時までDASH!06立会い。
駅前の松屋で晩飯。
帰宅後、録画してた紅白を早送りで30分(爆)で見る。いちおうネタとして…。

1月2日(月)
初売りの万代大渋滞を横目に出勤。
TOWN CROSSINGの2006年初放送を担当。
普段なら夜まで居残って水曜の仕込みに入るところ…
午後6時帰宅。
結局、録画してた番組を見ておしまい(謎)。

明日も出勤です。
んあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ええ!視聴率UP?<紅白歌合戦

リンク:  Video Research Ltd.  視聴率> 音楽 > NHK総合「紅白歌合戦」.

え?おかしいって。
裏のほうが面白ろかったって。

コレを武器にNHKは大きく出るのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月 1日 (日)

あらためまして…謹賀新年

えー。ちゃんとご挨拶。

皆様、明けましておめでとうございます。



ココログでは若輩者ですが…

本年は、365日更新目指して
頑張りますので宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブログチェックシリーズ<眞鍋はんの正月はいずこへ?

リンク: 眞鍋かをりのココだけの話 powered by ココログ: AKEOME.

結構、結構。
タレントたるもの、年末年始、
ワイハーでのんびりしてては駄目ですぞ。

仕事で飛び回るということは
人気のヘルスメー…バロメーターでございます。

本年もよろしゅうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »